今後の仮想通貨はいかなる動きを見せるのでしょうか?

仮想通貨市場は今月5日に、ビットコイン(BTC)が前日比で0.43%安と大きく値が動かなかったことを受け、ビットコイン(BTC)の値動きに連動率が極めて高いアルトコインに関してもほとんど値動きがなく、仮想通貨相場全体的を通しても落ち着いた価格推移を維持しています。

今後の仮想通貨


ビットコインや仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が高いことで昨年注目を浴びたが、今年に入り、年初来最低値水準を記録している事に関しては皆さんすでにご存知でしょう。

現在最も重要な要因として考えられるのは、ビットコインチャートで形成するトライアングルの収束地点が近くなっていることだろう。この価格推移は、かなり以前から注目されていたものとなるが、ビットコイン価格はその値動きを収束させる形でトライアングルの中での値動きを継続、10月5日現在でもそのラインを抜けることなく推移している。

この傾向が維持される場合は、今後6255USDから6755USDの間で価格が推移することになり、このラインを抜けた場合(より収束幅が狭まるためより時間経過と共に値幅が小さくなる)大きな価格変動する可能性は高いといえる。

どちらの方向にブレイクするかは、現状上値が切り下がり、下値が切り上がるレジスタンスラインとサポートラインで形成されたペナントの中で、下値が切り上がっているため、上抜けされるとの見方も強いと考えられるが、不確定の要因で値が大きく動く仮想通貨市場において予断を許さない状況であることは間違いない。

何れにしても、現在は値動きが収束しているビットコインも、再度大きく動く可能性があるタイミングが近づいており、その値動き次第ではビットコインとの連動率が高い仮想通貨市場全体のトレンドを変化させる重要な局面となっている。

仮想通貨の価格が上がる要因とは


仮想通貨市場が今後も伸びていくとなると「ビットコインや仮想通貨の価格も上がる」と言えますが、実は大切なのはその仮想通貨の銘柄選びが大切になります。

仮想通貨には価格が上がる時には重要な要因があり、この要因を満たした銘柄こそ高騰する通貨だといえるのです。

ここでは、仮想通貨の価格が上がる5つのFactor(要因)についてみていきましょう。

Factor Ⅰ 〜実用性〜

仮想通貨の価格が上がるFactor(要因)の一つは、そのコインがいかに実用的で大きく期待ができるとわかった時です。
各仮想通貨には決済だけではなく国際送金や資産価値の保存、トランザクションスピードの向上、スマートコントラクトなどの便利な機能が備わっているものになります。

そして、こういった便利な機能が普段の生活で利用しやすいものとなれば、そのコインを購入する人が増え価格が上昇を見込めるのではないでしょうか?

Factor Ⅱ 〜将来性〜

また、そのコイン(仮想通貨)の将来性も大きく関係してきます。
これは仮想通貨全体としての将来性を考えるのと同じで、今後のプロジェクトの展開やシステム・機能の拡張、企業・銀行・政府などの提携関係によってある程度判断することができてきます。

その通貨が世界的に大手の企業が出資をしていたり、バックアップとして政府や銀行がいたり、年々提携企業が増えて送金システムが導入されていたりと、広がりが大きいほど期待も大きくなります。

Factor Ⅲ 〜コミュニティ〜

Business concepts illustrated with colorful wooden people – networking, organizational groups, or workgroups.

仮想通貨業界において、コミュニティというのは非常に大きな影響力を持つものと言えます。
そのコイン(仮想通貨)に対して「どれだけ多くの人が関与しているか」ということになります。
この数は影響力ということのなるので、価格上昇の重要なポイントと言えますね。

コミュニティが大きいほどそのコインの情報が把握しやすくなるため、より安心できる取引にも繋がるのです。

Factor Ⅳ 〜主要取引所での上場〜

仮想通貨業界には、国内外を含め非常に多くの取引所が存在しますが、その中でも主要となる取引所で上場すると、価格は大きく上がります。

主要となる取引所では当然利用者も多く、そこで上場することによってコインの名前が一気に知れ渡ることになるでしょう。

そうなると保有者が増え、価格が上がることが期待できるのです。

Factor Ⅴ 〜仮想通貨のアップデート(フォーク)〜

アップデートとはいわゆる【フォーク】のことを言い、仮想通貨はその【フォーク】によって機能性やセキュリティ対策が強化されています。
このフォークも価格が上がる大きな要因として考えることがでるでしょう。

例えば、イーサリアム(ETH)はこれまでに数多くのハードフォークを行ってきました。
その中の「Metropolis(メトロポリス)」は、2017年10月頃にアップデートの噂が流れ、これにより徐々に価格が暴騰したのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今後仮想通貨が上昇するためには、上記のような要因が大切になります。
今年に入り価格は停滞していましたが、今月に入り新たな上昇要因がいくつかもトピックが上がっております。
今後の新たなニュースにも注目するようにしましょう!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る