仮想通貨とは何なのか?今からでも間に合う!!仮想通貨とは?について!

みなさん、最近よく「仮想通貨とは?」という言葉を耳にはしませんか?

仮想通貨とか、ビットコインってニュースや新聞で見たことがあるけど、実際どんなものかわからない、むしろ私には、俺には関係ないと思っている方が多いのではないでしょうか?確かに、例に出すと政治やはたまた音楽など、自分の好みや自分に関係ない事を熱心に調べる人間はそんなにいないと思います。

それでも、この記事を読んでいるということは、少なくとも仮想通貨とは?に興味がある人ではないでしょうか?

少しでも興味を持ってこの記事を読んで「仮想通貨とは?」から「仮想通貨って〇〇何だよ!」って理解をしてくれれば幸いです。

今からなんて・・・、と、そんな遅いことはありません!少しづつ仮想通貨とは?の理解を深めていきましょう!

仮想通貨とは、と言っても一言では説明できません!それなので今回はブロックチェーンという言葉を少し掘り下げていきましょう!

「ブロックチェーン」って何?今からでも遅くはない!基礎知識を解説!

「フィンテック」という言葉をご存知ですか?

主に金融とテクノロジーを掛け合わせたものを言い、日本でも徐々に注目されています。

その代表例に今回ご紹介する『仮想通貨』があります。

仮想通貨とは、通貨として機能するためには、「ブロックチェーン」という技術が必要不可欠です。

仮想通貨とはサービスが成り立つ上でブロックチェーンが非常に重要な技術と言われています!

テレビや新聞などを通して頻繁に耳にすることが増えた「ブロックチェーン」ですが、みなさんが知りたいのは具体的にどのような技術なのかということだと思います!

今回は、そのブロックチェーンと、そのブロックチェーンが『仮想通貨とは』でどう活用されるのかについて、メリットと今後の課題を説明致します。

ブロックチェーンって何?

ビットコインの中核となる「取引データ」技術のことを「ブロックチェーン」と言います!

取引のデータの事を「トランザクション」と呼びます!そのトランザクションが複数になったものを「ブロック」と言います。

このブロックが連なるようになっていて保存された状態が「ブロックチェーン」と言います。一つ一つは簡単ですが、基本ですのでしっかりと覚えておきましょう!

ブロックチェーンは分散して管理されます。ですので、ビットコインを利用すると、あらゆるユーザーのコンピューターに保存がされていきます!
銀行のような中央管理体制ではないため、権限が一箇所に集中することはまずありません。
そのためシステムに不具合が起きた際などに強く、かつ人件費もかかりにくいため低コストで金融サービスが運用できると期待されています!

ブロックチェーンの仕組みについて

「分散」してユーザー同士が管理し合うシステムになっている。

ブロックチェーンは「分散」しており、ユーザー間での管理という形になります。

この形式を「P2P(ピアツーピア)方式」といい、「分散型取引台帳」とも呼ばれています!
金融機関を介すことなく、ユーザー同士でシステムを管理しあう構造になっています。この技術がとてもすごい事なのです!

複数のコンピューターで分散して管理されているため、ブロックチェーンは、ビットコインの取引ごとのリアルタイム更新には対応できません。
なので、承認作業が10分単位でまとめて行われているというのも大きな特徴の一つです!

「ブロック」はハッシュ関数で暗号化されている

ではどう言った凄い技術なのかと申しますと、「何月何日にAからBへ○○BTCを送金した」というデータが「トランザクション」には記録されていて、これが「ブロック」となります。

このブロックデータはオープン化されているため、みんなで確認することができます。これが主に銀行とは違う点です!

ですが、トランザクションの「具体的な取引内容」はハッシュ関数によって「暗号化」されるという特徴があります。

ブロックデータには、ハッシュ関数によって暗号化されたトランザクションと直前のブロックデータのハッシュ値が含まれています。
直前のハッシュ値と、「ナンス値」という特別な数字を見つけ出すことにより整合性が取ることができ、ブロックがブロックチェーンへ新たに追加される流れを「承認」といいます。

ハッシュ関数とは、元となるデータから一定の文字数の不規則な文字列(ハッシュ値)を生成する関数です。同一のデータであれば同じハッシュ値が生成されますが、少しでも異なれば全く異なるハッシュ値が生成されます。また、生成された文字列から、元のデータを読み取ることができない「不可逆性」を持っているのが特徴の一つですね!

