ビットコイン(仮想通貨)は何か、儲かるのかについて解説

ビットコイン(仮想通貨)は現在価格が下降気味になっていて、仮想通貨全体が冷え切っている状態です。ビットコイン(仮想通貨)に興味があるけどこの状態で投資して儲かるのか気になる方がいると思います。今回ビットコイン(仮想通貨)は儲かるのかどうかを基本的なことを絡めながら解説していきたいと思います!

ビットコイン(仮想通貨)とは何か

ビットコイン(仮想通貨)とはインターネット上で存在しかつ取引される通貨であり、パソコンやスマホなどの電子機器を財布代わりにして管理することができます。ビットコイン(仮想通貨)は世界で共通の通貨なので両替という概念がなくなり、世界中で決済を行うことができます。

また海外に送金するとなれば法定通貨では複数の銀行を経由して多くの手数料を取られてしまいますが、ビットコイン(仮想通貨)を使えば早くて数分、遅くとも数時間で送金することが可能な上に手数料が銀行を経由するよりも安い手数料で済みます。
またビットコインでの決済がビックカメラなどで利用することができるなど徐々に普及しています。海外では日本よりビットコイン(仮想通貨)が‘普及しているので、2020年では東京オリンピックの開催によって様々な国から人が集まるためビットコインでの決済がより日本で普及していくのかなと考えています。

ビットコイン(仮想通貨)はなぜ価値があるのか

ビットコイン(仮想通貨)はインターネット上の通貨でありICOを利用することで誰でも仮想通貨を発行することができますが、それでも価値があるのには理由があります。理由については2つあるのでそれぞれ説明していきたいと思います!

信用性

ビットコイン(仮想通貨)にはブロックチェーンという特有の技術があります。ブロックチェーンは中央管理者が存在せず分散して各ユーザー(電子機器)が管理するのでハッカーは追跡がしにくいため安全と言えます。この仕組みをP2Pネットワークと言います。また取引がなされるたびにそのデータがハッシュ関数という不規則な文字列となって記録されるので、データに対して改ざんや不正するのがほぼ不可能といわれています。このシステムによってビットコイン(仮想通貨)は信頼性が高いと言えるので安心して取引可能ということで価値が生まれます。

希少性

ビットコイン(仮想通貨)はそれぞれ特徴があります。例えばイーサリアムにはスマートコントラクトという仲介者がいらずに自動的にプログラムが実行できるシステムがあります。またビットコイン(仮想通貨)には発行上限枚数があります。このような理由から多くの人たちがその仮想通貨を欲しいと思った時にその仮想通貨は希少性が増して価値がどんどんあがってきます。

ビットコイン(仮想通貨)は儲かるのか

ビットコイン(仮想通貨)は冒頭で現在価値が下がっていて全体的に冷え切っていると説明しました。ビットコイン(仮想通貨)の価値が上がる理由はわかったけど実際儲かるのかという疑問を持つ方がいるかと思います。ビットコイン(仮想通貨)は今後価値があがっていくと思います!

まずビットコイン(仮想通貨)は最近様々な企業から注目を浴びていて、提携を結んだり仮想通貨事業に手を出すなどビットコイン(仮想通貨)が広がってきています。企業と提携することでそこから提携した通貨を利用したサービスを展開すればその通貨の価値があがります。

またそのサービスや東京オリンピックによるビットコイン決済が世間に広まれば、社会のインフラとなりビットコイン(仮想通貨)は生活に欠かせないモノとなり価値があがることになります。

さらにビットコイン(仮想通貨)の市場規模は9年間で急激に成長していて今後もさらに伸びていくことが期待されています。
これらの理由からビットコイン(仮想通貨)は儲かると思います。

まとめ

ビットコイン(仮想通貨)は企業からの注目されていることやインフラになることが期待されているので、価値があがり今後儲かるであろうと説明しました。現在価値が下がっている今こそ買い時だと思います。あがるのに備えてぜひ購入してみるといいと思います!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る