仮想通貨年末商戦、海外で期待感高まる!

仮想通貨市場の年末に期待される価格上昇について、eToroのアナリストであるグリーンスパン氏が

年末にかけて仮想通貨市場は【サンタクロース・ラリー】が見られると発言しており、注目を集めています。

今年に入り複数の取引所のハッキング事件により、ビットコインの価格は10ヶ月近く下降を続け、昨年末の価格の3分の1以下まで下落しているが、今年の年末の価格上昇を予期する分析家は非常に多い。
一般的な株などの金融市場では年末にかけて投資家の動きが活発になることから株価は上がる傾向にあリます。

今週発生したビットコインキャッシュをはじめとする、リップルなどの仮想通貨の上昇幅を見ると、仮想通貨市場でサンタクロース・ラリーが見られる可能性はかなり高いと言えます。

グリーンスパン氏がサンタクロースラリーの引き金となり得ると行ったのは、11月15日に控えるビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークです。

前回5月に執行されたビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークでは1ブロックあたりの容量が8MBから32MBに変わったことが変更点でした。しかし今回、Bitcoin ABCが掲げる実装アップデートと、もう一つの案である、Bitcoin SV(Satoshi’s Vision)が対立しており、チェーン分裂の可能性が市場で噂されています。

チェーン分裂による危機感は懸念点として残るものの、ファンダメンタル材料として投資家の頭には新たな通貨の付与が期待されているので、好転化が期待されています。その事実として、ビットコインキャッシュ(BCH)は先週の価格から約45%近く上昇しています。

短期的に(12月1日まで)最も価格が伸びると予想された仮想通貨はVerge(バージ)で、約76%の上昇を記録すると期待されています。
他にも、しばらく低迷が続いたイーサリアム(ETH)も、32%の上昇率が見込まれるなど、復帰が望まれています。


特筆すべきは仮想通貨リップル(XRP)で、来年末までに驚異の327%の成長を見せると予想がされています。
以前の予想では、リップル(XRP)は2019年12月末までに45%の上昇(0.72ドル/約81.6円)と予想されていましたが、今回は1.90ドル(約215.2円)と大幅上方修正されています。

これは月初めに翌月の仮想通貨に関する価格予想を発表しているイギリスの比較サイト【Finder.com】が、翌月と年末、来年末の価格予想表を公表しています。

また本日もスウェーデンの主要銀行の一つであるSEB(スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンの略称)がスウェーデンとアメリカ間の送金を高速化する為にリップルの商品を利用しており、リップル社の商品に対するニーズが増えている事を明らかにするなど、リップルにとってポジティブなニュースが続いています。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る