すべての取引履歴が公開されている

ビットコインの売買など、ブロックチェーンに記録されている全ての取引履歴は、だれでも「Blockchain.info」から確認できるのが特徴です。10分単位で承認されたブロック内に含まれる「取引件数」「取引されたビットコインの量」「ハッシュ値」「前ブロックのハッシュ値」を時系列に確認することができます。

不正を防ぐための役割として、時系列がオープンになっていることが、とても大切です。

ここでは、ハッシュ値によって暗号化されているため、取引の「履歴」として記録されても、「内容」の詳細は確認できないので安心できます。

ビットコインを生成することもできる

この整合性を確認し「承認」するためには膨大な計算を行います。この承認作業を「マイニング(採掘)」といい、不正が行われていないことを証明する仕組みを「proof of work(仕事の証明)」といいます。

新しく、ブロックを追加するときは、直前のブロックのハッシュ値と、今回のブロックに含まれる「全取引データ(トランザクション)」と「ナンス値」をハッシュ関数によって暗号化します。これを「成功」させた人にビットコインの報酬が支払われるというシステムがあり、このときビットコインが「新規発行」されるのです。

ビットコインの発行総量は事前に決められており、2140年までに2,100万BTC(上限数)に達すると言われています。「マイニング」というブロックチェーンが生まれる仕組みにより、ビットコインの急激な増減が起きないように調整されているのです。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンは大きく分けて2つに分けることができます。

パブリック型」と「プライベート型」と言います!

パブリック型
ビットコインが代表的なものになりますが、「パブリック型(パブリックチェーン)」は、中央集権的な管理期間を持たないことが特徴的です。
プライベート型
「プライベート型(プライベートチェーン)」は、銀行のような、管理者がいるのが特徴的です。管理者がいることによってマイニングなどのコントロールができるため(パブリック型はマイナーの賛同を得なければならない実行することはできない)、金融システムの管理などに活用できます!

 

ブロックチェーンのメリット!!

銀行などの「中央集権化」を防げる

ブロックチェーンによる一番のメリットは、銀行などの「中央集権化」が防げることがメリットではないでしょうか!。一元管理しないことによって、システムがバグや天災などでダウンした時に対応ができる(分散することで他所で復旧できる)というメリットです。

特定の管理者による独裁的にコントロールされることなく、多くの利用者の間でブロックチェーンを共有しあうことができます!!素晴らしいです!

海外送金にかかるコストも低コストで送金できる

次のメリットは、海外への送金コストが大幅に削減できることです。通常、金融機関を経由することで数百円から数千円の手数料が発生します。特定の金融機関を介さないことによってこの費用をカットできます!かつては送金回数が増えるほどコストが嵩んでしまいました。しかし、ブロックチェーンによってユーザー間で直接的な送金が実現することにより、最小限の手数料で済むようになります!!

データの改ざんなど不正行為が不可能になる

次のメリットは、データの改ざんが実質不可能になります。どういうことかと申しますと、ブロックチェーンは暗号化されていて、中央集権化されておらず、分散して保存がされています。
データは暗号化されていて、不可逆性があるため、特定することはできません。意図的に改ざんしたとすれば、整合性が取れず、分散したデータを調べれば、すぐに不正が明らかになります!!

仮想通貨、ブロックチェーンの今後の課題

仮想通貨とは、主にブロックチェーンのことを指しますが、ブロックチェーンは最近活用され始めた技術です。今後のどう言った問題が発生するかと申しますと、処理速度が今後の課題になると思われます。またリアルタイムでの処理が行えないため、実店舗のようなその場で決済を行うようなシステムでの活用は今後の課題となっていきますね。

しかしですね、大きな特徴である、ブロックチェーンの「分散型」と「不可逆性」によるセキュリティ面のメリットは非常に大きいです。今までの中央集権型ですと、サーバーへの負荷が大きく、システムがバグや天災など起きた時にダウンしてしまいます。ですが、非中央集権型ならそのシチュエーションでも耐えることができるのです!得られるメリットが多いと思います。

仮想通貨とは、どうしても新しい技術を導入するため課題の点が目立ってしまいますが今後も仮想通貨、ブロックチェーンシステムが注目される続け流のではないでしょうか!

仮想通貨とは、ブロックチェーンとは まとめ

「仮想通貨とは?」語る上で、欠かせない技術『ブロックチェーン』。お分りいただけましたでしょうか?

今までの常識を超えた非中央集権と言った、政府や銀行などが介入することはせず、トランザクションを分散し、不特定多数の人達がデータを確認できることで、改ざんなど、不正行為が起こりにくいというメリットがあります!

特定の管理者を置けることから、プライベート型のブロックチェーンはそういったメリットをいかし、企業での決済サービス運用などの活用が期待されているんですよ!

まだまだ課題もありますが、ブロックチェーンは今後、金融サービスに大きなメリットをもたらすと言われています。

仮想通貨とは、IT革命と呼ばれており、今後に期待をして、この記事を終わりにしたいと思います。

 

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る