ビットコイン購入するには?単価はいくらから?

今回はビットコインをいざ購入しようと思っている方向けの記事になります!

ビットコインといえば昨年末200万以上の値段がつき話題を呼びました!そんなビットコイン現在は100万をわり60〜70万を推移しております。また年末上がるのではないかと言われており、投資家の中で期待されております!

それじゃ私もビットコインを買って一儲けしよう!と思いますが、1BTC70万近くなんて簡単に手が出せませんね。

それじゃビットコインって買えないの??と思うかもしれませんがそんなことはありません。

実は少額からでも買うことができます!では見ていきましょう!!

ビットコインはいくらから買えるの??

上記でもお話し致しました、「ビットコイン(1BTC)を買ってみたいんだけど、いくらから買えるのかわからない・・」

最近、CMやニュースで良く聞くようになりましたね。

話題が増えるにつれて「1BTCをいくらで買えるか」ということを聞かれることが多くなったような気がします。

今回は、そんなビットコイン(BTC)がいくらから買えるのかと、簡単な購入方法をご紹介します!

ビットコインは約1000円から購入できます!

結論から言いますとビットコインは1,000円以下で購入することができるんです!

例えば1BTC=70万とするならば、0.01BTC=は7000円ということになりますね!

現在のビットコインの価格を参考に考えてください!

ビットコインの買い方がわからない方へ

ビットコインを入手する方法は、沢山ありますが、初めて方はなるべく「国内取引所・販売所」で購入しましょう!

取引所は海外取引所もありますが、日本語対応していないサイトもいくつかあるので、日本語の対応をしている取引所を選びましょう!

また余談になりますが、ビットコインを含む仮想通貨(暗号通貨)は2017年4月に「仮想通貨法」が施行されました。まだ多くのトラブルが発生してい流のは事実です。もし不安に思うようならご自分のコールドウォレットを持つことをお勧めいたします!

ビットコインの通貨単位はBTC

通貨単位になりますが、ビットコインは「BTC(ビーティーシー)」と呼ばれております!

上記でもお話ししましたが、現在の価格が「1BTC=700,000円」だった場合、次のようになります!

  • 「0.1BTC=70,000円」
  • 「0.01BTC=7,000円」

ビットコインは、最終的な発行上限枚数が2,100億枚と決まっています。

購入する人が増加するほど価格は上がる仕組みになっており、2140年にはビットコインは底をつくと言われています。

毎年発行され続けるビットコインですが、発行上限枚数が到達に近づけば近づくほど価値が上がってくると予測ができます。現時点での発行枚数はもっと少ない状態になってきておりますね。

ビットコインの最低取引単価はどれくらい?

国内でビットコイン(BTC)を購入する場合、最低取引単価が決まっており、現時点では0.0001BTCから購入することが可能です!

ただし、「現時点」と言ったのは、前にもお話ししましたがビットコインの価値は年々上がっており、年内「1BTC=100万円」まで行くのではないか?とも言われてる為、800円で購入できるのも今だけでしょう。

ビットコイン通貨、、「Satoshi」?

ちなみにビットコイン単位には、ビットコイン発明者と言われてる「中本哲史(ナカモトサトシ)」にちなんで「Satoshi」という単位もあります。

Satoshiとは一体??

海外でよく使用されてる「Satoshi」というビットコイン単位の大きさは、下記になります。

「1Satoshi=0.00000001BTC=1億分の1BTC」

日本円で言うと“約0.005円”です。

ただし、日本でこの単位を使用することはなく、海外取引所でアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を購入する際に使用するぐらいですので、余談として覚えておいてください。

まとめ

今回はビットコインの購入の数量について書いてきました!仮想通貨を始めた際はわからない事だらけだとは思いますがまずは買い方から学んでいきましょう!

年末や、オリンピックに向けて早めに買っていた方が良いです!!

これから決済にも使えてくるビットコインですので、期待して数年後を楽しみに待ちましょう!!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る