Coinbaseがニューヨーク州のカストディサービスを提供することを承認

Coinbaseは、ニューヨーク州の「限られた、信託会社として」の規制当局からの承認を確保致しました。

下記がその発表された内容になります。

ニューヨーク証券取引所(DFS)が、Coinbase Global、Inc.の100%子会社であるCoinbase Custody Trust Company LLCを限定目的として運用することを承認したことを、Maria T. Vulloが本日発表しました。

Coinbase Inc.は、2017年1月からDFSからMoney TransmitterとVirtual Currencyライセンスを保有しています。DFSはBitinin、Bitcoin Cash、Ethereum、Ether Classic、XRP、Litecoinの6つの仮想通貨に対して安全な保管サービスを提供することをCoinbase Trustに承認しました。

「ニューヨークは革新を促進し、業界を守り、強力な監督を通じて消費者を保護する金融サービス市場の創造、育成、責任ある規制のリーダーであり続ける」とヴルロ監督は述べた。「今日の承認は、州規制システムが健全で遵守的な枠組みの中で成長するフィンテック産業を責任ある形で監督する最良の分野であることをさらに実証しています。 

大きな一歩となる

このリリースによれば、ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は、Coinbase Global、Incの子会社であるCoinbase Custody Trust Companyの申請書に正式に署名しました。承認されたCoinbaseは、現在、 bitcoin、ethereum、bitcoin cash、litecoin、ethereum classic、XRPになります。

Coinbaseのプラットフォームにはまだ列挙されていない唯一のcryptocurrencyとなっております。

「Coinbase Custodyが暗号資産の適任者として機能することを可能にするニューヨーク州限定目的信託憲章は、暗号保管者としての比類なき成功を踏まえつつ、同社を厳格な厳格な基準と他の成熟ニューヨークで経営する金融機関。Vullo監督がリーダーシップを発揮したことで、暗号化エコシステムの責任ある成長を導くことができ、将来的にはオフィスでの作業を楽しみにしています」とCoinbaseの社長兼COOであるAsiff Hirji氏はプレスリリースでコメントしました。

Coinbaseの制度上の暗号化保護サービスは2018年7月に開始されました。このサービスは、現在廃止されCoinbase Index Fundを含む認定投資家にアピールするための大きなプッシュの一部でした。6月には、米国証券取引委員会(SEC)のブローカーディーラー免許を取得していると発表しております。

DFSは、CoinbaseのMoney TransmitterとVirtual Currencyライセンスを2017年1月に初めて承認しました。現在まで、ニューヨークの規制当局は、スペース内の暗号化企業向けに11のチャーターとライセンスを発行しています。DFSは、4月に13のトップ・エクスチェンジに問い合わせを行い、ニューヨークの投資家の間で業務を調査し、その利用状況を把握しました。Jesse PowellのCEOであるkraken氏を含む、いくつかの交換は対応しなかったようです。

まとめ

仮想通貨の浸透が年々進んでいますね、このニュースもその一歩だと思われます。

より使いやすく多くの人に認知してもらうには、カストディサービスの承認は大きいのではないでしょうか?

日本でも、様々なニュースが飛び交っている中海外でも着実に仮想通貨の浸透が上がっておりますね、これからの動きにも注目です!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る