ビットコイン取引所 仮想通貨を移動する方法!!

はじめに

現在いくつもの仮想通貨取引所がありますが、やはり認知度の高さや操作性の良さから、新規ユーザーのほとんどが、コインチェックかビットフライヤーを最初に選んで利用していると思います!

確かに手軽さという面では群を抜いているので入門にはもってこいの取引所です。

しかし、取引に慣れてくると、

・販売所の手数料の高さ、スプレッドの大きさが煩わしい。

・今利用している取引所では取り扱っていない通貨にも興味がある。

・銀行やATMが閉まっていて現金を投入できず、勝負所で売買できない。

 

などが出てくると思います。

そんなときに便利なのが「取引所間の現金・仮想通貨の送金」です。仮想通貨ならではの、バーチャルな世界における流動性の高さを生かした非常に便利なデフォルト機能です。

ぜひ送金機能の有用性やその方法を理解し、今後の仮想通貨取引をより良いものにしていただければと思います。

どういったときに利用するの?

タイミングは当然「他の取引所を利用したいとき」です!

例えば具体的に、

・「ビットフライヤーでイーサリアムを購入したけど「販売所」なのでスプレッドが大きく、利益が中々出せない。イーサリアムの「取引所」があるZaifに移してもっと流動的に売買したい」

・「販売所で購入したリップルをビットトレードに移して「取引所」で売買したい」

・「高値で掴んでしまって当面ホールド予定だ。仮想通貨の預入サービスがある取引所に移して預金したい」

・「こっちの取引所ではどの通貨も今はあまり値動きがないが、あっちの取引所は今が勝負所なので、そちらに資金を移したい」

・「銀行やATMが閉まっていて、金融機関からお金を投入できない」

という場合です。

とりわけ一つ目や二つ目の例ように、コインチェックやビットフライヤーの販売所で仮想通貨取引を始めた人は、気づかないうちに割高な取引を行ってしまっていることが往々にしてあります。

しかしそのことに気がつき、もっと効率よく取引したい!と思ったら、取引所間の資金移動を活用することをおすすめします!!

送金機能の利点

銀行を介して別の取引所に資金を移す場合、一度円に戻さなければいけませんが、仮想通貨取引所間の送金であれば当該コインをそのまま送ることができます。

そのため利確をする必要がなく、また時間も手数料も大幅に抑えることができます。

とりわけ「時間」に関しては仮想通貨の流動性の高さがものをいいます。

仮想通貨は日々激しく価格変動しているため、スピーディな資金移動こそが勝負の分かれ目と言えます。その手助けをしてくれるのがこの送金機能です。

一度どこかの取引所に資金を溜めておけば、いざというとき臨機応変に対応することができます。

ぜひ使いこなして、仮想通貨取引ライフをより良いものにしていただければと思います!

ビットコイン取引所の取引所間での移動は簡単

結論から言ってしまえば取引所間での取引注文は非常に簡単です。今回はCoincheckとZaifの取引所を参考にしてウォレットへの入出金方法を確認していきましょう!

ビットコイン取引所間でのビットコイン移動方法!

各取引所には各仮想通貨に自分専用の送り先入金アドレスがあります。英語では基本的に BTC address for deposit と記入されています。まずは送り先の入金用アドレスを取得します。別の仮想通貨と間違えないように注意しましょう。

例1) Coincheck BTCアドレス

例2) ZaifBTCアドレス とします!

次に送り元出金手続きを行いますが注文手順は以下のようになります。今回は参考のためにZaifの取引所の出金方法を参考にしました。

1、に先ほど取得した送り先の入金用のアドレスを入れます。

2、送金するビットコインの量を入力

3、取引手数料を設定。通常どこの取引所も最低手数料が設定されていますが、
それ以上の手数料を設定すると数ブロック以内で承認される期待値が上がります。簡単に言うと手数料を高く設定すれば早く着金します。
※初期手数料の例 BTC建 Coincheck(0.0005) Zaif(0.0002)

4、二段階認証キーを入力します。

上記4つの入力が終わったら”withdraw”(送金)ボタンを押しておしまいです。

送り先の取引所サイトを確認しましょう。注文後通常30分以内にはウォレットへの暗号通貨の着金が完了しているはずです。
もし着金が遅い場合は取引所に確認しましょう。

スマートフォンから操作を行う場合

今回は例としてbitbankとbitFlyerの携帯アプリを使用いたします!

