ビットコインETFが「ほぼ確実に!」今年中に承認を得る!

みなさんビットコインETFがほぼ確実となってきました!
こちらが決まればビットコイン年内500万円は遠い話ではありません。
昨晩海外メディアが一斉にビットコインETFについて報じました。

では今回はビットコインETFのニュースについて、またそもそもビットコインETFってなんだ?
と言うところに迫っていきます!

ビットコインETF年内に確定か?

ICOジャーナルによってSECとCFTCのビットコインETFの会話が真剣に進んでいると「ほぼ確実」と思われる2つの情報源が出てきています。
双方の関係者によると、ビットコインETFや他の仮想通貨ETF製品の「ほぼ確実な」承認は、SECとCFTC双方からの物質の暗号化規則の最初のセットとともに発表される予定です。

今回のこの情報はCFTCから来ており、次のように述べています。

私はこの時点で90%と言えます。仮想通貨市場は緩やかになり、監督当局はいくつかの海外全体の取引所でビットコイン先物を取り巻く様子を見ていました。
価格の節減と「ピア・プロダクト」の採用は、会話が中心になったものです。 1月には、バブルにも心配していました。急速に発展された仮想通貨市場は多くの投資家を引き付け、重大な訴訟につながる損失を引き起こす可能性がありました。しかし現在では、これらの要因は大幅に緩和されているようです。

元従業員の2番目の情報源では、こう話しておりました。

私は9月に良い結果が出ると期待しています。もしそれが少しでも話が詰まっていれば、海外のより大きなプロジェクトで決まってきます。
明確にするために、規制の大部分は、ICOと、現時点では個人投資家向けの問題に焦点を当てる必要があります。
米国の住民は、よくわからない規制されていないモノに投資し、1セントでも失うことは絶対にしません。
ICO規制はこれらの問題を解決する必要があります。これによりオンショア市場となります。

規制当局は、このドアが開かれれば、提出、承認、暗号化に関連するすべての金種の新製品が作成されることを完全に認識しています。したがって、公正かつ公平な市場のためのアーキテクチャを新たに規制された資産クラスを取り巻くようにする調整のための一致した推進となりました。

これは大きなニュースです。 ETFの動きに加わった業界やそれに続く制度資産に関連した価格動向を見れば、予想される価格の急騰は遠くないです。

ビットコインETFとはなんなのか?

まずそもそもETFですが、ETFとは証券取引所に上場された投資信託のことを言います。
「ETF」は、「Exchange Traded Fund」の略語で日本語では「上場投資信託」と言います。

証券取引所に上場する為には、様々な厳しい条件をクリアーしなければなりません。
その代わり高い信用性を得る事が可能となり、より多くの資金調達を行うことができるようになります。
またこれは投資信託も同じです。一度上場さえすれば、取引所を通してより多くの資金を調達することができるようになります。

投資信託とは
「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

ETFには大きな特徴が4つあります。

特徴
○簡単な分散投資
投資の基本は分散投資と言われております。投資信託であれば複数の株や債権に投資をするので、おのずと分散投資をしています。
○コストが不要
株を保有するときは維持費がかかりますがそれが不要となります。
また、株の取引は売買手数料がかかりますが、それも必要いりません。
○いつでも簡単に売買が可能
投資信託は、毎日のように価格が表示されます。
好きなタイミングでいつでも簡単に購入や売却をすることが可能となります。
○専門知識必要なし
どこのどの株を買えばいいのかなど、そのようなことを考える必要はありません。
運営会社が適正な配分をして投資を勝手に行ってくれます。

ではビットコインETFとは?

ビットコインを初めとする全ての仮想通貨は、国や金融庁の認可を受けた取引所でしか取引(売買)ができません。
また、現状ではビットコイン(BTC)は金融商品ではありませんので、その信頼性もまだまだ乏しいのが現状です。

ビットコイン(BTC)を証券取引所でも扱えるようにしたい。
もっと自由にだれでもビットコイン(BTC)の取引を出来るようにする。それがビットコインのETF化と言うわけです。

ビットコイン(BTC)を証券取引所でも扱うことが出来るようにすると言うことは、ビットコイン(BTC)を使って資金の調達や運用をすることができる投資信託という金融商品を取引所に上場させようとすることになります。

ビットコインETFのメリット

ビットコインETFが上場することで、投資信託という金融商品の一つとなり「株」やその他の「投資信託」と同じ扱いくくりになります。

その恩恵としては
○仮想通貨として正式に金融商品の1つとして認められる。
○機関投資などの資金が流入して価格が安定する。
○どこで購入しても同じ価格(統一)で購入できる。
○いつでも、だれでも自由に取引ができる。などのメリットが生じます。

ビットコインETFが開始されると。。

実際にビットコインETFが開始したらビットコインをはじめとする仮想通貨は下記のようになってくると予想されます。

ビットコイン価格の上昇

取引所への上場のために審査があり、その後に上場されるの事から、
ビットコイン(BTC)への信頼性は当然上がりますよね?
また信頼性が増し安定された取引が可能になれば、ビットコイン(BTC)の利用者が増えます。
結果的に、ビットコイン(BTC)の価格は上昇すると予想できます!

