ビットコインのマイニング(採掘)コストはどのくらいかかる?利益と絡めて解説!

ビットコイン(仮想通貨)で稼ぐための方法の1つとしてマイニング(採掘)がありますが、マイニングをするには機器の購入や電気代などのコストが必要となってきます。今回はビットコインを例にだしてマイニングは儲かるのか、マイニング(採掘)コストがどれくらいかかるのかを解説していきたいと思います!

マイニングのコストについて

マイニング(採掘)のコストにはマイニング機器の購入や電気代がかかります。
それぞれ説明していきたいと思います。

マイニング機器

マイニング機器を購入するために必要なコストは1万円から高いものでは10万円くらいかかると言われています。性能が良いマイニング機器がどんどんリリースされていく中で、マイナーは他のマイナーとの競争に勝つためにマイニング機器を買い換えるため、多くのコストがかかると思われます。マイニング(採掘)コストの半分がマイニング機器の購入であると言われてるくらいです。

電気代

マイニング機器を稼働させるには当然のことながら電気代が必要となってきます。マイニング機器はずっと稼働させておかなければいけないのでどうしてもかさんでしまいます。
消費電力(kWh)の計算方法は機器のW数÷1000×24時間×30日となっています。この計算式で出た値に電気料金をかけると電気代を計算することができます。今回はASIC機器で有名なAntminerS9を例に料金を計算していきます!
AntminerS9は1323Wの電力を消費するので、
1323W÷1000×24時間×30日=952.56kWh
電気料金はプランによって違いますが、22円と仮定すると、
952.56kWh×22円=20956.32円となります。
かなりの電気代がかかることが分かります。ASIC機器のようなハッシュレートが高いものを使用するとどうしても消費電力が多くなり、結果的に電気代がかさむことになります。
また、ビットコインマイナーがこれからさらに増えていくと、マイニングの難易度があがり、それによってマイニング機器の消費電力がさらにあがります。そのような状況になると現在より電気代がかかることになります。

マイニングで稼ぐことができるのか


8月28日現在ではマイニングで大きな利益を期待することは正直できず、利益は微々たるものだと言えるでしょう。理由はビットコインの価格が現在79万円ほどまで落ちていることがあります。ビットコインの価格が現在よりもっと高い時はコストがビットコインの価格より少なく、年利が300%などマイニングによって得られていましたが、現在ではビットコインの価格とマイニング(採掘)コストがほぼ同じという状況になっており、あまり利益が見込めないという状況になっています。またマイナーは取引手数料によって利益を得ていて、昔は3400円でしたが、現在は50円ほどになっています。電気代は中国と比べて高いところも利益が期待できない理由となっています。中国はマイニング(採掘)コストに関係なく利益を見込めると言われており、マイニングプールのトップ5のうち4つが中国とも言われているくらいです。中国は水力発電による電力によって安い電気代を実現しています。

マイニング(採掘)コストを少しでも減らすために

マイニング(採掘)コストがかなりかかるというのはわかっていただけたと思います。そのコストを少しでも減らすための方法を紹介していきます!

GPUマイニングにする

ASIC機器はハッシュレートが高いため演算能力が優れていますが、どうしても消費電力が多くなります。なのでパソコンのGPUを使ってマイニングすることで消費電力を抑えることができます。消費電力が500Wくらいなので電気代は8000円くらいまで減らすことができます。

電気代のプランを見直す


電気代のプランにはマイニングをする方向けのプランを用意しているところがあります。その中でおすすめはLooopでんきです。全国の電力会社と比較して最安値となるようなプランがあります。ここでは詳しく説明することは割愛させていただくので、プランを見直したいという方は公式サイトをご覧になってみると良いと思います!
Looopでんき公式サイト

ワットモニターの購入

ワットモニターとは、電気の使用量、料金などが数値で詳しく把握することができます。これくらいの消費でこれだけの料金がかかるのかとしっかりと計画をたてたい方にはおすすめです。4000円くらいのものがあるので導入するのは良いと思います。

クラウドマイニング


クラウドマイニングはマイニングをしている企業、団体に出資することでマイニングで得た利益を一部報酬としてもらうことができるシステムです。自分で機器を購入したり電気代がかからないのでコストを全くかけたくないという方はこの方法が一番良いと思われます。しかしクラウドマイニング詐欺は少なからず存在するので、それを見極められることが重要となってくるでしょう。

まとめ

マイニング(採掘)コストと現在のビットコインの価格を見るとあまり利益が期待できないことがわかりました。ビットコインの価格が上がればいいのですが、現時点では上がるような要素がないので難しいと思います。ビットコインの承認方法がPoWからPoSになるかもしれないと言われていますが、その場合はマイニングの際に電力を必要とせず、ビットコインの保有率によって報酬が割り当てられるので、利益率は変わってくると思います。日々情報を得てどうなるか長い目で見ていくことが重要でしょう!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る