  1. bitbankにログイン後、メニューから「入金」を選択
    ※bitFlyerにbitbankのビットコインアドレスを登録済の方は4へ進んでください。
  2. ビットコイン(BTC)の「入金」をタップ
  3. 「預入」にあるビットコインアドレスをコピー
  4. bitFlyerのアプリを起動し、メニューから「入出金」を選択
  5. 「ビットコイン」をタップし「出金」を選択
  6. 「外部ビットコインアドレスを追加」を選択
    ※既にビットコインアドレスを登録済みの方は宛先を選択し8へ進んでください。
  7. 「ラベル」の入力と3でコピーしたデータを「ビットコインアドレス」に張り付け保存
    ラベルはファイル名のようなイメージです。ビットコインアドレスは覚えづらい文字列。複数のアドレスを登録した時に、どのアドレスがどこへ届くものか区別するために名前をつけます。わかりやすいラベルをつけましょう。
  8. 送金先のビットコインアドレスを選択
  9. 「出金数量(BTC)」を入力して出金をタップ
    bitFlyerでは出金手数料として0.0004BTCが必要です。そのため保有している資産の満額を送金することはできません。1BTCを持っているとすれば、送金可能額は0.9996BTCとなります。
  10. 「出金を確定する」をタップ
    これでbitFlyerからbitbankへの送金手続きが完了です。実際に送金すると、出金手続きを行ってから14分後にbitbankから入金完了のお知らせメールが届き、送金したビットコインが反映されるとおもわれます!!
優先度を高くすると送金にかかる時間が最低限で済む!!
bitFlyerでは基本の手数料0.0004BCTに追加するかたちで認証の優先度の調整が可能です。つまり手数料を高く設定すれば、最低限の時間で送金が完了する可能性が高くなるということ。選択できるのは、
  • 普通(+0.0000BTC)
  • やや高い(+0.0001BTC)
  • 高い(+0.0002BTC)
  • 最高(+0.0005BTC)

の4パターンです。2018年5月7日現在のビットコイン送金手数料の相場は0.0004BCT以下。基本で設定されている手数料で、十分にスムーズな送金ができると考えられます。

金融庁へ登録済みの取引所のビットコイン出金手数料を比較

ビットコイン取引所からビットコインを移動させる時、一般的には出金手数料がかかります。

出金手数料のうちわけは、ビットコインの送金処理を行うマイナーに支払われる送金手数料と、取引所に支払う仲介手数料であると考えられます。

  • 送金手数料……ビットコインの送金処理を行うマイナーへ支払う手数料
  • 仲介手数料……取引所のネットワーク回線利用料など取引所へ支払う手数料
  • 出金手数料……送金手数料と仲介手数料を合わせた手数料  出金手数料 = 送金手数料 + 仲介手数料

基本的にビットコイン取引所のビットコインの送金手数料は、ユーザーが自由に設定できます。極端にいえば1円でも1,000円でもよいのです。

しかし送金手数料が低いと送金に数時間や数日と時間がかかる、待った挙句に送金できずに戻ってくるといった可能性も。そのため取引所ではスムーズに送金を行えるであろう額、つまり送金手数料の相場より高い額を設定しているとケースがあります。送金手数料が低いと送金がスムーズに行えない理由はこちらの記事で解説しています。

ビットコイン以外の通貨以下に取引所からビットコインを移動させる時の出金手数料をまとめました。今回は金融庁に登録が済んでいる取引所9社を比較してみました。以下の表をご参考にしてみてください!!

ビットコイン取引所の出金手数料は取引所によって異なる模様。現在ビットコインの送金に相応しい手数料はおよそ0.00006BTC。日本円にして約60円です。これよりも出金手数料が高い取引所から出金すると、ビットコインのネットワークが混雑していても比較的スムーズに送金が行えるでしょう!!

キャンペーン情報に踊らされるな!出金手数料が高つくケースも!?

期間限定!売買手数料無料キャンペーン実施中!!

