国際ブロックチェーン格付けリップルが確実に順位上げ

10月29日、第6回「国際パブリックチェーン技術評価指標」(CCID Global Public Chain Technology Evaluation Index、No.6)が発表されました。

結果は、EOS、Ethereum、BitSharesは増加し、前の期間と比較して、150.5,136.3及び110.6指数それぞれ、トップ3のリストにランクされています。

全体的に、より高性能なブロックチェーン、チェーン上のアクティブなデータ、一般的なアプリケーション開発のサポートは、現在のグローバルパブリックチェーン技術の革新に沿ったCCIDのブロックチェーン技術の評価において良好な結果を出しています。

CCIDのグローバルパブリックチェーン技術評価は、基本技術、アプリケーション、革新の3つの指標に分かれています。

EOSが前回に引き続き1位をとっているのと、前回から格段と順位をあげているのがリップル(XRP)とNULSでした。
イノベーションは、開発者のサイズ、コードの更新、コードの影響など、パブリック・チェーンにおける継続的なイノベーションに焦点を当てています。イノベーションの面では、トップ5はBitcoin、Ethereum、EOS、NULS、Cardanoです。前回の指数と比較して、イノベーション指数が最も上昇した公的連鎖はリップル、NULS、アイオータ、ステラでした。

第6回「国際パブリックチェーンランキング」

プロジェクト名 総合順位 基本技術 応用性 革新性 総評価
EOS

(イオス)

1位 100.9

→101.4

17.6

→20.1

26.9

→29.0

145.5

→150.5

Ethereum

(イーサリアム)

2位

77.8

→77.8

28.7

→28.9

27.3

→29.6

133.8

→136.3

BitShares

(ビットシェアーズ)

3位 86.6

→87.9

11.9

→13.3

10.7

→9.5

109.3

→110.6

Nebulas

(ネビュラス)

6位

→4位

72.4

→72.4

25.6

→24.2

8.9

→13.8

106.9

→110.4

NEO

(ネオ)

4位

→5位

71.5

→74.2

26.5

→24.2

9.8

→13.8

107.9

→108.9

Steem

(スチーム)

5位

→6位

85.8

→85.1

8.8

→9.8

12.9

→11.3

107.5

→106.1

XRP

(リップル)

15位7位 72.5

→72.0

12.1

→13.1

8.7

18.3

93.3

103.4

GXChain 7位

→8位

76.2

→75.2

18.0

→20.2

11.7

→7.6

105.9

→103.0

NULS 20位9位 64.4

→65.3

10.3

→14.3

13.0

22.4

87.7

102.4

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る