新型ステーブルコインの提供開始、今後の仮想通貨市場は?

先日11月5日、大手取引所Liquid(旧QUOINEX)を手掛けるQUOINE(コイン)株式会社は、米ドル建てのステーブルコインのUSDCコインとGUSDコインを、仮想通貨取引所のLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)にて取り扱いを開始することを発表しました。

株式会社QUOINEは、日本で2番目に仮想通貨交換事業者として日本の金融庁(FSA)から登録を受けたフィンテック企業であり、
仮想通貨取引所Liquid by Quoineを現在運営しています。

また、仮想通貨の日本での自主規制団体である一般社団法人日本仮想通貨交換業協会のメンバーや日本の仮想通貨取引所のガイドライン策定にも参画しており、日本の仮想通貨業界を担っている企業の1つとも言えます。

今回、取扱が発表されたコインの【USDC】は、米国の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)と仮想通貨金融業者のCircle Internet Financial Limited(サークルフィナンシャルリミテッド)が共同設立した業界コンソーシアムのCENTREが管理する、米ドル建てのステーブルコイン、【GUSD】はGemini社が発行している米ドルを担保にしたステーブルコインとなっております。

年末に向けて

earth futuristic technology abstract background illustration

仮想通貨業界にいる重鎮の多くは、過去の事例から見ても年末にかけて価格が上昇する場合が多いことを理由に、相場に関する懸念感は示していません。
仮想通貨分析会社であるSantimentは「既に仮想通貨市場が強気相場に突入している」ことを示唆する報告書を公開しています。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の価格が安定してきていることを指摘する一方で、Maker(MKR)などを始めとするERC20トークン(イーサリアムブロックチェーン上)が、米大手取引所coinbase(コインベース)の上場などもあり、ファンダメンタルズ要因によって大きな価格上昇した通貨があることの重要性を主張しています。

今後の強気相場の到来を示唆している理由として挙げたのは、

イーサリアムとの価格相関性の低下、取引量・取引回数の増加などを挙げています。

ERC20トークンのそのほとんどは、その基盤となるイーサリアム(ETH)の価格推移に高い相関性を示していました。
イーサリアム(ETH)にだけではなく、主となるビットコインにも多くの仮装通貨が高い価格の連動性を示してますが、停滞相場や弱気相場にはに関してはより高い連動性が出る傾向にあります。

しかし10月以降に関しては、MKRやBATなどの価格がイーサリアムの価格連動から乖離を指摘しています。
また仮想通貨Maker(MKR)は、今年4月から5月にかけて一度大きな価格上昇を果たしたものの、価格上昇と共に取引量が活発にはならず、投機面での見方が強いとされていました。

しかし、今回の価格上昇においては、オンチェーン上での取引も活性化してきていること、プロジェクト自体の成長につながっており長期目線の投資としてもいい影響があると見ているようです。

仮想通貨取引所Coinbaseも、今後仮想通貨取引できるペアを増やしていき、最終的には、数千以上の取引ペアを提供する目標を明らかにしています。

すでに多くの取引通貨ペアを提供する最大手BinanceやUpbitも、海外拠点を増やし、今後さらに多くの法定通貨に対応していく方針を固めていることから、今後のアルトコイン投資の敷居も下がっていくことが期待されています。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る