仮想通貨の始め方とは?初心者にもわかりやすく解説!

現在仮想通貨のチャートが上がったり下がったりと忙しいですね!仮想通貨はこのような動きが頻繁に起こります。前から仮想通貨に興味を持っていたり今回のような急騰で仮想通貨を始めてみたいと思う方がいるのではないでしょうか?今回は仮想通貨初心者の方にもわかりやすく仮想通貨とは何か、仮想通貨の始め方について説明していきます!

仮想通貨とは何か

仮想通貨とはその名称の通り、インターネット上で取引される実体のない通貨のことをいいます。仮想通貨はよく電子マネーと比較されますが、少し違います。電子マネーはチャージした場合日本円としての支払いしかできずドルなどでチャージした場合も同様です。しかし仮想通貨は世界中での決済が可能な通貨となっています。世界での決済が可能なので旅行などで海外に行った際、いちいちその国の法定通貨に両替する必要がないので手間を省くことができます。
また海外にお金を送金したい!となった場合、通常の方法で行うといくつかの銀行を介して多くの時間をかけて送金するので手数料が多くかかります。
仮想通貨で送金となれば、早くて数分、遅くとも数時間で送金が可能です。
仮想通貨はブロックチェーンという技術によって人を介さず取引できるので、手数料が安く済みます。
日本では仮想通貨での決済が少しずつ普及しています。現在はビックカメラなどではビットコインでの決済が可能となっています。
2020年の東京オリンピックでは海外の方が多く来日することが予想されますが、海外では日本より仮想通貨が普及しているので今後仮想通貨で決済できる店舗が増えて、仮想通貨がより日常的なモノになる日は近いかもしれませんね。

仮想通貨を始めるときに気をつけるべきこと

仮想通貨を始めるにあたって気をつけていただきたいことが2つあります。
それぞれについて説明していきます。

仮想通貨の詐欺に引っかからないようにする

仮想通貨の初心者にとって仮想通貨は未知の世界です。それを利用した詐欺は残念ながら少なからずあります。しかし仮想通貨の知識が少しでもあれば騙されないような内容となっています。
事例を挙げると、仮想通貨のセミナーでいろいろ説明されたのちに仮想通貨を代理店を通して高い価格で購入させるというものがあります。仮想通貨を購入する際に代理店は必要ありません。取引所や販売所で直接購入することができるので、そのことを覚えていただけたらいいと思います。
またICOという仮想通貨を使って出資金を集める方法がありますが、ちゃんとしたものもあれば詐欺で出資金を持ち逃げされるものをあります。この違いを見極めるのはかなり難しいので、これから仮想通貨を始める方はICOに投資しないのがいいと思います。

仮想通貨はウォレットで管理する

仮想通貨は取引所や販売所で管理するのではなく、ウォレットでの管理をおすすめします。もし取引所や販売所がハッキング被害にあった場合、自分の持っていた仮想通貨が全て盗難されてしまいます。
最近Zaifがハッキング被害に遭い、総額70億円もの仮想通貨が流出しました。
このような場合に備えて仮想通貨はウォレットで管理しましょう!
ウォレットには5つのタイプがあるのでそれぞれの特徴について説明していきます。

オンラインウォレット

ネット環境さえ整っていれば機器を問わずどこからでもアクセスできるので手軽に管理できる初心者向けのウォレットです。しかし仮想通貨を扱うのに必要な秘密鍵は自分ではなく管理者が管理することになるのでセキュリティー面ではあまり期待できません。

ペーパーウォレット

秘密鍵を紙に印刷して管理していく方法です。オフラインなのでウイルス感染や情報漏洩の可能性が極めて低いですが、紛失や焼失の可能性が注意が必要です。また紙を毎回持っていかないと出先では仮想通貨を扱うことができないので手軽性はあまりないです。

デスクトップウォレット

ウォレットをパソコンにダウンロードして管理する方法で、オンラインウォレットと違って自分で秘密鍵を管理できるので、セキュリティー面ではいいと思います。しかしウイルスによる情報漏洩には注意が必要です。

モバイルウォレット

スマホやタブレットにアプリをダウンロードして管理する方法で、特徴、注意することはデスクトップウォレットと同じです。

ハードウェアウォレット

USBなどで仮想通貨を管理することができるウォレットです。オフラインである上に秘密鍵を設定できるのでセキュリティ―は高いと思います。紛失や故障に気をつければ私個人的にはおすすめできる管理方法です。

仮想通貨の購入方法

仮想通貨を購入するには取引所と販売所で購入することができます。この2 つは購入方法が違うのでそれぞれについて説明していきます。

取引所

取引所で購入する場合は板取引という取引方法を理解する必要があります。
板取引とはユーザー同士で取引が行われる方式で、買い板と売りの2つがあります。買い手と売り手の条件が一致したときに購入できる仕組みとなっています。注文の仕方にも2つあり指値注文成行注文があります。指値注文はある価格以下で売る、ある価格以上で売るという値段を指定して注文を出します。成行注文は値段を指定せず売買の注文を出す方法です。この方法は今すぐ仮想通貨を売買したい!という緊急性を持つときに使われます。
基本的には指値注文を使用するので、取引所を利用する際はしっかり頭に入れておいてください!

販売所

販売所は板取引でなく直接運営会社から購入する方法です。数量に関わらず自分が提示した価格で購入することができるので、板取引がイマイチ理解できないという方は販売所で仮想通貨を購入するのがいいと思います。

おすすめの取引所と販売所

仮想通貨の取引所と販売所は様々な種類があり、それぞれ取り扱っている仮想通貨が違います。今回は2つの取引所と販売所を紹介します。

ビットバンク

ビットバンクはリップルの他にイーサリアムやモナコイン、ライトコインなどの豊富な種類のアルトコインが板取引を行うことができる取引所です。
ビットバンクは2019年の1月4日まで全ペア取引手数料が無料のキャンペーンを行なっているので安く購入できます。
またセキュリティーがしっかりしているので安心して取引を行うことができます。板取引に慣れていて手数料を抑えたい!という方にはピッタリだと思います!
ビットバンク公式サイト

GMOコイン

GMOコインは有名なGMOグループが運営する仮想通貨の販売所となっています。
GMOコインのスマホアプリは使い勝手がいいのでスマホでも簡単に取引を行うことができます。
板取引とかよくわからない!という人やスマホでもスムーズに取引をしたいという方はGMOコインをぜひお使いください!
GMO公式サイト
GMOコインアプリ(App Store)
GMOコインアプリ(Google Play

まとめ

この記事を読んだ方は仮想通貨に投資する準備が整ったかと思います!
今後仮想通貨は社会のインフラになる日が近いと思います。そうなると価格が上がると思うので、今のうちに仮想通貨に投資しておきましょう!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る