Wasabi Walletって何?Wallet がより使いやすくなる!?

Wasabi Wallet 1.0は、2018年10月31日に公開されました。Wasabiの創始者であるÁdámFicsórが「何も革命的ではない」と称したこのリリースは、ソフトウェアをクリーンアップし、macOSと互換性があります。

「1.0のリリースは、すべてのプラットフォーム(Windows、Linux、OSX)で正しく動作致します。Walletの読み込み時間を短縮し、メモリーを捕捉し、使用したライブラリのOSXバックエンドを書き換える事ができます。

ワサビの匿名性は、創設者であるÁdámFicsórが導入したプロトコルであるZeroLinkを中心に、「オープンソースの非保護型のプライバシー保護されたBitcoinウォレット」です。このプロトコルは、Ficsórが2013年に最初に提案し、忘れられたトランザクションのクローキング方法を復活させることによって構築されたプライバシーフレームワークとなっております。

Chaumian CoinJoinとして知られているトランザクショントリックは、その名前が意味するように機能しており、基本的にはトランザクションをまとめて、誰が何を誰に送信しているのかを難読化します。しかし、仕事をするには、各当事者が同じ金額を送っている必要があり、そうしないと、送られたコインを受け取った人の送ったビットコインの違いから分かりやすくなります。

彼がTumbleBitをStratisのBreeze Walletに実装した後、CoinJoinと彼の考え方のZeroLinkに焦点を当てたFicsórが登場しました。この機能はCoinJoinと同様のプライバシー上の利点を提供しますが、より集中化され、参加者は送信したコインとは異なるコインを受け取ることができます。

Ficsór氏は、Wasabi自身のCoinJoin機能は、「150以上のBTCが同等の生産量で取引されている」と述べ、チームと「遠隔的に深刻な問題はない」ということで、Ficsorと企業は自信を持ってソフトウェアは1.0を推奨しております!

彼はまた、更新されたバージョンはどのような方法でもCoinJoinプロトコルを試していませんが、ZeroLinkの彼自身の発明にいくつか根本的な変更が加えられていることを示しました。

「ZeroLinkは、多くの財布が「財布の交換可能性要件」に適合するように設計されていましたが、これは現実的では実現できませんでした…という考えは、すでに混在していても、リスクを軽減するために、賢明なラベリングシステムを考案しなければなりませんでした。ワサビブロックチェーン分析ツールを使用してコインコントロール機能を構築しました。これにより、ユーザは、必要に応じて、どのコインに参加することができるかについての知識のある決定を下すことができる。

「その後、人々がウォレットをどのように使用するかを見たとき、それはさらに良くなった。ZeroLinkを設計する際には、ユーザーがコインのリミックスを続けるとは思っていませんでしたが、再ミックスは完璧なミックスであるため指数関数的な匿名性の向上につながります。今日、ミックス全体の40〜60%。だから、それはかなり驚くべき出来事だった」と彼は話しております。

Ficsは、最新のリリースではユーザーエクスペリエンスに重点を置いているという話を強調しました。今後は、資金と人員が許せば、よりスムーズでより使いやすい体験を作り出すために、技術的な不自由さを解消していきたいです。

まとめ

今回は数あるWalletの中から、Wasabi Walletをご紹介いたしました。

プライバシー問題を改善し、より使いやすいWalletになっています。まだまだ改善点はあるともいますが、これからWalletもたくさん持つ人がいますので、早めに持っておいて損はないと思います!

一つのWalletとして見てみてくださいね!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る