仮想通貨投資で勝つための道!初心者は勝てない?

儲かる仮想通貨第二弾!前回は勝つためには、タイミングと裏付けが必要ということで記載させていただきました。
仮想通貨投資は好きな仮想通貨を買って価格が上昇したら売却すると言った売買トレード、もう一つはICO(Initial Coin Offering/イニシャル・コイン・オファリング)投資と言った、まだ取引所に上場していないものを購入し、上場後の価格が上昇した時に売却する投資術。あとはマイニングと言った自分でGPUやCPUを使用した仮想通貨を採掘する大まかに3つの方法があります。

今回この記事では初心者の方がハマりがちの落とし穴と勝つための道について記載していきます。

勝つための仮想通貨トレード


仮想通貨のトレードというと安かって高くなったら売るというものを想像されると思います。
確かに昨年の買ったら必ず上がると見えているときはそれで良かったかもしれません。事実私もそれで大分勝つ事が出来ました。

しかし今年に限っては、購入してから売却にまでの時間がかかり過ぎてしまったり、「購入時の価格から下がってしまった」という事を皆さん経験された事があるのではないでしょうか?

初心者は仮想通貨トレードで勝てない


初心者の方は最初のうちは数回勝つことは出来ますが、継続して勝つことは難しいと言われております。
一つは【情弱】だからと言えます。仮想通貨を初めてトレードをするときに、初心者の方は「とりあえずチャートを見て今上がってきたからこのまま上がるだろう」など安着な考えで買いの注文を入れて結果的に上がったらラッキーというトレードを行うことが多いです。
もう一つはチャートを見過ぎてしまい少しでも下がってしまうと、それ以上に下がってしまうのではないかと思い決済してしまうので負け込んでしまうというのが良くありがちです。多くのトレーダーは始めた当初こんな事あったなーという記憶があるのではないでしょうか?
一口に情報と言ってもなんの情報が必要なのか悩むところです。
例えばある国が仮想通貨取引を規制しました。というニュースがあったとします。もちろんこの際はビットコインやイーサリアムと言った仮想通貨の価格は下落します。
こう言ったニュースの他にもどこどこの国で新たな取引所が作成されリップルが基軸になった。などのニュースは大きなニュースサイトでは取り上げられづらい情報になり、調べないと得づらい情報になります。こう言った情報をこまめに調査するのは勝つための取引を行う上で必須になります。
仮想通貨で勝つために必要な情報を得ましょう!

仮想通貨はファンダメンタルズなのか?


投資家たちは株式や債券の資産運用をする際に投資銘柄の適正価格を測ろうとします。市場価格は長期的にはファンダメンタルズに基づく適正価格に近づくと考えられているからです。しかし現状ビットコインにはファンダメンタルズが無く、ビットコインの適正価格がわからないと言われております。

ビットコイン(BTC)の価格は、2017年初頭には1BTC=1000ドル付近で推移していましたが、12月には20,000ドルまで上昇しました。
その後、価格は大きく下落しました。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、既存の金融商品と比べボラティリティが高く歴史も浅いため、ファンダメンタルズの指標となる数値データが乏しいの原因です。

ファンダメンタルズを理解する事が成功への道?


一方でビットコイン(BTC)の最近の価格の上昇には中国からのキャピタルフライトが大きな要因であったとのも言われております。2016年までのビットコイン(BTC)の取引量の90%以上が中国からの取引だったからです。ビットコイン(BTC)の匿名性を多くの中国人投資家が利用していたようです。しかし、2017年には中国のビットコイン(BTC)への規制が強化され、取引所は全面的に禁止とされ、その後ビットコイン(BTC)の取引量は大幅に下落しています。

現在のビットコイン(BTC)の価格上昇に関しては、2000年代に起きたテックバブルに似ていると言われております。新たな技術への期待感から価格の上昇がさらなる価格の上昇を呼んでいると分析されており、テックバブル期には多くのIT企業が収益を上げていない状態でも株価が上昇していた事をその要因とされております。
同時期には多くの投資家が次のマイクロソフトを探していましたが、ファンダメンタルズが市場価格と乖離していました。相場が弱気相場に突入すると多くのIT企業の株価が下落していたことから、ビットコイン(BTC)の現在の価格が一旦弱気相場に突入すれば大きく下落すると予想されております。

ビットコイン(BTC)の価格は、昨年の同じ時期と比べると約10倍と好調のようにみえる一方で、ここ一ヶ月間では価格が約30%近く下落しており、弱気相場突入の兆しも垣間見えます。最近は仮想通貨市場全体が伸びていたため、どの仮想通貨を保有していても価格が上昇をし利益を上げることができました。しかし、現在が弱気相場の入り口であれば、市場価格が適正価格からかけ離れている仮想通貨から価格が下落する可能性が高く、今後はファンダメンタルズ重視の投資手法が成功の鍵となるのかもしれません。
次回は仮想通貨価格が下がっても勝てる方法を紹介します。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る