ビットコイン取引所!こんな取引所もあるのか!!

今回はビットコイン取引所で個人的に「ここの取引所面白いなー!」と思いましたので配信していきます!

ご参考になったら幸いです!

目次で概要を確認

CoinPark(コインパーク)

ここでは仮想通貨取引所CoinPark(コインパーク)の登録・口座開設方法について紹介します。

CoinPark(コインパーク)では取引所収益の100%を還元する独自トークンCP(コインパークトークン)を発行しており、Fcoinの独自トークンFTと同じく価格が高騰することが予想され、注目を集めています。

現在は取引が開始されてませんので、今のうちに登録だけでも済ませておくのがいいと思います!!

 

独自トークンCPが6月30日深夜1時(日本時間)から独自トークンCPが取引開始されることが発表されました。

  • CP価格:0.0296USDT≒0.2CNY
  • CP取引ペア:CP / BTC、CP / ETH、CP / USDT

取引開始までにビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)、USDTを入金しておきましょう!!

 

仮想通貨取引所 Coinparkの特徴
  • 独自トークン「CP」がある
  • CP保有者に取引所利益の100%を配当
  • 1日に1回配当支払い
  • 取引手数料の100%還元
  • Fcoinと同じく強力なVCが出資。取引所のBiboxが設立
  • Biboxアカウントでログイン可能

 

・CP保有者に取引所利益の100%を配当というのが重要です!

最近はこういった配当系の仮想通貨取引所が人気が出てきております!!

仮想通貨取引所を作ってCoinParkのトークンを持っているだけで配当がもらえます!よかったら登録してみてください!!

 

Coin Park 公式サイト

CoinPark(コインパーク)とは

2018年6月19日にローンチした中国の新規仮想通貨取引所です。

現在はβ版かつ取引もできない状況ですが、CoinPark(コインパーク)は初期価格から60倍以上、値上がりしたFcoinと同じ配当の仕組みを持つ独自トークンCPがあることから新規登録者が殺到しております!!

仮想通貨取引所CoinParkToken(CP:コインパークトークン)の概要

CoinParkToken(CP:コインパークトークン)は、仮想通貨取引所のCoinParkが発行する仮想通貨取引所の独自通貨で、

CoinParkToken保有者に取引所利益の配当を行う通貨です。

CPの基本情報はこちらになります!

総発行枚数100億枚の内訳
コミュニティ(手数料還元):60%
CP Fund:22%
CPチーム:12%
VC:6%

 

コミュニティインセンティブ:CPの60%は、「経費管理」または「マイニング(手数料還元のこと)」によって徐々に取引ユーザーに割り当てられます。

CoinParkToken(CP:コインパークトークン)の特徴・使い道!!

配当のルール・計算方法
配当ルール
1.配当はCP保有者に限られる
2.1日1回配当
3.1日で毎時(24回)スナップショットを行う。支払いは翌日
配当金が発行された通貨は、プラットフォームの実際の処理手数料に従います。
市場に流通しているCPが配当の計算対象です。
ロックされているCP(まだマイニングされていない)は総計算の対象外です。
計算式:CP配当率=(取引所総収入* 100%/ CP流通量)* 1,000,000CP保有者の配当収入= CP保有数/ CP流通量 *当日のプラットフォームの総収益* 100%

日本時間 6月30日深夜1時から取引所でCP取引が開始され、7月1日 16:00に配当金の初回支払いが行われます!!

6月30日取引開始されてからCPを買うことで初日から配当を受取ることが出来ます!

CP取引ペアはCP / BTC、CP / ETH、CP / USDTです。

仮想通貨CPと類似通貨FTの比較

CoinParkTokenとよく比較される取引所独自通貨、FcoinTokenとの比較です!

仮想通貨取引所の発行枚数は両通貨とも同じですが、ロックアップの有無が異なるため、市場に流通する通貨量は異なります。

Fcoinが運営が保有する35億枚ものFTを3年間ロックアップ(取引できないこと)するため、実質市場に流通する量は最大65億枚ですが、CPに関してはロックアップの予定がないため、100億枚もの通貨が流通することになります。

市場流通量が多いほうが価格が下がる傾向であるため、中期以上で見たときはFcoinのFTのほうが価格が高い可能性があります!

