仮想通貨の取引所って種類多いですよね!どこがいいのか徹底調査!

今回は仮想通貨取引所の種類について記事を書いていこうと思います。

取引所ってどのくらいあるの?もっと安い手数料の取引所は?実際トレードしてるけどもっとオススメな取引所ってないの?などなど、取引所のいい点悪い点をお伝えできればなと思っております。

これから仮想通貨投資を行っていく人、もっと良い取引所を探している人などご参考になれば幸いです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)メリット!

国内最大級!信頼度は随一!

資本金は40億円、コインチェック9200万円やザイフ8億3000万円など、その他の国内大手取引所と大きく差をつけているビットフライヤー。1/26にコインチェックのハッキング事件などを考えても、資金力があればセキュリティは強くなるので、その他の国内仮想通貨取引所の中でも信頼度は非常に高い取引所です!!

また、大企業(三菱UFJキャピタル株式会社やみずほフィナンシャルグループ、第一生命など)が株主となっており、経営方針にサポートがあるのも心強いし、倒産のリスクはかなり低いのではないでしょうか?

今ではユーザー数・資本金で国内第一位を獲得しており、実績においても間違いなくオススメできる取引所です。

補償制度も完璧!!圧倒的安心感!

仮想通貨業界は最近できたばかりで制度はまだまだ未発達な部分が多いのが現状でその中でも補償制度も特に目立つ点ではないでしょうか?

現在銀行などが行っているペイオフ制度(何らかの銀行側のミスでお金を失った場合にお金が返ってくる制度)に当たるようなものはいまだにない状況です。

しかし、1月26日に起きたコインチェックのハッキング事件。これほど怖いものはございません。

常にハッキングのリスクがあることを考えれば、補償制度はユーザーにとってすごく大事ですよね!

そんな中で、何と!!

最も早く補償制度を制定したのがbitFlyerなんです!!

これを見る限り、二段階認証登録は絶対条件です!!!!

てかもやっちゃってください!!!そんなに手間はかかりません!!仮想通貨をやるなら絶対に二段階認証は必須です!!

補償制度としてはまだまだ不十分かもしれませんが、これからもっと補償制度や保険制度が増えてくると思いますので期待して待ちましょう!!
bitFlyer Lightningで上級者も楽しめる!!

bitFlyer LightningはTrading Viewを採用しており、テクニカル分析に必要な機能を豊富に取り揃えており、上級者も満足できるのではないでしょうか!

レバレッジもものによりますが最大15倍までとかなり大きくかけれることができます。FX取引をしたい方にも十分に対応できているといえますね!

bitFlyer(ビットフライヤー)デメリット

通貨数がかなり少ない

取扱通貨はダントツで少ないです。

ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナコインの6通貨しかありません。

仮想通貨の中でもかなり有名な通貨たちですが、他のマイナーな通貨を扱いたいという人には向いてない取引所です。

さらに、『取引所』で扱われているものがビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュのみであることに注意です。

他の通貨に関しては「販売所」で購入するしかないのです。

アルトコインは高すぎる!!取引所と販売所??は何が違う?

ビットフライヤーでは、アルトコインのほとんどが「販売所」形式での取引がされています。

「販売所」では取引手数料無料と謳っていてますが、実は見えない手数料スプレッドが取られているので非常に割高です。

通貨にもよりますが、「取引所」のおよそ10倍ほどの手数料が取られています。

アルトコインを購入する際には圧倒的に「取引所」形式での取引所で買うようにしましょう。

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)メリット

フライヤーと違い「取引所」であるため手数料や安い!

ビットバンクで取り扱っている通貨は全部で6種類。(これも少ないですが笑)

  1. ビットコイン(BTC)
  2. リップル(XRP)
  3. ライトコイン(LTC)
  4. イーサリアム(ETH)
  5. モナコイン(MONA)
  6. ビットコインキャッシュ(BCC)

有名な取引所「コインチェック」や「ビットフライヤー」では、手数料の高い『販売所』でしかビットコイン以外のコイン(アルトコイン)を売買することができません。

ですが、ビットバンクの良いところはすべてのアルトコインで手数料が安い『取引所』で売買ができるんですよ!

リップルとライトコインの現物を手数料の安い取引所形式で売買できる国内の仮想通貨取引所はbitbankだけです。

取引高が多く注文が成立しやすい

bitbankのこれまでのデメリットには「取引高が少ない」ということが挙げられましたが、

今ではなんと24時間取引高で世界19位になっているんですよ。

国内最大の取引所と言われる「bitFlyer(ビットフライヤー」は20位で、取引高ではbitbankが日本一となりました!

