バイナンス、イラントレーダーに仮想通貨の出金を促す!

Binance(バイナンス)は、各仮想通貨取引所が国際的な制裁措置を遵守しようとしているため、イランの残りのユーザーに資金を引き出すようにアドバイスしています。

「Binanceのアカウントを持っていて、その制裁措置の事項に入るならば、できるだけ早くBinanceから資産を撤収してください」と、いくつかの現地の情報によると、イランのユーザーはEメールを受け取っているとの事。

イランのブロックチェーン協会理事会のセパール・モハマディ会長は、11月5日に開始された米国の制裁解除に伴いこのような通知は数ヶ月間の間流されていると述べました。

イランのトレーダーに警告

マルタに本拠を置く世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、本人確認済みの顧客(KYC)プロセスの一環としてイランのパスポートを提供したユーザーの口座を閉鎖していました。しかし、今週、イランのIPアドレスに関連したアカウントに警告を出して、保有中仮想通貨の出金を再開しました。

イランのいくつかのトレーダーらによると、
テヘランに本拠を置くBlockchainプロジェクトのAreatakの研究員Nima Dehqanは「イラン人は仮想通貨の取引所を本当に信用できません。」と述べています。

実際に、これは多くの取引所のほんの一部ですが、BitMexとBittrexは、こういった場合に発生する顧客のために仮想通貨の返金をすることなく、一年でイラン人のユーザーを禁止しています。

独自のコミュニティを作るイラン人

ワシントンDCのFS Vectorコンサルティング会社のパートナーであり、元コインベースの政策責任者でもあるジョン・コリンズ氏は、「米国の市民に奉仕したいなら、これらの管轄区域のユーザーにサービスを提供することは難しいだろう」とCoinDeskに語った。「現在、多くの企業が米国を目指し、米国の規制に順応していると言えるのは理にかなっている」と語った。

こう行った点でイランのビートコーン共同体が地域の企業を作り、ネットワークを支援するために一緒に結束することを余儀なくされたと述べられております。

Dehqan氏は、「私たちは実際に、仮想通貨を自分で交換したいと思っている人々のために、テレグラムやWhatsAppの仮想通貨グループを持っています。人々はお互いを信頼しなければならない。それがイランのより密接な組織なんです。」と述べた。

一部のベンダーは、イラン当局がその活動について尋ねる場合に備えて、物理的な店舗を設立し、KYC(本人確認)を実施しています。

EtherDelta【イーサデルタ】などの取引プラットフォームに対する米国の規制撤廃は、米国の顧客にKYCの要件をより慎重に開始させるためのいくつかの交換条件を促した。SimilarWebによると、Binance(バイナンス)のウェブサイトトラフィックの約13%は米国からのものです

シカゴに本社を置くSmolinski Rosario Law社の暗号侵害に関連する法的問題を専門とする弁護士のネルソン・ロサリオ氏は、「規制当局はより多くの取引所に焦点を当て始めている。」バイナンスのリスクを回避する動きについて、彼はこのように付け加えました。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る