また、FT保有者には取引所利益の配当だけでなく運営への意思決定権や選挙/監督権なども与えられ株主に近い待遇がありますが、

一方でCPは取引所利益の配当しか権利がないため、両通貨への評価は大きく差がつくと考えられます!

CoinParkToken(CP:コインパークトークン)の将来性

 

CoinParkTokenは取引所利益の100%を配当するFcoinより優れた配当の仕組みを用意してます。話題性も高くなり、コインパークトークンの価格は上る可能性が高いと思います!

ただ、懸念点もありまして、総発行枚数100億の内40億はチームやベンチャーキャピタルが保有してます。この40億枚は当初トークンロックされてますが、1日にマイニング(取引手数料還元のこと)されたCPと同数のCPが随時ロック解除されていき市場に流通します。(企業としての策略ですね!)

CPが市場流通量が増えることでCP価格の低下、配当金額の減少などにつながります。長期的に価格を維持することが難しいとの判断もできるのではないでしょうか。このことも念頭に置きCPの取引されることをおすすめします!

仮想通貨取引所 CoinPark(コインパーク)の評判

FcoinのFTが初値から60倍以上高騰したこともあり、Coinpark(コインパーク)は取引開始前から注目を集めています。

マイニングの上限が少ないこともあり、取引開始直後に価格が上がるとの予想がありました。

また中国のSNSでも大物インフルエンサーが紹介しているなど注目度が高いようです!

仮想通貨取引所 CoinParkToken(CP:コインパークトークン)のまとめ

Fcoinと仕組みがとても似てますが、配当率が100%なのは非常に魅力的です。話題性も高いため通貨価格にどのように影響するのか今後ワクワクしますが、まだ取引所が稼働していないため、CoinParkTokenは不明点が多いのは確かです。詳細が発表され次第記事追記していきます!

BigONE(ビッグワン) ここにしかない隠れた銘柄が10個も!?

 

こちらも配当系の取引所としてご紹介いたします!

この取引所でしか取引されてない10この銘柄も合わせて配信していきます!!

仮想通貨取引所 BigONE(ビッグワン)の特徴!

中華系取引所の一つになります!

  • 日本語対応
  • ここにしかない隠れた中国銘柄が10個
  • 単純で見やすいインターフェース

仮想通貨取引所のBigONE 隠れた中国銘柄10個!!

この取引所にしか存在していない10個の銘柄が存在しています。これらの銘柄は本当は時価総額60~250位の銘柄なのですが、

全てCoinMarketCapでは1000位台で表示されています。

これらの銘柄はBigONE以外に上場しておらず、しかもCMCでは圧倒的ランク外という不利な条件を背負っているので、

現在過小評価されていると考えています。

※一部BigONE以外に上場している銘柄もありますが、出来高がほぼありません!

仮想通貨取引所 BigONE(ビッグワン)まとめ

中国系の独自銘柄を多く扱っている仮想通貨取引所「BigONE」について解説させて頂きました。

ここでしか扱っていない10銘柄の半分くらいは既にプロダクトが稼働しており

取引所的がマイナーであるが故に過小評価されていると考えています!

よかったらご参考までにお考えください!

レバレッジ200倍!?追証なしのCrypto CM(クリプトシーエム)!

今までレバレッジ取引では、BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ100倍が最高でしたが、Crypto CM(クリプトシーエム)はなんとレバレッジ200倍!!笑

一発屋を狙うにはここのサイトしかないですね!!

追証(おいしょう)もないので預けた金額よりもマイナスになる事はありませんので安心してトレードができます!

でも資金管理には気をつけましょう!!!

さらにデモ口座を使ってできるので、トレードがまだ慣れてない方や自信のない方はデモトレードをすることが可能ですよ!

そして、このCrypto CM(クリプトシーエム)のトップページではCryptocurrency Price Predictions(仮想通貨予想)というものがあり、2018年度末までの仮想通貨の価格予測が表示されています。

ちなみに、様々な分析サイトから予測されている価格を元に計算されている数字になりますので、参考になると思います!

仮想通貨取引所 Crypto CM(クリプトシーエム)の概要

概要を簡単に下記のようにまとめてみました!!