機関投資家・大口投資家の参入

ビットコインETFが始まりますと、これまで信頼性・透明性が欠けているビットコイン(BTC)などの仮想通貨には、
機関投資家が参入してきておリませんでした。

機関投資家は、個人の投資家からのお金を預かり、それを運用するのが役目です。
と言うことは信頼性が置けない安全かどうかわからないものには投資しません。

ビットコインETFが認可されるようであれば信頼性が大幅に増します。
当然のように機関投資家にとっても大きな投資対象になります。
その結果、これまで考えられないくらい大量の資金が仮想通貨市場に流れ込んできます。

アルトコインの価格暴落や消滅の可能性が上がる

ビットコインETFが認可される事になれば、これまで分散してされていた仮想通貨への資金がビットコインに集中する事が予想されます。

ビットコイン以外のアルトコインへの投資が減れば、アルトコイン価格は暴落します。
そしてアルトコインの価格は下がり続けてしまい、アルトコインの魅力が無くなってしまいます。

ほとんどのアルトコインは消滅する可能性にあります。
ギリギリ生き残れるのは、メジャーなアルトコインやすでに企業などに導入されているものだけになってしまうかも知れません。

気になるビットコインの価格は?

すでにビットコインETF(上場投資信託)を販売するとの推測も広がまっており、仮想通貨市場は急伸しております。
ビットコイン(BTC)は18日の時点では、およそ1カ月ぶりに7000ドルを突破しました。

現在、世界最大のゴールドETFであるSPDRゴールド・シェアがニューヨーク証券取引所に上場した2004年は、ゴールド(金)の価格はおよそ450ドルでしたが、
その7年後には1900ドルにまで上昇しました。比較的安定したゴールド(金)が、ETFの影響で7年間で価格がおよそ4倍になったことを考えますと、
「ビットコイン(BTC)であれば、7年ではなく7カ月くらいというのも十分範疇に入るくらいのインパクトはある」といわれております。

ビットコイン(BTC)の時価総額は現在およそ1300億ドル(日本円で約14兆5000億円)。
ファム社CEOで、トレード教育を手がける佐々木 徹氏は、機関投資家の受け皿となる下記の大手運用会社計7社の運用総額22兆ドルのうち、
1%に当たる2200億ドルがビットコイン市場に流れる事になれば、ビットコイン(BTC)は現在の7000ドルから1万9000ドル(¥2,115,346 2018/7/24レート)に上昇し、
市場規模は3500億ドルに拡大すると説明しておりました。

・ブラックロック
・バンガード・グループ
・ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
・フィデリティ・インベツトメンツ
・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン
・JPモルガン
・ゴールドマン・サックス

また他にも、現在73兆ドル規模の株式市場から、ETF経由で1%の取引額がビットコイン市場に流入する場合も解説しております。
これにより、ビットコイン(BTC)市場は1兆800億ドルにまで拡大し、ビットコイン(BTC)は1万9000ドル(¥2,115,346 2018/7/24レート)から(¥6,568,706 2018/7/24レート)に上昇すると話しました。

ビットコインETFについて まとめ!

上記をご覧になりいかがでしょうか?
今回ニュースになったビットコインETFは実は価格上昇につながる大切なニュースでした。

機関投資家が流入してくるとビットコイン(BTC)が1万9000ドル(¥2,115,346 2018/7/24レート)や5万9000ドル(¥6,568,706 2018/7/24レート)まで上がる可能性があります。
海外のメディアではほぼ確実とまで、言われております。
まだ購入されていない方はこのタイミングで購入してみてはいかがでしょうか?

チャソしゃちょーの保有している仮想通貨ポートフォリオ

下記ポートフォリオは弊社のチャソしゃちょーが海外取引所のBINANCE(バイナンス)で保有している銘柄です。
昨年末から大幅な上昇を見せたTRON(TRX/トロン)を一番多く保有しています。

保有している仮想通貨前日比

チャソしゃちょーはスタートが昨年2017/10の時点で300万円でスタート致しました。

昨年年末の時点の1番良い時で、$124,000(¥14.000,000程度)はありましたが、現在は10分の1近くまで落ちてますが、

ここから取り返すと意気込んでいます!w

仮想通貨銘柄 時価総額 前日比 資産
TRX(TRON) $0.03 -5.15% $1594
XVG(Verge) $0.02 -3.29%  $686.46
XLM(Stellar) $0.30 -4.77% $2196.30
APPC(AppCoin) $0.18 -4.40% $778
VEN(VeChain) $1.91 -6.39% $4391
TRIG(Triggers) $0.31 -12.03% $274.66
WTC(Walton) $5.74 -14.59% $2634.66
WAVES(Waves) $2.64 -13.20% $691.68
STRAT(Stratis) $2.64 -9.99% $9229
QSP(Quantsramp) $0.07 -12.21% $263.62

今日は本日記載したビットコインETFの件もありビットコインの価格は上がっていますが、やはりその分アルトコインが落ちてました。

昨日プラスにした分のほぼそのままマイナスとなってしまいました。

日付 資産 前日 損益
2017/10 ¥ 3,000,000 初期投資
2018/7/23 $15,331.57(¥1701053) $14,251.84(¥1,601,771 +¥99,282
2018/7/24 $14,443.81(¥1608903) $15,331.57(¥1701053 -¥92,150

筆者タクの仮想通貨FX成績

筆者タクは仮想通貨FXをBitMEXにて行なっています。
1日で複数回のトレードを行うスキャルピングは現在の生活体系にあっていない為、
ハイレバレッジで1日1回の取引を行なっています。
ここではトレードを行なった日の成績を残していきます。

なおレバレッジは最大の100倍にて取引を行なっています。

初期投資は誰もがスタートしやすいように0.01XBT(開始日2018/7/17)で行なっていきます!

日付 買い地点 指値 売却地点 取引損益 取引前資産 取引後資産
2018/7/23 $7622 $7650 $7650 +$28 0.0051BTC 0.0067BTC
2018/7/24 $7982 $8000 $8000 +$18 0.0067BTC 0.0078BTC

こちらは実際の取引履歴です!

今回注文入れたタイミングですが、本来であれば$7900で買いたかったのですが、完全にチャートみ忘れていました。。$8000超えそうでしたので$8000で利確いたしました。

 

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る