仮想通貨XRPが再び急騰、50円を突破で大台へ

仮想通貨リップル(XRP)が、再び大きな急騰を記録しました!
Zaif(ザイフ)のハッキング被害があったことで、相場に下降を見せた20日、ビットコイン(BTC)の相場が再び上昇に転じたタイミングでリップルが強く上昇方向へと価格を急進させた。
前日比で14.7%のプラス、日本円で40円を超えました。

リップルは、年初から大きく価格を落とした後、今月に入り急騰する場面が2度見受けられています。なお、前回の急騰後、大きな反落がなかったことも、今回2度めの急騰につながった要因の一つと考えられています。

リップルは40円を突破した後、リップルの勢いは止まらず、21日午前の時点では50円台を目前まで価格を更に急進、その勢いはそのまま継続し大台となる50円台に乗りました。

通常であれば、大きな価格続伸後には、ショート(売り)ポジションも取られやすく、反落することが多々見受けられますがが、前回の急騰後と同様に、今回のリップルの値動きは急騰後に粘り強さを見せており、更なる買いが殺到した可能性があります。

仮想通貨取引所Bitbank(ビットバンク)では55円到達後に一時反落も、再度50円台に復調するなど、依然強さが見られます。

また、コインマーケットキャップにて時価総額上位10通貨の週間比率では、前週比10%プラスで推移する通貨はリップル(XRP)のみとなった上で、リップル(XRP)は54%高と他の上位仮想通貨の値動きとは完全に異なる動きをしていることが見受けられました。

直近での大きな発表では、資産額アメリカ第9位のPNC銀行がリップルネットへの参画を表明しましたが、最も大きいのは10月1日に開催を控える、米リップル社が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」の期待感出ているからでしょう。

SWELLとは
米Ripple社が主催する国際カンファレンスの名称で、「巨大な波(XRP革命の大きさ)」を意味する用語だとされてます。世界各国における、政治・経済界、銀行業界、ブロックチェーン業界のリーダーが一堂に介し、「送金の未来」について議論する場です。

昨年はカナダの主要都市「トロント」にて、10月16〜18日に開催されましたが、今年は、リップル社の本拠地である、アメリカ合衆国のサンフランシスコで、10月1日〜2日にかけて2日間開催を予定されています。

第二回目の開催となるSWELLは、米国の元大統領(42代目)「ビル・クリントン」氏を始めとする、世界各国の政治・経済界、銀行業界、ブロックチェーン業界のトップが集う、金融関連の国際カンファレンスです。

また、積極的に世界各国の主要金融機関、国際送金決済・業社との提携を行っているリップル社は、5大陸の40カ国にまでRippleNetが拡大していることが明らかになった。

その様な背景を踏まえると、先日Sagar Sarbhai氏が、XRPを利用するプロダクト「xRapid」の商品商用化に関するニュースを1ヶ月ほどでお届けできると言及したことによる、実需への影響とその期待感もより高まっているのかもしれない。また、老舗格付け会社Weiss Ratingsも、リトレースメントでの90%を理由に、下落期にあるXRPを買い時であると言及していた上、唯一ポテンシャルの高い通貨にも名を挙げるなど、リップルを支持している様子が見受けられました。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る