仮想通貨取引所 Crypto CM(クリプトシーエム)の特徴

BTC/JPYの取引が可能

海外取引所は、基本USDか仮想通貨のみのトレードでしたが、Crypto CM(クリプトシーエム)では日本円でのトレードができます。

ドル表記だとよく分からない、日本円のトレードの方がやりやすいという方にとってはとても使いやすくなっております。

・2wayプライスの日本人に馴染みがあるUIを実装

Crypto CM(クリプトシーエム)では2wayUIとなっており、英語が苦手な方でも日本語に変換でき、日本の仮想通貨取引所のように使えます。

画面もシンプルで見やすいので、初心者の方でも簡単にトレードができます。

最大200倍のハイレバレッジで仮想通貨の取引が可能

Crypto CM(クリプトシーエム)では取引所最大レバレッジ200倍となっております。

ギャンブル性は高くなりますがレバレッジ200倍は、たった10万円で2,000万円の取引ができるという事です。

最大レバレッジ200倍で1BTC=100万円の時にロング(買い)を入れて1BTC=110万円まで上がれば、なんと200万円の利益を得る事ができます。

逆に最大レバレッジ200倍で1BTC=100万円の時にショート(売り)を入れて1BTC=90万円に下がっても200万円の利益になります。

もしロング(買い)を入れて大きく下がってしまった場合でも、手持ち資産以上の損失(追証)はありません。大きなトレンドになってうまく乗れれば、一攫千金も夢じゃありません。

 

コイン種類8種類通過ペア12種類

通貨ペア一覧

BCH/BTC ビットコインキャッシュ/ビットコイン

BTC/JPY ビットコイン/日本円

BTC/USD ビットコイン/ドル

DASH/BTC ダッシュ/ビットコイン

DASH/USD ダッシュ/ドル

ETH/BTC イーサリアム/ビットコイン

ETH/USD イーサリアム/ドル

LTC/BTC ライトコイン/ビットコイン

LTC/USD ライトコイン/ドル

XMR/BTC モネロ/ビットコイン

XRP/BTC リップル/ビットコイン

XRP/USD リップル/ドル

 

コインチェック銘柄(BTC/ETH/BCH/LTC/XMR/XRP)でトレードできるのは嬉しいですよね!!

 

・日本語サポートデスクが充実(日本人が対応)。

サポートデスクで日本人が対応してくれるのはとてもありがたいです。

海外取引所のサポートは基本英語で行われるのでニュアンスがうまく伝わらなかったりしますが、Crypto CM(クリプトシーエム)では日本語で問い合わせも可能ですし、対応もとても早いです!

仮想通貨取引所 CryptoCM(クリプトシーエム)のメリット

  • 最高200倍のハイレバレッジ
  • 追証なしだから借金を抱える心配なし
  • 12種類の通貨ペア!人気のアルトコインもトレード可能

 

最高200倍のハイレバレッジ!!!

CryptoCM(クリプトシーエム)では最高で200倍のレバレッジをかけて取引することができます。

これまでBitMEXの100倍がレバレッジの最高でしたが、CryptoCM(クリプトシーエム)が開設されたことにより仮想通貨FXレバレッジの最大が200倍となりました。

これは1万円で200万円分の取引ができるということです。もちろん取引額が大きくなればリスクも増えますが、少ない資産しかないユーザーにとって一獲千金を狙えるチャンスとなります!

追証なしだから借金を抱える心配なし!

追証とはレバレッジ取引で必要な証拠金が不足した時に追加で支払わなければいけないお金のことです。

追証がなければ、追加で入金する心配はなく自分の口座に入ってる資産以上の損失を被ることはありません!

仮想通貨取引所 CryptoCM(クリプトシーエム)のデメリット

メリットばかりのCryptoCM(クリプトシーエム)ですが、デメリットが1点あります。

それは2段階認証に対応してないことです。重要です!!!

仮想通貨取引所は管理が難しく巨額の金額を保有していることもあり、ハッカーに狙われる可能性が非常に高いです。

そのためメールアドレスとパスワードだけでログインや送金手続きが行えてしまうCryptoCM(クリプトシーエム)のセキュリティ対策は万全ではありません。

最低でも2段階認証を設定する必要があります。

一発当てて、すぐその仮想通貨を他の取引所に送れば問題ないかもしれませんが,,,でも仮想通貨取引を行う身としては、二段階認証がないのはやはり怖いものです。

ですがなんと!!!

