ビットコイン(仮想通貨)の儲かる確率について解説!

ビットコイン(仮想通貨)の価格が上昇して利益を多く出し、億り人となった方がいると思います。億り人の存在によってビットコイン(仮想通貨)に投資することによって儲かるかもしれないという印象を持った方がいると思います。今回はビットコイン(仮想通貨)に投資すると儲かる確率について説明していきたいと思います!

ビットコイン(仮想通貨)は怪しいと言われる理由

ビットコイン(仮想通貨)はよく儲からないであったり、詐欺が多いのではないのかという意見を周りで聞きます。たしかにビットコイン(仮想通貨)を絡めた詐欺は少なからず存在します。例えばビットコイン(仮想通貨)のセミナーで代理店ではないと買えないという嘘の事実でお金を巻き上げたり、ICOを使って出資金を持ち逃げなどがあります。しかしセミナー関連の詐欺はある程度の知識があれば騙されないような内容です。ビットコイン(仮想通貨)自体には詐欺要素はなく、信頼できるものだと思ってもらって大丈夫です。

ビットコイン(仮想通貨)の儲かる確率とは

ビットコイン(仮想通貨)は実際儲かるのかということは気なる点だと思いますが、絶対に儲かるとは言えません。絶対と使ってしまうとそこで損失を出してしまった場合詐欺的なことになってしまうと思うので言えませんが、儲かる確率というのは高いとは思います。ビットコイン(仮想通貨)が儲かる確率が高い理由としていくつかありますが、それぞれについて説明していきたいと思います。

経済インフラになるであろうと期待されている

インフラとはインフラストラクチャーの略語で、人間の活動の基盤になるものとされています。その中の経済インフラとは銀行制度などの産業に欠かせない基盤のことです。ビットコイン(仮想通貨)は特有の技術によって将来私たちの基盤になることが期待されています。イーサリアムを例に挙げて説明すると、スマートコントラクトを利用して様々なサービスに活用されています。また、ICOの土台としてイーサリアムは多く利用されているなど、ビットコイン(仮想通貨)は私たちの生活に少しずつ根付いてきています。インフラになることで需要が高まるということなのでそれに応じて価値が上がります。

市場規模の成長

ビットコインが2009年に誕生して10年に満たないですが、確実に市場規模が大きくなってきていて、2017年度のビットコイン(仮想通貨)の取引量は現物取引、デリバディブ取引を合わせると約69兆円あると言われています。今後も上昇していくと期待されています。市場規模が大きいということは多くの人が買いたい!と思っているということでそれによってビットコイン(仮想通貨)の価値が上がってきます。

ボラティリティーが高い

ボラティリティーとは価格の変動具合を表す言葉で、ボラティリティーが高いというのは価格の変動具合が大きいということです。価格変動が大きいということは損失を出すことが多くなる確率がありますが、言い換えると価格が急騰して大きな利益をあげることができるということになります。価格が100倍になって大儲けしたという話がざらにあるくらいです。

どのように投資をしていくのがいいのか

ビットコイン(仮想通貨)の投資の仕方として1つの通貨に大金を投資するか、様々な種類の通貨に少額ずつ投資する方法がありますが、初めてビットコイン(仮想通貨)に投資するという方は様々な種類の通貨に少額投資するという方法がいいと思われます!いくつかの通貨に投資することでリスク分散できる上に儲かる確率が多少なりともあがります。知識や情報が集まってきたら少しずつ通貨を絞って多くのお金をつぎ込むというがいいかと思います。

まとめ

今回ビットコイン(仮想通貨)の儲かる確率について説明してきましたが、説召してきたことを簡単にまとめると、

  • ビットコイン(仮想通貨)関連の詐欺は存在するが、ビットコイン(仮想通貨)自体は安全!
  • ビットコイン(仮想通貨)は様々な理由によって需要が高まり価格が上がると思われるので、儲かる確率が高いと言える
  • 初めて投資するという方はいくつかの通貨に少額投資でリスク分散!

ビットコイン(仮想通貨)は今後より世間に広まっていくことは時間の問題だと思います。今のうちに投資して利益を上げられるといいですね!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る