などといった情報を目にすると、興味がわく方も少なくないでしょう。ビットコイン取引所で取引の利益を得るためには、売買手数料を少しでも抑えるべき。手数料が少ないビットコイン取引所を選ぶことは、賢明な判断といえるのではないでしょうか。

しかし売買手数料が安い、お得なキャンペーンを行っているといった理由でビットコイン取引所を転々とするのはオススメできません。取引所からビットコインを移動させると出金手数料が発生するケースがあるからです。数十円の売買手数料を節約するために、数百円の出金手数料を支払っていては元も子もない気がしませんか?

たとえば売買手数料が0.1%の取引所で10,000分のビットコイン取引を行った場合、発生する手数料は10円です。この手数料が無料になるキャンペーンがあるとしましょう。期間内で総額100万円を超える取引を行う人なら数千円、数万円の節約ができるでしょう。1,000円程度の出金手数料がかかったとしても、利用するビットコイン取引所を変える価値がありますね。反対にあまり売買を行わない人は、出金手数料のほうが高つくケースもございます。

そこを気をつけて送金してくださいね!

失敗するとビットコインを失う恐れも! ビットコインアドレスの入力ミスに注意!

仮想通貨の取引所では、それぞれ取り扱っているコインが異なります。いくつものビットコイン取引所へ登録していると、いろいろなコインの購入や交換ができ流と思います!

ビットコイン取引所Aで保有しているビットコインを、ビットコイン取引所Bで取り扱っているコインと交換する時は、ビットコインを移動させなければなりません。

この時に注意しなければいけないことは、送金ミスをしないこと。入力するアドレスを間違えるとビットコインを失ってしまう恐れも。ビットコインアドレスの入力は、ミスが起きないようにコピーするかQRコードの読み取り機能を使いましょう。

ビットコイン取引所間での移動に関しての注意事項

暗号通貨の送金に関して、特にビットコインの送金には注意が必要です。間違いが多いと思われるBCHを今回一例としてあげますが、入金用アドレスにはその通貨専用のものがあります。それ以外のものを使用し送金注文をした場合は運営元に相談しても取り出しできず送金したものが全て手元に戻らなくなってしまう可能性もあります。

心配な方は送金する際、受け取り側のアドレスが同じ暗号通貨の入金用アドレスかどうか再度確認することをお勧めします。

ビットコインを多数の取引所に預けるメリット

国内外を問わず取引所から盗難があったり、システムに問題があり入出金停止したりすることがビットコイン取引所では多々あります。一番有名な話がマウントゴックス事件ですが、あの事件でビットコインの価格が急落し大きな話題になりました。その様な問題からここでは多数のビットコイン取引所に仮想通貨を預けるメリットを書いていきます!!

ビットコイン取引所を分散させることは一つの防衛手段

ビットコインを一つの取引所に預けて売買していると言うことは仮に盗まれた場合大きな損失が出てしまう可能性があります。またシステムに異常が出て、ビットコインが大暴落、もしくは暴騰している際に取引できないなどの問題が起こる可能性があります。可能であれば、自分のウォレットに移動させる、多数のビットコイン取引所、もしくは信頼のおけるビットコイン取引所に分散させることを推奨します。

ビットコイン取引所間の価格差で差益を儲ける!

取引所間では売買をする際に仮想通貨の価格差があります。その価格差を狙って儲けを得る方法もあります(アービトラージと言います)が流動性の観点から基本的にビットコイン取引所間での価格差は縮まりほとんど無くなりますので、価格差の売買で多少利益が出ればラッキー程度に考えておいてください!

最後に

このように説明すると少し長くなりますが、手間がかかるのは最初だけです。取引先アドレスを登録すればあとはそれを使えばいいだけですので。

ビットコイン取引所はすでにいくつもありますし、今後も新規参入してくるビットコイン取引所は出てくるでしょう。また、既存のビットコイン取引所が今取り扱っていない通貨を新たに上場させることだって十分に考えられます。

そんな時に必ず必要になってくる機能ですので、皆様ぜひおさえておきましょう。

今自分が使っているビットコイン取引所と相性が良い取引所はぜひ開設し、いざという時に備えておきましょう!!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る