サポートに問い合わせをしたところ、2段階認証に対応する検討しているとのことです。

やってましたね、よかったです!!!笑

多額のBTCを送金するのは2段階認証対応後にした方がいいですね。今は小額でトレード画面に慣れておくことを優先させましょう!

仮想通貨取引所 CryptoCM(クリプトシーエム)の評判

開設して間もないにも関わらず、レバレッジの高さから色々な評判が上がっております。

200倍のレバレッジに対して歓喜している人や恐怖している人が多数いました。もちろんそうですよね。

ギャンブル性が高いので「自信を持てるエントリーポイント」など、要所で使うと大きく利益を出すことができるかもしれません!

仮想通貨取引所 CryptoCM(クリプトシーエム)まとめ

レバレッジ200倍、追証なし、完全日本語対応のCryptoCM(クリプトシーエム)は今後仮想通貨FX取引所の主戦場となる可能性があります。面白い取引所でしたので紹介いたしました!

まずは小額でトレードしてみて自分に合った取引所かどうか試してみてください!

日本では取引ができない!?LINEの仮想通貨取引所 BITBOXとは!!

LINEは6月28日、仮想通貨交換サービス「BITBOX」を7月から提供すると発表しました!ですが!!!日本とアメリカを除く国で利用可能のようです。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)など30種類以上の仮想通貨を取り扱うことができます!

まず、1番ショッキングな情報になりますね。日本人取引できないんかーい。笑

BITBOXは、日本とアメリカ以外の世界中の人が利用できる取引所です。日本は金融庁、アメリカはSECによる規制があるので利用できない点が特徴です。将来的には、BINANCEと同じように、

  • 日本語訳がない
  • 日本からの登録・アクセスが可能

という形式になるかもしれません。是非とも仮想通貨を多くの人にしれ渡すことができるチャンスですので日本人の取引を可能にして欲しいところです。

LINEの月間アクティブユーザーは1億人以上の潜在顧客

LINEは日本だけでなく、台湾・タイ・インドネシアでも広く使われています。この4カ国だけでも1億7千万人以上のユーザーがいます。タイに行ったときは電車のなかでLINEの返信に夢中になっている女子高生をたくさん見て東南アジアで広く使われていることを強く意識しました。

そういったLINEをすでに使っているユーザーに対して、新しくできる仮想通貨取引所BITBOXの宣伝ができるわけです。すでにLINEというブランドがあるので、そのうえに新しいサービスを利用します。LINEに愛着を持っている人もたくさんいるので、ユーザーへのアプローチのしやすさは、0から取引所を広めるのとは比較にならないくらい違います。ブランド力の強さですよね。

日本では禁止になるので、月間アクティブユーザーは全体で2億人以上ということで、日本人音月間アクティブユーザーの7,500万人を引いた、1億2,500万人が潜在顧客としているわけです。

仮想通貨取引所 BITBOXの拠点や取扱銘柄

BITBOXは世界の金融センターのシンガポールが拠点となります。シンガポールは飛行機のように無駄のない合理的な国で、管理人も行ったときに大好きになりました。そういった国で取引所を開設をするということは、合理的な世界に先駆けたサービスがでてきやすいのだと想像をしています!

取り扱う銘柄は全部で30以上もの銘柄を予定しています!
主要なものでいくと

  • BTC
  • ETH
  • EOS
  • XRP
  • LTC
  • TRX
  • XMR
  • NEO
  • ADA
  • BCH

あたりになるかと思います。

仮想通貨取引所 BITBOX(ビットボックス)まとめ

LINEの取引所BITBOXについて簡単にご説明させて頂きました。

日本人が取引はできないので、バイナンスのように取引ができるまでお待ちください!

是非ともここの取引所を使ってトレードしたいものです!

仮想通貨取引所 終わりに。

今回は個人的に面白そうな仮想通貨取引所をあげてみました!

ご参考になったら幸いです!

これからも見つけては随時配信していきますので、お待ちくださいね!

またわからない点など私のわかる範囲でお答えするので、コメントお待ちしております!!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る