GACKTと野田聖子議員揃って終了のお知らせ

ここ最近メディアを大いに騒がせている、SPINDLE(スピンドル)がそろそろ決着がつきそうです。
人気大物歌手のGACKTと野田聖子総務相が揃って終わりを迎えそうです。

今年の1月から、GACKTが広告塔を務める仮想通貨【SPINDLE(スピンドル)】をめぐり、野田聖子総務相の秘書が金融庁に圧力をかけていた疑惑が浮上しました。
しかも野田聖子総務相の夫の文信氏が裏で暗躍していたといいます。

一方のGACKTは自分も被害者の一人だと主張しているそうですが、仮想通貨SPINDLE(スピンドル)は大暴落し、GACKTなどのプロジェクトに参加している者達がうまいこと売り抜いて儲けた疑いが浮上しています。

今回の件で初の女性総理を目指していた野田総務相は事実上その夢は夢で終わったということになります。

GACKTと野田聖子総務相とSPINDLE(スピンドル)

9月の自民党総裁選への出馬を予定していた野田聖子総務相

金融庁の調査を受けていた仮想通貨業者B社の関係者を事務所に同席させた上で、金融庁の担当者を呼びつけ、説明を求めました。
仮想通貨業者BLACKSTAR&COは昨年10月からGACKTを広告塔にして、独自の仮想通貨「スピンドル」の販売を開始しました。
しかし今年1月中旬には無登録営業が発覚し、資金決済法違反の疑いがあるとして金融庁から通告を受けました。
この通告の際に野田氏の秘書はBLACKSTAR&COの関係者を伴い金融庁に説明させたと言います。
金融庁側にしてみれば、違反が疑われる業者の隣に大臣秘書が同席していますので、無言の圧力を感じ取れます。
しかし野田聖子総務相は、今回の件で事実関係を認めた上で「金融庁の調査は圧力には当たらないと考えている」と発言しています。
永田町関係者からは今回の件はかなり致命的で、9月の自民党総裁選への出馬が取り沙汰されていましたが、それもこの状況では無理だろうと言われております。

SPINDLE(スピンドル)

上場前のプライベートセール時のレート
1スピンドル(SPD)=約30円。


5月19日に海外の仮想通貨取引所5つに上場したSPINDLE(スピンドル)は、上場開始と同時にナイアガラが発生し大暴落。
1SPD=3円に。
価値が10分の1になり、その後も下がり続け、
本日(7/27)現在の価格は1SPD=0・6円程度と消滅一歩手前の状態になりました。

一方数千万円分のSPINDLE(スピンドル)を保有していた、GACKTは上場直後にうまく売り抜けたという情報も出回っております。

GACKT愕然


もう一人の関係者GACKTは自宅を国税庁にガサ入れされたり、GACKT事務所の側近男性が逮捕されたり、巨額投資詐欺にまんまと引っ掛かったりなどここ最近では「金」にまつわる事で問題が連発しております。

仮想通貨スピンドルは「GACKTコイン」とも呼ばれ、GACKTはプロジェクト立ち上げに関わった主要メンバーの一人です。
今回のICOでは220億円程度の資金調達をすることに成功したようです。

しかもGACKTは知り合いの芸能関係者にも投資をするように呼びかけていたそうで、かなりの人数が大損したようです。
以前から仮想通貨のICOについては詐欺案件など横行しており国内のみならず海外でも、注目されており、G20でも最大の焦点となっております。
国内でも被害者は多く存在しており、これから訴訟問題など発展する可能性も高いですね。

テレビ朝日系の人気番組「芸能人格付けチェック」でもお馴染みのGACKTですが、「さすがに今回のスキャンダルの落としどころが見えるまでは、各局、GACKTの起用は慎重にならざるを得ないだろう。」とバラエティー番組のテレビ関係者が発言しております。

野田氏もGACKTもしばらくは表舞台から消えてしまいそうだ。と予想しており、【野田氏は党重要ポストも厳しく】自民党総裁選へ意欲を見せていた野田氏はこの問題でピンチに直面している。

金融庁への圧力疑惑


朝日新聞が19日に報じた野田氏側の「金融庁への圧力疑惑」に始まっており、野田事務所でのやりとりについて情報公開請求をしたことが、開示決定前に金融庁職員から総務省職員、さらには野田氏側へ情報が漏れているようです。

