ビットコインをスマホ【android】で採掘/マイニングする方法!

昨年に大きく注目された仮想通貨市場において、現在マイニング産業が注目を浴びております。仮想通貨のマイニング産業は事業として大きく利益を見込めるため、日本を代表とする大手企業であるGMOやDMM、さらにはSBIも続々と参入をしている市場となります。

マイニング(採掘)とは具体的には何だろうか?

マイニングというものは、ビットコインを無料で手に入れる手段の一つです。手に入れることを採掘やマイニングすると言われています。
仮想通貨は売買するときや入出金、または送金を行う際にお互いが適正であるか判断されればそこで承認されます。ビットコインの場合は、この管理体制がとても難しいものになります。承認する行為を誰が行うのかと言うと、それは取引を行うシステムで無作為で選ばれた人が行います。

またこの承認作業のことをトランザクションと言います。承認作業がスムーズに行われない場合は、マイニングすることができなくなります。仮想通貨として一番世の中に浸透しているのがビットコインです。市場の規模は数百億を超えています。世界中で採掘方法も取られていますので、それだけ利用している人が世界中にいるということになります。

さまざまな企業や、店舗でも通貨の代わりにこの仮想通貨での支払いができるようにしているところも多くあります。システムを導入していることで、支払いが可能になっているのです。仮想通貨の魅力は、為替で交換することがありません。ですから手数料がかからないことと、手続きがスムーズに行えるというところです。

マイニングにかかるエネルギー


ビットコイン(BTC)は専用ソフト「Bitcoin-Qt」を走らせればマイニングすることができる仮想通貨です。
専用ソフトを動作させている人たちのマイニングマシンパワーによってシステムは維持されています。システムには埋蔵量に限界数が設定されており、発掘ペースを一定にする巧妙なアルゴリズムが採用されているので、採掘作業(マイニング)をおこなうユーザーの数が増えれば増えるほど、新たにマイニングすることが難しくなっていきます。また、これにより高性能なCPU(グラフィックボード)を搭載したコンピューターを使ってマイニングを行えば他よりも多くのビットコインが入手できるという構造であり、その結果ビットコインを採掘するためのコンピューターに多額の投資を行うマイナーまで登場しています。

スマホでマイニング(採掘)が出来るのか?


ビットコイン(BTC)は、パソコンだけではなくスマホでも採掘することが可能です。
スマホでマイニングに必要なアカウントを作成します。そして端末に専用アプリを入れます。ログインした後に採掘を開始していくと、アカウントにコインがたまっていく仕組みになります。スマホでマイニング(採掘)を行うことは、非常に簡単な手順で行うことができますし、さまざまな支払いや、電気料金の支払いなども、スマホを使ってビットコイン(BTC)で支払い可能になっている場合もあります。パソコンだけではなく、スマホでも手軽にマイニング(採掘)できるようになったことでビットコイン(BTC)の普及も高くなっています。

Android端末でのマイナー作成方法

マイナー作成方法は次の記事を参考にしました。AndroidでBitZenyでマイニングするにはマイナーが必要です。
ただAndroid端末用のバイナリ(実行)形式のマイナーは配布されていません。

そこで次の手順でソースコードからコンパイルします。

ステップ1.開発環境のインストール

まずGooglePlayストアからGNURoot Debianというアプリをインストールします。

GNURoot Debianをインストール

これはroot化不要でLinux環境のようにパッケージ管理とターミナル操作ができるアプリです。

起動すると次のような画面が出てきます。

このターミナル上でパッケージ管理やコマンド入力します。

ステップ2.必要パッケージのインストール

では次に必要なパッケージをダウンロードします。

必要なパッケージは次の通りです。
・git
・automake
・gcc
・make
・libcurl4-openssl-dev
・libjansson-dev

この6つをインストールするには

apt-get -y install git
apt-get -y install automake
apt-get -y install gcc
apt-get -y install make
apt-get -y install libcurl4-openssl-dev
apt-get -y install libjansson-dev
この6行のコマンドを順番に実行してください。

手入力だと大変なので上のを1行ずつコピペして貼り付けるのがおススメです。

これでコンパイルに必要なソフトがそろいました。

ステップ3.ソースをコンパイル

マイナーを作るにはソースからコンパイルします。

BitZenyマイナーのソースは以下のgithubに公開されています。

https://github.com/bitzeny/cpuminer

これをコンパイルするには次のコマンドを実行します。

git clone https://github.com/macchky/cpuminer.git
cd cpuminer
./autogen.sh
./configure CFLAGS=”-O3″
make
これでcpuminerというフォルダにminerdというファイルができます。

これがマイニングするために必要なマイナーとなります。これでマイニング準備は整いました。

まとめ

仮想通貨市場が大きくなるためには、マイニング作業は必要不可欠となります。マイニングがなければ仮想通貨が正常に稼働できなくなってしまいます。まだまだ仮想通貨市場は若い市場なので、この先市場が大きくなることを考えれば、今のうちにマイニング産業に手をつけて置くこともありかもしれませんね!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る