バンク・オブ・アメリカが大企業向けの仮想通貨預金を開始

アメリカ最大のメガバンクである、バンク・オブ・アメリカは最近、大企業がリスクを自分自身で取るのではなく、金庫やオフライン・ストレージを含むエンタープライズ・アカウントに顧客の仮想通貨預金を保管する仮想通貨集約システムの特許を取得しました。

このシステムは
「金融機関などの企業の預金口座は、金融機関の顧客が保管のための資金を預金するために使用されている」と同特許は述べています。

これまでに銀行が提出した数多くの特許の多くはブロックチェーン技術に焦点を当てていましたが、11月13日に米国特許商標庁によって認可を受けたこのシステムは明らかに仮想通貨の競争は激しい動きを見せています。

バンク・オブ・アメリカのシステムは、顧客と企業のアカウントを格納するメモリと、ビットコイン、ライトコイン、リップル、ピアコイン、ドージコインのような仮想通貨預金を処理し、公開鍵を設定し預金の価値を決定することができます。また、企業の公開鍵を利用してエンタープライズアカウントを集約します。

2014年に提出された特許出願に関しては、「仮想通貨を含む金融取引がより一般的になっている」という仮想通貨取引が増加していることを認めています。一方、最近、スクエアのような企業では、仮想通貨支払いの特許を取得しました。

バンクオブアメリカのような企業の仮想通貨ストレージシステムは、さらなる導入を促しており、企業や消費者に仮想通貨での取引を促す可能性があります。しかし、P2Pシステムが回避しようとしている手数料や追加コストを抱えるようになった場合、両者の間にはしばしば論争の的になる関係の中で、仮想通貨コミュニティでは多くの人々の発言権が失う可能性があリます。

しかし、バンクオブアメリカは効率的なシステムであり、暗号化された通貨の変換に関連する手数料などを迂回するように設計されています。例えば、特許に記載された技術の複数の「実施形態」の1つでは、バンクオブアメリカは、そのシステムが「企業の顧客が所望の通貨交換を実行するために第三者通貨交換を使用する必要性を否定する」ことを示唆しています。

彼らは、企業が「これらの顧客に代わって取引を行うためにこれらの口座に保管された暗号を使用する能力を与える、顧客の暗号保護資金を安全に保管する」ことによって、そのような暗号化を利用し、適切な特定の顧客口座から引き落としまたは信用を得たい」

一方、同社のブロックチェーン特許の多くに登場する発明者の一人であるMichael Wuehler氏は、最近、この特許が「無意味」であり、革新に対する銀行の一般的認識を歪めるように設計されていることを示唆しています。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る