仮想通貨ファンドの懸念、閉鎖危機か

仮想通貨は、ボラテリティの高い投資対象として知れ渡り、その仮想通貨の価格は2017年年末に大幅な上昇を遂げた一方で、2018年には年間を通して大幅下落を記録し続けています。

さらに、仮想通貨市場はここ数日間で大幅な下落を見せており、今週のビットコインは、最低値は50万円を下回って取引されています。

モルガン・クリーク・デジタルの創業者であるアントニー氏は、先日11月19日に自身の情報サイト【Off The Chain】にて、仮想通貨ファンドやICO発行者への懸念を示しました。

仮想通貨ファンドマネージャーの「High Water Mark」方式と呼ばれる報酬形態が、仮想通貨ファンド存続が困難になっている現状に関係していると述べています。

High Water Markとは
日本語で最高水位のことを意味し、ファンドの運用額がある一定の水準を超えた部分に対して、ファンドマネージャーに追加報酬が得られる、いわゆる成果報酬型の形態

要するに彼らが大きな成果を挙げれば、それに見合った報酬が得られるが、逆に成果が挙がらないと、追加報酬を得られないことになるということです。

実際現在あるほとんどのファンドは、前投資期の最後であり、仮想通貨市場が最も広がった2017年末に最高水位を記録しているため、多くのファンドマネージャーは、その水準を超すまで成果報酬を得られないことを指摘されている。現在の仮想通貨市場は、2017年末から全体的に50〜80%ほど大きく下落していることから、ほとんどのファンドマネージャーがHigh Water Mark方式の成果報酬を得るためには、仮想通貨価格が現在の価格より2〜4倍の上昇を記録する必要があるとされてます。

そして、ファンドマネージャーの総報酬額は、成果報酬に大きく左右されることから多くのファンドが閉鎖、または、最高水位を記録した2017年の基準を一新するために、閉鎖後、新たなファンドを立ち上げるといった行為が目立つようになるのではないかと予想しました。

さらに、仮想通貨のファンドマネージャーには、比較的若く、経験の少ない人材が多いことから、未だ成果報酬の予測が立てられていないのではないかと主張している。

要するに彼らの成果報酬額が明らかになる年末にかけて、残り60日ほどで、複数の仮想通貨ファンドが閉鎖される可能性を示唆している。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る