今後の仮想通貨に期待大!?アナリストの「価格爆発」予想に注目!

仮想通貨市場は連休最終日である8日、相場に大きな盛り上がりは見えずに横倍な相場を維持していますが、その中でも複数の動きも確認されたました。今回確認された為替に連動する動きに注目と著名なアナリストの発表・上昇予想できる通貨を記載していきます。

為替に連動する動き

まず、日本時間17時過ぎにドル・円建てが113円70銭台から急落し、その価格推移とビットコインが高い連動性を示しました。
JPY(日本円建)で取引されるビットコイン(BTC)ペアが大きく下落を見せました。ビットコイン(BTC)のチャートを見てみると、一時的にレジスタンスラインを抜けた事が確認されました。急騰時に2度の出来高の急騰が見られたほか、大きく動いたbitfinexのショートとロング比率において、ロングが急増したことが明らかになりました。

この影響で、Bitmexの取引所にアクセスが集中している声が相次いでいたが、現在はすでに解消されており、今後この上昇相場を維持できるかが重要な動きとなると言えます。

日本の連休最終日において相場に盛り上がりははかけていますが、その中で為替の急落にビットコインの値動きが連動するなど、複数の動きも確認された。昨日の仮想通貨取引は、全体的に小幅に上昇しての動きとなりました。ただ、大きな動きではなく、方向感の見えにくい状況です。注目されていた『SWELL 2018』は特段大きなサプライズもなく、目先は材料出尽くし感から様子見ムードが意識されています。

仮想通貨アナリストが仮想通貨上昇を主張

連休中に何人もの仮想通貨アナリストが仮想通貨上昇を発表しましたが、今回は1名の方を紹介させていただきます。
仮想通貨アナリストであるラン・ノイナー氏は、ビットコインの価格は【爆発寸前】であると主張しています。
同じツイートで「私はちょうど私の両親のためにビットコインを買ったところだ」と述べており、ビットコイン価格が急上昇することへの最大限の自信をアピールしています。

米国証券取引委員会(SEC)が複数のビットコインETFの承認可否についてのアナウンスと共に、市場が大きく動く可能性があると言っています。
昨年2017年の11月時点での6691ドルから12月での2万ドルまでの大規模な仮想通貨の価格競争は、現金決済の「BTC先物契約のローンチへの期待」また、米国商品先物取引委員会(CFTC)がシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に対しビットコイン先物の開始を許可した出来事に裏打ちされて起こった事象でした。

多くの人が「ビットコインETF」により仮想通貨投資家が増加し、機関投資家の参入あると考えています。理由はビットコインETFはビットコインを直接保有する必要がないからです。規制された取引所に上場した場合、ビットコインはウォールストリートでより広く認識される可能性があリます。

上昇が予想できる仮想通貨!

「仮想通貨トロンはイーサリアムの200倍の処理スピードになる!」
分散型インターネットプロトコルであるトロン(TRON)のTRXトークン価格は8日に約8%の急上昇を見せました。
何かと Twitterなどで騒がれているジャスティン・サンCEOが、今後のアップデートによりトロンはイーサリアムを超えるスピードで、さらにEOSをコスト面で上回ると主張したためでした。

コミュニティコンセンサスの結果として、トロンの最新バージョン「Odyssey 3.1」はシンガポール時間で午後8時に有効になるとツイッターで発表しました。

他にも下記のような理由を噂されており

理由①Bitfinexで法定通貨3つ(JPY/GBP/EUR)ペア上場

理由②

次の日、アリババと仮想通貨取引所を設立するというリーク

理由③

日足でキレイな逆三尊を形成
こちらに加え、追加情報ですが仮想マシン(TVM)が間もなく稼働するとのことです。

6月にイーサリアムブロックチェーンから独自ブロックチェーンに移行して、TRON上にdAppsと言われるアプリケーション、つまりサービスが構築できるようになったわけですね。
その開発のためには仮想マシンと言われるテスト環境が必要で、この度正式にアクティベートするとのことです。
つまり、経済圏が広がり、利用用途が増えるため価格上昇につながるということです。

今後もプロジェクトが進行しているため、上昇が期待できる通貨と言えます。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る