仮想通貨ウォレットとは?始め方から使い方まで徹底解説!

仮想通貨を始めるためにインターネットで色々調べていると、「ウォレット」という言葉に行き着くのではないでしょうか?ウォレットは仮想通貨を安全に保有するためのマストアイテムで、最近頻発している仮想通貨取引所への不正アクセスで資産を失わないためにも使用が推奨されています。しかし、始め方や使い方が少し難しいので使用している人が少ないのが現状です。そこで、今回は仮想通貨のウォレットについて始め方から使い方まで徹底的に解説していきます。

ウォレットとは?

ウォレットとは簡単に言うと「仮想通貨のお財布」です。おそらく多くの方は、取引所で仮想通貨を購入してそのまま取引所で保管していると思いますが、それをウォレットという個人管理の場所に移動させるイメージで良いでしょう。個人で管理すると不安だから取引所で保管した方が良い!と考えてしまう方もいるかもしれませんが、取引所で仮想通貨を保管するのはかなり危険です。先日、コインチェックが不正アクセスされ500億円以上が流出してしまったことが問題になりました。コインチェックはその分を補填するという対応を取りましたが、場合によっては補填など一切されずに泣き寝入りするしかなくなってしまうというリスクもあります。特に海外の小規模取引所などは急な閉鎖等も考えられるので、個人で保管するウォレットという手段が推奨されるのです。

ウォレットの種類

ウォレットには保管する場所・媒体などで色々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。ここでは表にして簡単にまとめていますが、以下の記事で詳しくまとめているので、参考にしてください。

概要 ハッキング
リスク
コスト 安全性 利便性
ウェブ
ウォレット
WEBページの会員サイトのイメージ
デスクトップ
ウォレット
PCにインストールして使うイメージ
モバイル
ウォレット
スマホ等でアプリとして使うイメージ
ペーパー
ウォレット
紙に印刷して使うイメージ
ハードウェア
ウォレット
USBメモリーで保管するイメージ

 

仮想通貨安全に保管できてる!? おすすめのウォレットは何か!

便利さを求めるのであれば、ウェブウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットあたりを使うのが良いでしょうが、より高いセキュリティを目指すのであれば、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットを使用するのが良いでしょう。

ウォレットの使い方

ウォレットの使い方に関しては使用する種類によって異なりますので、絶対にコレとは言えませんが、簡単に言うと、自分のウォレットに取引所から送金するという感じです。それぞれのウォレットには取引所間で送金する時と同じようにアドレスがあります。そのアドレス宛に取引所から送金することで個人のウォレットで仮想通貨を保管するということが可能になるのです。しかし、ここで気をつけなければならないことがあります。仮想通貨は中央集権ではないのでアドレスを間違ってしまうとその仮想通貨は紛失してしまいます。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る