取引高が多いということは自分の欲しい量・価格で注文が成立しやすくなるということなのでそれだけでどんどん利用者が増えてくると思います!

取り扱っている仮想通貨の種類が少ない

先ほども言いましたが、ビットバンクの取扱いコインは6種類と非常に少ないです!!

bitbank(ビットバンク)デメリット

他の国内取引所と比較して極端に少ないという訳ではありませんが、やはり海外の仮想通貨取引所と比べると圧倒的に少ないです。逆にこの6種類しかトレードしません!という人には文句のない取引所です!そこは使用用途に合わせて選んでくださいね。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)メリット

金融庁の認可も受け、セキュリティが万全!!

Zaifは大手の取引所で仮想通貨の流通量や取引高も国内では高いほうなので非常に安心感があります

またセキュリティに対する意識は高いので二段階認証はもちろんのこと、資産の不審な動きがあると本人確認の電話が来ることもあるようです。

ただCoinCheck(コインチェック)でのNEMコイン不正流出問題などもあり今や大手だから安心ということも言えなくなってきていますが…

ただ、今まで盗難や不正流出がなかったわけではないのでやはり自己管理が必要です!以下のことは必ず行うべきでしょう!

低リスクで安定して稼げる?!~Zaifコイン積立~

そもそもコインの積立投資とは何か説明しましょう!『積み立て』とは預金の積み立てといったように一定期間ごとにお金を少しずつ預金していくということです。これと同じで積立投資では毎月いくらかずつ自動的に仮想通貨を買っていくというシステムになります。

積立投資はドル・コスト平均法といった有名な投資の手法の一つでもあります。

Zaifコイン積立はドル・コスト平均法という投資の一種になります。

相場の上がり下がりにかかわらず一定の金額を買い続けるため、価格が高いときは高値掴みのリスクを避けて少量を買い、逆に通貨の価格が上がったときは多く買うことを自動的に行うので平均として安定した利益を得ることができます。

ローリスクでも長期的には一定の利益を上げることができる可能性が高いのが最大のメリットです!

仮想通貨に将来性を感じるがハイリスクな投資はあまりしたくないといった方にはおススメです!

アプリとウェブの操作性が悪い

ZaifのアプリはSNSなどでもユーザーの使いずらいと言われていますね。

その理由の一つとして、コインチェックのように一目で他の仮想通貨の価格変動を確認できないことです。

やはりCoinCheck(コインチェック)のアプリがかなり使いやすいために、つい比較されやすいです。

積立投資や長期保有を目的としている方にはあまり気にならないと思いますが、1日に何回もチャートを見る短期トレーダーにとっては見やすさはかなり重要な要素になってきますよね!ですので少し不便さを感じることが多いと思います。

サーバーが落ちやすい!それで損した人も大勢…?

これが一番の最大のデメリットといえるかもしれません。

Zaifはサーバーが弱く取引をしようと思ったらサーバーがダウンしてしまい機会損失するという話もよく聞きます。

特にCOMSAが取引できるようになった時などはサーバー落ちが頻繁に起こっていたらしいです。

また、サーバーが重く売買注文が通らずに損益を被ったり高値をつかまされたりといのも実際に私も経験したことがあります。取引をする際は注意してください。

Binance(バイナンス)

取扱通貨が豊富

Binance(バイナンス)は現在、140種類程の仮想通貨を取り扱っています。

国内の仮想通貨取引所ではせいぜい十数種類というのが多いので、取扱い銘柄が多いので投資する選択肢が非常に増えます!

  • 銘柄が非常に多いので投資の幅が広がる
  • 10倍、100倍になる夢のある通貨を見つけられる可能性がある

など銘柄が多いだけで、多くのメリットがあります。

バイナンスコイン(BNB)でさらに手数料を半分にできる

一律0.1%と、ただでさえ手数料の安い取引所Binance(バイナンス)ですが、実はこの取引手数料をさらに半分にする方法があるのです。

それは、【バイナンスコイン(BNB)】というBinanceは独自のBNBというコインを使うことです!

このバイナンスコイン(BNB)を取引手数料の支払いに設定することで、手数料の割引を受けることが可能となります。

ちなみにバイナンスコイン(BNB)を利用することによる割引率変わってきますので、確認が必要となります。

仮想通貨取引所の種類についてのまとめ

今回は有名どころでなおかつ使いやすい取引所をあげてきましたが如何でしたか?

知っている方も多い取引所だったかなと思います。今回あげた取引所は使いやすさはもちろん今後も使われ続ける取引所だと思います。

ご参考になれば幸いです!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る