GoogleやTwitterのアカウントはハッキングの標的!?

暗号化されていないTwitterアカウントユーザーのハッキングが多発しております。

Googleは、不正な暗号の告知を広告して、フォロワーを詐欺に仕立て上げ、使用したハッカーによってアカウントが引き継がれ2つの目のターゲットになっていきます。

ターゲットのTwitterアカウントに200万人近くのユーザーが参加し、tweetを投稿し、2018年11月13日に発生したハッキン​​グを確認しております。

「私たちのTwitterアカウントが不適切にアクセスしました。アクセスは少しの間続き、1人の偽のつぶやきは、ビットコイン詐欺についてその時に投稿されています。」

ハッキングのターゲットに見えるように、Googleの Twitterアカウントは、ターゲットが犠牲になってから数時間以内に違反していて、Googleのハッキングは、ターゲットを悩ませたのと同じ戦術でマークされている、Got Suiteの800,000人のフォロワーに、ビットコインを渡すを約束している誤ったツイートです。

Googleのスポークスパーソン氏は、声明の中でBusiness Insiderに対するハッキングを確認しており、

「承認されていないツイートがG Suiteアカウントから共有された。ツイートを削除し、Twitterで今調査中だ」

と述べております。

ハッキングについては現在調査中

これらのインシデントは、暗号化のコミュニティにとって一定の迷惑になっており、Twitterの詐欺のより洗練されたバージョンです。一般的に、これらの詐欺には、不正なアクターが含まれていますが、実際にアカウントが詐欺を宣伝するために引き継がれることはまれですが、ほぼ同じプロファイルを持つ暗号業界で人気のある人物を模倣するだけです。

詐欺師がどのようにブランドのソーシャルメディアアカウントにアクセスしているのかは不明ですが、詐欺と戦うためには新たな対策が必要であることは明らかです。

過去にこれらの事件に対する明確な防御策を見出せなかったことで批判されたTwitterは、将来的にTargetによって目撃されたような同様の違反を防ぐための反撃対策に取り組んでいると伝えられている。

今年の初めに、詐欺防止ソフトウェア会社のMetaCert は、ユーザーを不正なアカウントから保護するブラウザ拡張機能であるCryptoniteをリリースした。

まとめ

今回は、ネットの恐ろしい部分をピックアップしましたが、仮想通貨でも同じことで、ハッキング事件は起こっております。

便利になる一方でこういった事件が最近増えたなと思っております。セキュリティ面を改善しない限りさらなるステップは難しいと思いますので、少しずつ改善してもらい、みなさんがより良い生活をしていくために、仮想通貨が使われることを望みます!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る