暗号担保!?ローンサービスを利用するUnchained Capital!!

ブロックチェーンの金融サービス会社であるUnchained Capitalは、暗号化担保付ローンサービスを利用する借り手向けに、マルチシグネチャおよびマルチ機関のコールドストレージソリューションを提供する予定だと発表されました。同社の声明によると、コールド・ストレージ・ソリューションは、暗号化された暗号を安全に保管するためのものとなっており、複数の機関で共同作業する予定です。

Unchainedは、長期暗号投資家向けのウェルスマネジメントおよび金融サービスの革新を促進するために、290万ドルのベンチャー資金の締結を致しました。

仮想通貨も担保の時代

Unchained Capitalは、担保としてビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のみを受け入れ、個人および企業に融資を提供しています。暗号化貸出サービスは、24時間以内に1億〜百万ドルの間のローンに資金を提供することができ、6ヶ月以内のローンに対する年利5.99%を提供します。プラットフォームは現在、米国の43州で融資を行っています。

Unchained Capitalの複数署名および複数機関のコールド・ストレージ・ソリューションは、借り手、貸主(非連鎖)および外部第三者の3つの独立した当事者に分配することによって、借り手の資金を保護することが期待されています。また、トランザクションの承認には2つのキーが必要です。

Unchained Capitalは、プレリリースに基づき、すでに焦点を当て、投資家の資産に専用の連鎖アドレスを提供することで、グローバル取引を含む混雑した暗号化貸出市場での差別化を図っていきたいと考えています。

Unchained CapitalのCEO、Joe Kelly氏は、Bitcoin Magazineに次のように述べています。「LedgerとTrezorのユーザーは、現在拡張可能な担保に供されたローンの状況に自国の富を経験した」と述べた。

Kellyによると、ローンが期限切れまたは前払いになると、Unchained Capitalは借り手と一緒に署名し、担保として使用される資産を返却します。ローンがデフォルトになる最悪のシナリオでは、「シタデルSPVは適切な当事者と協力して、担保を移転する取引に署名する」。

Unchained Capitalは、最新のソリューションを期待しており、暗号化貸出リスクを削減することで、同社のマルチ施設保管ソリューションは、スタンダードなものとなっております。

「当社のカストディ・ソリューションは、より安全なローンだけでなく、他の多くのクラスの金融商品の基礎でもあります」とKelly氏はプレリリースで付け加えました。

暗号化貸出サービスは多くの牽引力を得ています。今週初め、Bitcoin Magazine はBlockFiの暗号化されたローンサービスの国際市場への拡大を報告した。ビットコインまたはイーサリアムのみを担保として受け入れるUnchained Capitalとは異なり、BlockFi借り手はBTCまたはETHに加えてlitecoinまたはGemini USDを使用することもできます。

まとめ

まだまだ発展途上ではありますが、暗号通貨の担保のプレリリースが行われ、より使いやすく、人々に仮想通貨は、「お金」としての考えを呼び掛けていますね。

日本では、仮想通貨決済ができるお店がまだまだ少ないのが現状ですが、海外ではさらなる発展を目指しています。

これからの仮想通貨の動きに注目です。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る