ビットコイン採掘の発行上限がきたらどうなる?

ビットコイン(BTC)には採掘(マイニング)の発行枚数の上限がある事はご存知でしょうか?では実際に発行上限が来たらどうなるのかきになるところではないでしょうか?ビットコイン(BTC)は円やドルなどの法廷通貨と違い発行数に上限が存在しております。
そしてビットコイン(BTC)の発行上限数は2100万枚となっており、上限に達してしまえばビットコイン(BTC)はこれ以上増えなくなります。増えない=ビットコインが終わると思っている方も多いのではないでしょうか?
特に現在ビットコイン(BTC)を持っている方は悩んでいる方もいると思います。ではビットコイン(BTC)の発行数が上限に達した場合どうなるのかについて説明して行きます。

発行枚数の上限に達したら?


発行上限がくるとなった時はビットコイン(BTC)の購入ができなくなるかどうか気になるところだと思います。
発行上限に至ったと言う事はビットコイン(BTC)が全て世の中に出回ったと取ることができます。新しく購入ことができなくると勘違いされる方もいらっしゃると思いますが、しかしそう言うわけではありません。ビットコイン(BTC)は現在取引所や販売所によって売買による取引が行われています。買う人がいれば売る人もいるということであり上限に達したとしても取引が継続されていれば購入することは可能となります。

なぜ発行上限があるのか?


ビットコイン(BTC)は仮想通貨であり、データや暗号によってで構成されております。無限に作成できると考えられるので、上限を決める意味はありませんが、実際に上限なくすことも可能です。しかしこの上限があるためにビットコイン(BTC)はその価値を保つことができています。金に価値があるのも入手の困難さと資源に限りがあるからとされております。もし金が無限に取れるようになった場合は、その時点で現在のような価値はなくなってしまいます。ビットコイン(BTC)も金と同じで発行上限が決められているからこそ手に入られる量に限りがあり、価値があるのです。

あと何年いつまで発行できのか?

あと何年やいつまで発行できるのか気になるかと思います。現時点では発行上限に達するのは2140年と言われております。発行上限に達するまで行きているのかも分からないレベルですが、それに近い99%発行されるのは2033年だと言われております。十年と少し後には大多数のビットコイン(BTC)がほとんど発行されてしまいます。全てのビットコイン(BTC)が発行されるのが2140年頃ですが、実は2033年にはすでに99%のビットコイン(BTC)が発行されてしまい残りの1%は108年かけて発行されると言うことです。

発行上限に達するとマイニングはされないのか?


これもかならず聞かれることですが、ビットコイン(BTC)は発行量が上限に達してしまうと、もうマイニングはされないのかというのをよく聞きますが、そうではありません。ビットコイン(BTC)が発行上限枚数に達するとマイニングをしても新規のビットコイン(BTC)採掘を受け取ることはできませんが、取引手数料をマイニングの報酬として受け取ることができます。ですのでマイニング自体なくなることはありません。

ビットコイン(BTC)には半減期が訪れる?

ビットコイン(BTC)の採掘上限はどのように向かっていくのか。半減期が来るとビットコイン(BTC)の価値は高騰し始める。ビットコイン(BTC)の半減期は既に決まっております。決められた量まで発行されるとその時が来ます。ビットコイン(BTC)のマイニングが始まったばかりの頃は報酬として50BTCが報酬としてもらえましたが、2017年時点では12.5BTCにまで減りました。現在半減期は4年ごとに訪れているとされております。そのため途中に何かしらビットコイン(BTC)に影響のある事件が起きなければ、次は2021年ごろに半減期が来ることになるのです。

半減期というシステムがある理由はビットコイン(BTC)の発行上限が決まっていることにも関係しています。
半減期がないと、マイニングによってあっという間にビットコイン(BTC)が採掘されてしまうからです。そのため半減期を設けて発行枚数を減らすことでハイパーインフレを防いでいるのです。

2009年 50BTC
2013年 25BTC
2017年 12.5BTC
2021年 6.25BTC
2025年 3.125BTC
2029年 1.5625BTC
2033年 0.78125BTC

マイニングをしない人間には関係のない話のように聞こえますが、ビットコイン(BTC)の取引をしている人間であればこの半減期は非常に重要です。なぜならビットコイン(BTC)の半減期が来た時、その仮想通貨市場は価格が上昇して高騰する可能性が高いからです。その理由としては報酬が減るということはもらえるビットコイン(BTC)が減ることになります。手に入るビットコイン(BTC)が減ればその分希少性も高くなるのです。

2033年まで価格は右肩上がり?

半減期で価値が上がるのを見れば分かるように、ビットコイン(BTC)の価値は年が進むごとに上昇するといえます。もちろん常に上昇しているわけではなく暴落する時もありますが、市場全体として見ればそのまま右肩上がりになるでしょう。

また半減期でなくても発行上限が近づけば、発行される枚数は減ってきます。そうなると持っているビットコイン(BTC)の価値は上がるため比例してまた上昇しやすくなるといえるのです。これは先程出した金の話と同じことになります。

そして仮想通貨に関する知名度もポイントで、少し前に比べるとビットコイン(BTC)も多くの方が知るようになりました。知る方が多くなれば手を出す方も多くなり、その分ビットコイン(BTC)の価値に影響を与えます。そうなれば年が進むごとにその市場の動きもより活発になるでしょう。

まとめ

ビットコイン(BTC)の発行枚数上限が来ても購入、取引は可能でマイニングが止まることもありませんので心配する必要は全くありません。希少性の問題で価値が上がっていく傾向にあるため、入手するのは今が非常にチャンスと言えます。ビットコイン(BTC)の希少性のことを考えて半減期ギリギリまで持っていても良いかもしれません。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る