スズキ、不適切検査を受けて午後1時から記者会見

日本の車メーカーの1つであるスズキが今回発覚した不適切検査に関する情報について、今日の午後1時に都内で会見を開くと社長の鈴木俊宏氏が発表しました。

不適切検査の内容とは


日産自動車、SUBARUで燃費や排ガス検査に関して不正が発覚したことを受けて、国土交通省が四輪、二輪会社らに調査を求めていて実施したところ、スズキでも出荷前の新車の燃費、排ガスの測定で失敗したのにも関わらず有効としていたことが発覚しました。スズキは2012年6月~今年7月に、1万2819台のうち6401台(49.9%)という数の車が不適切検査であることが発覚しました。約半数が不適切検査というのはちょっと信頼にかけますよね。日産自動車が先月会見を行っていたので会見続きということになります。

他のメーカーの調査結果はどうなのか

今回スズキが会見するということですが、マツダやヤマハ発動機でも出荷前の新車の燃費、排ガス検査において失敗した測定を有効としたことが発覚しました。マツダは2014年11月~今年7月に72台(3.8%)、ヤマハ発は2016年1月~今年7月に7台(2.1%)が不適切検査されていた数となっています。

国土交通省の今後の対応について


国土交通省はスズキ、マツダ及びヤマハ発動機への対応として、まずは報告された内容をしっかりと確認して場合によっては厳正に対処する考えでいるそうです。またまだ報告がきていないメーカーの報告内容は追って公表するそうです。さらに今回の測定での不適切検査が行われていたことをふまえて、省令を改正し、自動車メーカーは完成した時に測定した値などをしっかりと記録して保存をするとともに、その記録を書き換えた際に書き換えたことがわかるような措置をとるまたは書き換えが一切できなくなるような措置をとるということで、8月10日にパブリックコメントを行う考えだそうです。パブリックコメントとは、法令や省令を決めようとする際に、あらかじめ案を公表し、国民から意見や情報を募集する制度です。もしパブリックコメントをしたい場合は国土交通省のホームページからできるので、興味がある方はしてみるといいと思います。

今回の不適切検査報道によって株価への影響はあるのか

今回の報道によってスズキの株価は前日比で約470円も下落してしまいました。マツダやヤマハ発動機も同様に株価が下落しています。やはり不正などの報道がされると株価は下がってしまいますよね。今後の国土交通省の発表やスズキの会見内容によってまた株価に影響がある可能性があるので注意する必要があると思います。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る