阻止できない詐欺?イーサリアムの問題が悪化している!?

イーサリアムの穴

今回はなんとあのイーサリアムには問題があったようです!!

7月には、似た製品を小さいコストで高いリターンを約束し、投資家にとっては詐欺なものという人たちもいましたね。

しかし、これらのアプリケーションで観察されるユーザー数と取引量が高い場合、消費者が直面しているリスクに対する懸念も当然高くなります。既に搭載されているのは、リスク虚偽で知られていない技術者からの警告であり、開発者自身を含むグループです。

先週、同ゲームのほぼ同じコピーであると思われるものがネットワークの総計算能力の3分の1を占めていたことを警告した悪名高いギャンブル・ダッポFOMO 3Dの背後にある匿名の開発者であるチーム・ジャスト(JUST Team )7日間で7百万ドル以上のETH を引き上げました。

チームJUSTはCoinDeskとの公然と非公式のコミュニケーションの両方で、偽のボット主導のゲーム活動を表示することによってユーザーを「騙す」と言われたLastWinnerと呼ばれる中国のモバイルアプリであると主張しています。

具体的に言うと、JUSTチームは、ゲームがコンピュータのボットによって実行される何千ものトランザクションに燃料を供給するための手段として、200,000のイーサリアムを使用すると主張しています。ユーザーが自分のイーサリアムに期待感を与えるためかもしれませんね。

「Justo_Bot」という仮名を持つチームJUSTのリードデザイナーの一人は、LastWinnerが犯罪者によって運営されている可能性があることをユーザーに警告する、チャンネル全体のDiscordポストで発言を致しました。

以下が発言した内容になります。

“このウォレットの規模やボットの規模、本当に中国でこれを実行していて、今までに見たことがないイーサリアムネットワークが人々を詐欺させようとしていると思う…すごく悪いですね。”

分析の限界

 

懸念しているのは開発者だけではありません。

LastWinnerと言われる新しいギャンブルによって引き起こされたトランザクション活動の狂気の上にユーザーとアナリストは同様にいくつかの異なるオンラインチャネルで警鐘を起こしました。まず、正確に何が起きているのかを明らかにする問題がありました。

発売後の日に、このアクティビティが目立っていたこと確認し、ユーザーが模倣するように設計されたものであっても、アプリがどのように優れていたかを指摘しました。1人のユーザが目撃証言に相当する時間に証言しているように、

「これは間違いなく最も一般的なF3Dクローンであり、オリジナルを非常に簡単に凌駕しています。」

事実、この活動はデータ提供者によって迅速に異常として識別されました。

Blockchainの監視と分析の会社Amberdataは、CoinDeskに対し、「FOMO 3Dギャンブルアプリのクローン」の結果として、ethereumブロックチェーンが大きな負荷をかけていると説明しました。

全体的に、約50.7Mの価値(入金:$ 29,000,000と出金:$ 21,750,000)がこの契約を介して伝達されている”と推定しています。

Validity Labsの研究と分析の責任者であるAleksandra Sokolowska博士も、「高度に調整され自動化された」相互作用がコンピュータ・ボットを示唆していることに同意して活動を取り上げました。

それでも、彼女は真実の名前が何であれ、本質を完全には確かめることができないことを説明して、CoinDeskの電子メールアドレスで締めくくりました。

「ソースコードが表示されていないので、コードの目的が何であるかを知ることは非常に難しい。誰かが意図的にSibylアカウントを使って人為的なトラフィックを生成してそのようなゲームをプレイすることを奨励する可能性がある一部またはすべての資金。

様々な問題が浮かび上がっているイーサリアムですが、これからも問題になっていくでしょう。

今後のイーサリアムの動きには注視していかなくてはなりませんね。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る