「カルダノ(エイダ)コイン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

通貨名はCardano(ADA)と「カルダノエイダ」を略して記されていますね。 2017年9月に公開されている時価総額約4700億円で時価総額ランキングが7位と上位にランクインしています。 しかし、時価総額ランキングが7位でビットコインみたいに1ビットコイン=100万円くらいなんじゃないの?ってなるかもしれないけれど、ところがそんなことはなく1ADA = 約18円と安価なコインとなっています。

管理主体や発行枚数について

最大発行枚数は約450億枚で、現在はその半分以上の約250億枚がすでに発行されています。

こんな技術が使われている!

カルダノではブロックチェーンを利用した非中央集権型の完全分散型オンラインカジノプラットフォームが利用されています。 非中央集権で分散型というのは中央に特定の管理者がいないというのを意味します。従来のオンラインカジノプラットフォームでは運営側(中央集権)が不正をして儲けるように仕組んでいるものも多かったようですが、そもそも運営(中央集権)が存在しない仕組みを取り入れているから不正ができませんよっていうシステムを使っています。 これはオンラインカジノを使うユーザーどうしが直接やりとりを行うことができるようになっているため、そもそも運営(中央集権)を通さないということですので、どっちが有利とかそもそもそういう話にならないようになっています。 さらにカルダノでは「オラクル」という技術が使用されていてオンラインカジノユーザーが完全に全員平等に同じ条件でプレーできるようになるというフェアな形態を維持しています。

こんなところが優れている!

カルダノはオンラインカジノプラットフォームとしてやっていますが、不正ができないような技術や完全にフェアになるような技術なども組み込まれていて非常にレベルが高いものであると言えます。 その技術力の高さから注目され、いくつかの団体が協力してカルダノの開発が行われることになりました。 協力した団体の中には天才数学者と言われているチャールズ・ホスキンが技術開発に携わっておりホスキン氏は現在時価総額2位のイーサリアムでも開発に関わっており、そのような大物がカルダノの開発に関わるとのことで期待を集めています。 また、カルダノエイダコインを保持して専用のウォレット(オンラインで特定の仮想通貨を管理する財布)に入れているとステーキングを呼ばれてカルダノコインの配当を得ることができます。1,2年目は9%、3年目は6%の配当がもらえる仕組みになっており、イメージすると銀行の利子みたいなものですね。預けいると年ごとに~%の利子がもらえるようになっていて日本に銀行は利子が引きすぎるということで問題人もなっていますよね。 なので、もちろんカルダノコインでももらえる配当は持っているカルダノコインの量によって変わってきます。

こんなところが残念!

国内取引所で取り扱われていないところですね。これはカルダノコイン以外にも言えることなのですが海外取引所での取引をはじめうるには最初にやらなければならない手順ああるので、めんどくさいと言えば少しめんどくさいです。 今後、カルダノコインが国内取引所に上場するという話はまだ出ていないのですが、時価総額がランキングが7位とかなり高い位置にランクインしているので、今後人気が今以上に上がってくることで、国内取引所で上場する可能性も出てくると思います。 現在のところカルダノコインが噂で国内仮想通貨取引所のビットフライヤーに上場するという情報がありますが、それはビットフライヤーの公式情報ではないので確実な話とは言えません。

将来性

カルダノコインは仮想通貨での有名な団体が統合して開発を行っていることから開発力がかなり強いので、今後便利な独自の技術をどんどん世の中に広めていく予定です。 近日公開予定とされているものでは、カルダノデビットカードというものを作り、それでほかの通貨と同じようにカルダノコインで支払えるようにするという計画もあります。 この計画には、またブロックチェーンエクスプローラーというカルダノコインでの取引履歴を確認できるツールも利用されており、簡単にカルダノコインの残高や自分が何に利用したのかなどの取引履歴も確認できるようになると言われています。 また、2017年にカルダノコインンの取引が始まったばかりの時は1CardanoADA = 0.3円でしたが、一時10倍以上の値上がりをしたこともありました。今後も、何か新しいプロジェクトが発表されれば、カルダノコインのバックグラウンドにある安心感からカルダノコインの値段が高騰する可能性を十分に見込めるコインですね。

オススメの取引所

国内で取り扱っているところはありません。 海外での取引所だと Binance,Bittrex,Upbitなどがあります。 中でもBinanceは注目が集まっており、取引量は世界1を大手の安心感と堅牢感を解き放っています。手数料も0.05~とかなり安く取り扱い銘柄は100以上と大規模取引所ならではのメリットが沢山ある仮想通貨取引所になっているのでオススメできます。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る