2018年の仮想通貨市場は今後はどうなっていくのでしょうか?

昨年2017年には仮想通貨元年を迎え、怒涛の勢いで仮想通貨市場の規模が拡大していきましたが、しかし今年2018年では価格が下落ぎみになっており相場が停滞しています。では今後の仮想通貨市場はどうなっていくのでしょうか。今回は今後について考察してみました。

仮想通貨市場の推移

まずこれまでの仮想通貨市場について確認していきましょう。


上記は2013年から現在までの仮想通貨市場の推移を表しています。昨年2017年6月ごろから【アルトコインバブル】が発生し、その時点から仮想通貨の価格はどんどん増加させていき、ビットコイン(BTC)のハードフォークが未遂になってしまった11月頃からさらに伸びていっています。

その結果、昨年2017年で市場が約4,000%増大という驚異的な急成長を見せました。その前年2016年に時価総額の成長率は約200%ほどでしたので2017年のたった一年間で仮想通貨が大躍進を遂げた年だと言えます。

しかし、今年2018年に入るとコインチェックの仮想通貨(NEM)流出事件などをきっかけにして仮想通貨市場全体で暴落をしています。
そのため、仮想通貨はすでに終わったという見方をしている人も多くいます。しかし実際では各仮想通貨はロードマップで定められたプロジェクトを進めており、2018年も仮想通貨は成長していくと見られますので、今後の動向をチェックしていく必要があると言えます。
このコインチェックの一件を皮切りに、各仮想通貨取引所のセキュリティ体制への関心が高まりました。

2018年は課題が解決できるのかが注目

昨年2017年は仮想通貨市場が大きく成長した半面、さまざまな課題も見つかりました。

・仮想通貨で得た利益に対する課税方法などの法的な課題。
・仮想通貨市場への参入が増えて、トランザクションが増加したことで送金遅延の発生の懸念。
・コインチェックの仮想通貨流出事件により、セキュリティについての課題。

上記のような課題へどう対処していくのかによって、今後仮想通貨市場が伸びていくのが決まっていくでしょう。

金融商品と認められて大きく成長する?

昨年の12月にCBOECMEという2つの先物取引所に仮想通貨が上場しました。
この2つの先物取引所は世界有数の先物取引所と言われており、ここに仮想通貨が上場したということは仮想通貨市場に多くの投資家が参入する可能性があると言えます。

現在仮想通貨の金融商品としての規模は株やFXなどの金融商品が主で、まだ非常に小さい規模感です。
ビットコインなどの仮想通貨取引に関しては、その仮想通貨という特性上投資対象としての信頼性が低いのが原因と言えます。
しかし、先物上場したことで信頼性を多少なりとも獲得できたのではないでしょうか?

現在議論されているビットコイン先物やビットコインETF・仮想通貨ETFの結果によっては、仮想通貨が金融商品として認められ機関投資家の参入も見込めますので、何千兆円という規模が仮想通貨に入ってくると言えます。
ですので、今後も大きく成長する市場と言えるのではないでしょうか?

ビットコインに最も強気なのは機関投資家だった

仮想通貨市場に影響を及ぼすマクロ要素の関する調査の結果では、一般投資家、機関投資家共に「中央銀行」が一位に選ばれたが、地政におけるリスクの項目のみ、機関投資家の選択が、個人投資家を5.1%上回っていることが公表されました。

また、ビットコインの底値に関する意識調査の結果では、個人投資家と機関投資家の間で、かなりの乖離が見受けられました。
投資家の種別に関わらず、多くの個人投資家がビットコインはもう底値を打ったと考えているものの、機関投資家の方が選択した割合が10%高く、より今後の相場に強気な姿勢を保っていることが明らかになりました。

今後のビットコインの相場に関する調査項目では、機関投資家はかなり強気な姿勢が見られており、57%の方がビットコイン(BTC)は来年2019に1万5千ドル(約170万円)を超えるとの見方を示しております。

まとめ

昨年2017年は仮想通貨バブルになり、たった一年間でその仮想通貨市場は40倍以上の成長が見受けられました。
しかし今年2018年はコインチェックで発生した仮想通貨(NEM/XEM)の流出事件をはじめとした、各仮想通貨取引所でのハッキング問題によって、その仮想通貨市場の相場を落としております。
しかし逆を見ると仮想通貨に問題があるのではなく、その取り扱っている仮想通貨の取引所に大きく問題が発生したと言えます。これに関して言えばネットバンキングが開始された当初も同じようにハッキングを受けたのと同じで、時間が解決するものと言えます。
現に各仮想通貨のプロジェクトは進行しており、各大手企業をはじめとし銀行や政府が注目している産業です。

ですので一年二年後には非常に大きな市場になっているのではないでしょうか?

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る