ビットコイン(仮想通貨)の儲かる人について解説!

ビットコイン(仮想通貨)がCMや番組で紹介されることでビットコイン(仮想通貨)の名前は世間に広がったと思います。しかし投資の観点から見ると本当に儲かるのか、怪しくないのかなどのネガティブな意見が多いのが現状だと思います。今回はビットコイン(仮想通貨)で儲けた人たちのことや儲かる人とはどのような人なのかを解説します!

ビットコイン(仮想通貨)で儲けた有名人とは

ビットコイン(仮想通貨)は芸能界やビジネス業界の中では世間に広まる前から話題となっていたみたいで、多くの方がビットコイン(仮想通貨)に投資しています。今回はビットコイン(仮想通貨)に投資している有名人の中で儲けた方を何人か紹介していきたいと思います。

堀江貴文

ホリエモンの愛称で知られている起業アドバイザーなどのビジネス展開をしている堀江氏ですが、まだビットコイン(仮想通貨)の価格が低い時に注目し、注目していた通貨は実際に価格が高騰しています。彼自身もビットコイン(仮想通貨)に投資をしていて利益を出しています。堀江氏は本やメディアでビットコイン(仮想通貨)の将来について解説している上に、ツイッターではビットコイン(仮想通貨)についてのツイートをしています。ビットコイン(仮想通貨)の情報について知りたい方はフォローしておくといいと思います。
堀江貴文公式Twitter

GACKT

歌手や俳優として活動しているGACKTはビットコイン(仮想通貨)に注目していて、以前10年後には紙幣がなくなる世の中が必ず来ると発言していました。GACKT氏はSPINDLE(スピンドル)でICOを開始して、当初はかなり注目されて投資する人が多かったですが、上場後価格が暴落し損失を出す人が多発しました。スピンドルには野田聖子総務相も関わっていていろいろと働いていたようです。この関与については別の記事で解説しているのでぜひご覧になっていただくと理解が深まると思います!

GACKTと野田聖子議員揃って終了のお知らせ

ボビーオロゴン

外国人タレントとして活動している傍投資をしていて、投資を始めたきっかけは父が貿易商ということで6歳の頃から投資を始めていると発言しています。ビットコイン(仮想通貨)の投資は8年前から始めているということでまだビットコインの価格が0.2円くらいなので先を見通す力がすごいですね…

ビットコイン(仮想通貨)で儲ける人の特徴とは

ビットコイン(仮想通貨)で儲ける人の特徴にはいくつか要素があると思っています。それについてそれぞれ説明していきたいと思います。

時代の流れに敏感

ビットコイン(仮想通貨)はデジタルな通貨でありますが、このようなモノは情報の流れが早く、日々いろいろな情報が溢れています。他のモノを例に挙げるとFintechやAI、デジタル広告などがあると思います。流れの早い情報を知るためには様々なベクトルにアンテナを張って、ネットなどのメディアから自分で情報を見つけるということは重要になってきます。また仮想通貨セミナーや仮想通貨に詳しい人たちに実際にお話を聞きにいくというのも、情報を手に入れるには重要となってきます。セミナーなどにいくことでより深い情報を聞けることがあるので、時間がある時はぜひ行ってみてください。

ビットコイン(仮想通貨)をすぐに売らない

ビットコイン(仮想通貨)は短期的に利益を得ようとしてもあまり利益が得られません。短期的に取引をすると手数料などで無駄にコストがかかることになります。ビットコイン(仮想通貨)は長期的に保有して情報収集して、ここぞと思った時に売るといいでしょう。また、ビットコイン(仮想通貨)の特徴としてボラティリティーが高いことがあります。一度価格が上がって売却してもそのあとまた価格が上がり、もっと利益を上げられたという話もちらほらあります。ある程度待って見極められるというが大切です。ボラティリティーなどのビットコイン(仮想通貨)の特徴については別の記事で解説しているのでぜひご覧ください!

ビットコイン(仮想通貨)ってなぜ儲かるのか?

まとめ

今回ビットコイン(仮想通貨)で儲ける人について解説してきましたが、自分から情報を手に入れることが大切です!ビットコイン(仮想通貨)は通貨に関連するニュースによって価格が大きく変化します。そのタイミングを見極めるために毎日アンテナを張って情報を手に入れ、ビットコイン(仮想通貨)で儲けられるようにしましょう。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る