ビットコイン投資の儲かる仕組みとは?【良くある失敗談】

ビットコイン投資はここ最近の急成長によって、ビットコイン投資家が急激に増加し、ビットコインの価格上昇に拍車を掛けています。
ビットコインブロックチェーンアドレスの保有数で確認すると、2014年8月の時点ではビットコインアドレスが約200万アドレスしかありませんでしたが、2018年8月現在では約2800万アドレスにまで増加しています。わずか4年で約14倍ものビットコインブロックチェーンアドレスが増加しています。

実際には複数のアドレスを保有している方もいるので、2800万人よりも下がってしまいますが、このようにビットコインの投資家が増えて仮想通貨の取引が増加していることによって、ビットコインの価格の動きは鮮明になりました。

ビットコイン投資の儲かる仕組みは?


ビットコイン投資は今すぐどうのこうのっていうよりも1年後や将来的に価値があると判断されれることで値動きしています。

将来性があると判断されれば価値が上がりますし、反対に今後は規制などで淘汰されると判断されれば価値が下がっていくことになります。未来の有る無しでビットコインの価値が決まっていくという事になりますね!

ビットコイン投資で儲かるようになるためには、ビットコインの状況変化を確認して将来的に良いニュースなのか悪いニュースなのかという、状況変化に対応する事がキーポイントと言えますね!

ビットコイン投資を行うリスクは?良くある失敗談

どんな投資でもそうですが、投資した資金を損失してしまうリスクがあります。では実際にどのように損失を出してしまうのか、具体的にしていきましょう。

良くある失敗談①ビットコインの価値が暴落する

ビットコイン投資で負けてしまう良くあるケースとして、ビットコインの価格が暴落した際に焦って売ってしまった事による損失発生。
ビットコイン投資は、他の投資の株式やFXよりもボラティリティーが大きい特性があり、大きく価値が上がったり、逆に大きく下がってしまうことがあります。たった数分や数時間で価格が10%以上も値上がりや値下がりするほどのものもあり、理解していないと焦って売却してしまうことがあります。

しかし、こうやって暴落があった1時間後には反動で元の価格に戻ることもざらにありますので、強いメンタルを持つことが重要です。

良くある失敗談②少し動いたらすぐに売ってしまう

先ほど記載したように、ビットコインはボラティリティーが非常に大きい特徴があります。そのボラティリティーの高さに気後れしてしまい、多少の価格変動ですぐに売却してしまうケースも良く見ます。あらかじめ自分が欲しい利益を決めておき、この金額になったら決済と指値の注文を入れておき、あとはチャートを見ないというのも良いかもしれません。

筆者も基本的に指値の取引でこの金額で買う、売る時もこの金額で売却というようにしていますので、負けることはないです。
どんな投資でもそうですが、チャートなどを見てしまうとお金を運用しているので、十分な戦略を立ていないと一瞬の出来事でメンタルが大きく乱れて儲かるチャンスを逃してしまい、結果的にビットコイン投資が失敗してしまいます。

皆さんご存知の堀江貴文氏が発言していたように、
「きちんと投資戦略を立ててキーポイントに沿った投資を行う」これを実践できればビットコインで儲かる可能性は存分にあります。

まとめ!儲かる仕組みは作りをしよう!

どんな投資でも投資先の情報を仕入れておくことが重要となります。

特にビットコイン投資は、そのボラティリティーが高い特徴があることから、ビットコインや他のアルトコインなどの仮想通貨に関する情報が入ってくることで、一瞬で値動きがします。ですので、何の情報も知らないで投資を行ってしまうとその値動きにで遊ばれていしまい、結局儲かることが出来ずに負けるひとになってしまいます。

投資は情報戦と言われております。たくさん情報を仕入れたものが勝ち、情報が足りない情報弱者は失敗して本当に弱者になってしまう厳しい世界です。

情報をたくさん仕入れて、この通貨でどのタイミングで買う。またはどのタイミングで売るといった、しっかりとした仕組み作りが、ビットコイン投資で勝つためには重要だと言えます。ただ単に誰々が良いと言った。とか今流行っているから。みたいな感じでやってしまうと自ら損をしてしまいますので気をつけましょう!投資はあくまでも自己責任なんです

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る