野党側は野田氏にも「言語道断の行為だ。閣僚として失格だ」と厳しく批判している。
金融庁が同庁職員の処分を検討するとの見通しを示したのもあり、野田氏はさらに追い込まれていいます。
現在の流れとしては関係省庁を呼んで公開ヒアリングを行っているが、今後どうなるかはまだ発表されておりません。

今回のこの件に関しては、日本初の女性総理大臣を目指す野田氏にとってはこれは痛手となっております。
またせっかく仮想通貨市場が上り調子になってきた中での、また日本で起きた事件となっており、こちらが原因かはまだ最中ではないが、本日の仮想通貨相場は下落を見せています。

まとめ

今回は最近話題となっているSPINDLE(スピンドル)について話をまとめました。
仮想通貨をやっているもの、広めていきたいと思っているものにとっては非常に大打撃となってしまいます。

私はこのSPINDLE(スピンドル)は買わずに見送りました。
結構周りでも購入者がおりましたが、かなりの損を出しているようです。
一部の関係者のみが売り抜き、プロジェクト参加者、言ってしまえば今回のプロジェクトのために、出資を行ったものが損するという問題になってしまいました。

こう言った事があると仮想通貨を行っているものにとってはネガティブな内容になってしまい。
マヂメにやっているものが損してしまいます。
またこれからの仮想通貨市場を支えて行こうとしていくものにとって、マイナス要素にしかなりません。

ICOを購入する際は、周りが良いと言っても、必ず自身での下調べを行い、実現性が高いのかが重要になります。
投資は自己責任です。他人のせいにはできません。

実現性や将来性の見極めが大切になりますので、みなさんも気をつけて投資を行いましょう。

チャソしゃちょーの保有している仮想通貨ポートフォリオ

下記ポートフォリオは弊社のチャソしゃちょーが海外取引所のBINANCE(バイナンス)で保有している銘柄です。
昨年末から大幅な上昇を見せたTRON(TRX/トロン)を一番多く保有しています。

保有している仮想通貨前日比

チャソしゃちょーはスタートが昨年2017/10の時点で300万円でスタート致しました。

昨年年末の時点の1番良い時で、$124,000(¥14.000,000程度)はありましたが、現在は10分の1近くまで落ちてますが、

ここから取り返すと意気込んでいます!w

 

仮想通貨銘柄 時価総額 前日比 資産
TRX(TRON) $0.04 -0.22% $2130.32
XVG(Verge) $0.02 -4.28%  $686.46
XLM(Stellar) $0.30 -7.06% $2,196.30
APPC(AppCoin) $0.17 -5.27% $735.08
TRIG(Triggers) $0.30 -6.63% $265.80
WTC(Walton) $5.71 -4.70% $2620.89
WAVES(Waves) $2.59 -2.06% $678.58
STRAT(Stratis) $2.67 -7.90% $939.84
QSP(Quantsramp) $0.07 -2.34% $263.62

今日は本日記載したビットコインETFの件もありビットコインの価格は上がっていますが、やはりその分アルトコインが落ちてました。

昨日プラスにした分のほぼそのままマイナスとなってしまいました。

日付 資産 前日 損益
2017/10 ¥ 3,000,000 初期投資
2018/7/26 $15,718.51(¥1741249) $15,620.90(¥1738528) +¥129,625
2018/7/27 $10,562.87(¥1172980)  $15,718.51(¥1741249) 通貨(VEN)がハードフォークした為、損益不明

筆者タクの仮想通貨FX成績

筆者タクは仮想通貨FXをBitMEXにて行なっています。
1日で複数回のトレードを行うスキャルピングは現在の生活体系にあっていない為、
ハイレバレッジで1日1回の取引を行なっています。
ここではトレードを行なった日の成績を残していきます。

なおレバレッジは最大の100倍にて取引を行なっています。

初期投資は誰もがスタートしやすいように0.01XBT(開始日2018/7/17)で行なっていきます!

日付 買い地点 指値 売却地点 取引損益 取引前資産 取引後資産
2018/7/26  $8175 $8205 $8205 +$30 0.01BTC 0.013BTC
2018/7/27 $8000(売り) $7950 $7950 +$50 0.013BTC 0.018BTC

今日は下げ相場が続き、陽線(赤線)に上ヒゲも下ヒゲもついているので、上がる様子が全くない為、から売りにしました。

$8000で売り$50取れれば安パイかとおもい、$7950で決済指値を入れました。もう少し大きく利益を狙っても全然よかったかもしれませんね!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る