仮想通貨の種類はこんなにもある?海外では決済が当たり前な仮想通貨!

仮想通貨は最近メディアで取り上げられ、認知度も年々上がってきています。

仮想通貨=ビットコインと思われがちですが、仮想通貨には種類がたくさんあるんです!

海外では仮想通貨払いが当たり前になっている国もあるんですよ!日本ではまだ導入しているお店が少ないのも事実ですが、今後導入される数が増えてくれば、仮想通貨払いもできるかもしれませんね!

今回は仮想通貨の種類ってどのくらいあるのか?種類はさまざまありますがそちらをご紹介したいと思います!

ビットコイン(Bitcoin,BTC)の特徴

ビットコイン(Bitcoin)の最も特筆すべき特徴は、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳を利用することで、誰もが不正不可能なお金のやり取りを行うことができることです。

現在の銀行送金は手数料も途中でお金がなくなってしまうリスクも高いですが、ブロックチェーンを利用することで手数料もリスクも抑える事が可能になります。

日本でも、ビックカメラやH.I.S.など数多くの店舗で実際に決済手段として利用され始めています。

ビットコイン(Bitcoin,BTC)の今後・将来性

代表的なものは、送金情報を処理するのに時間がかかることでなかなか実用化が現実的ではないスケーラビリティ問題や、少額の決済をし続けると手数料が非常に大きくなってしまう手数料の問題が挙げられます。

イーサリアム(Ethereum,ETH)の特徴

イーサリアム(Ethereum)とは、スマートコントラクトを実装した分散型アプリケーション(DApps)の開発が可能な​プラットフォームです。

ビットコイン(Bitcoin)が決済手段を目的に作られた仮想通貨だとすると、イーサリアム(Ethereum)はアプリ開発を可能にし決済だけでなく様々なサービスを提供可能なプラットフォームを目指し開発されています。

イーサリアムはイーサリアムの強みであるスマートコントラクトを使って分散型のアプリケーション「DApps」の開発が多く進められています。そのアプリケーション内で使える独自のトークン(ERC20トークン)を利用したサービスを提供することが可能です。​

イーサリアム(Ethereum,ETH)の今後・将来性

イーサリアム(Ethereum,ETH)のブロックチェーンを利用したDAppsでは、そのアプリ内で使える独自トークン(ERC20トークン)を発行することができます。ERC20トークンが活発になればなるほどその母体であるイーサリアムは活性化され、知名度やコミュニティもさらに広がりやすくなるでしょう。

リップル(Ripple,XRP)の特徴

リップル(Ripple)は、既存の送金システムの改善を目的として開発されたシステムです。このシステム内で使われている通貨が「XRP」です。

Googleからも出資を受けていて、新たな送金システムの普及を目指すリップル社の高い将来性が期待されています。

ただ、リップルの管理は全てリップル社によって行われるいわゆる「中央集権」で行われています。また、未だに多くのXRPはリップル社によって保有されているので、もしリップル社が破綻したり内部不正が行われたりするとXRPの利用価値が無くなってしまう可能性があります。

リップル(Ripple,XRP)の今後・将来性

リップルの手数料は安く、送金スピードもとても速いので銀行など金融業界から注目されています。住信SBI銀行やみずほ銀行など国内の名だたる企業も提携を発表していて、アラブ首長国連邦(UAE)やサウジアラビアの中央銀行も国際決済システムとして導入することを発表しています。

今後リップルのシステムは金融業界で幅広く取り入れられることは確約されていると言っても過言ではないでしょう!

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH,BCC)の特徴

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は2017年8月のハードフォークでビットコインの分裂通貨として誕生したコインです。ビットコインの問題点であるスケーラビリティ問題を解決していて、1つのブロックのデータのサイズの大きさはビットコインの8倍です。送金手数料もビットコインと比べ、格段に安くなっています。時価総額はビットコイン、イーサリアム、リップルの次の第4位につけています。

また、ビットコインキャッシュのマイニングはPCをフルノード(ブロックチェーン履歴を全てダウンロードしている状態)にしておかなければなりません。しかもそのブロック一つあたりデータ量はビットコインの8倍なのでフルノードにするためのハードルも非常に高いです。このため、ビットコインキャッシュのマイニングへの参入障壁はかなり高いと言えます。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH,BCC)の今後・将来性

ビットコインは主に決済目的で扱われていますが、ビットコインは送金速度が遅く手数料も高いのが現状です。現在ビットコイン決済が取り入れられている店舗での決済方法がビットコインキャッシュに置き換えられる可能性もあります。

また、ビットコインキャッシュはマイナー主導で作られたコインで、フルノードになる利点がマイナーにしか存在しません。このため、マイナーが優位になってしまいます。今後どのようにユーザーによったシステムを導入して非中央集権的なコインになれるかは今後の課題です。

まとめ

今回は仮想通貨の種類について有名なものを取り上げてきました!

いかがでしょうか?中には知っているものがあったかもしれません!

仮想通貨の知識を少しでも蓄えていただけたら幸いです!

 

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る