PaxfulはギフトカードからBitcoinへの取引移行か?

個人がビットコインのために使用不可能なギフトカードを交換する時がついにきました。ビットコインの価格が下落する中で、ピアツーピア(P2P)のビットコイン市場であるパクスフルは、これらのギフトカードを「ディップを買う」ために使用することを可能にしています。

PaxfulのCEOで共同設立者のRay Youssef氏は、ここ数年の間、Paxfulの一番忙しい週はBlack Fridayの直後だったと説明しています。実際、時間が経つにつれて、ギフトカードとビットコインとの間の交換の割合はますます高くなってきている。

「1年後からギフトカード全体での増加率を計算した」Bitcoin Magazineは語っており、「同じ金額で、今年の金額は1530万ドルになるだろう。このレートは約271パーセントです。私たちの現在の週刊ギフトカードの数量を考えれば、それは可能性の範囲内にある。」とおっしゃっています。

BTCが現在下がっているが問題はないのか?

ビットコインの価格は4,560ドルをわずかに下回っておりますが、Youssefは暗号の分野のいくつかの隅でパニックが起こったが、価格の低下を心配せず、Paxfulのビジネスに影響を与える可能性は低いと感じている。

ビットコインを使ってお金を翻訳する人がいる限り、価格は問題にはなりません。開発途上国や通貨下落の国々では、ビットコインが代替通貨になっています。また、2018年1月以降、ビットコインの価格は下落していますが、パクスフルの販売数量は継続的に増加しています。Bitcoinはいつも最高の財政的な選択肢になるでしょう。

Youssef氏は、ギフトカードは休暇中にギフト提供者の間で人気のアイテムとして残されていますが、ピアツーピアシステムを非常に重要なものにしているのは、レシーバにとって常に最高のアイテムではありません。

「開発途上国の多くの人々は、これらのギフトカードのクレジットを使用していません。Amazonのアフィリエイトとしてウェブサイトやビジネスを持っているユーザーもいます。開発途上国の人々は、自分たちの地域にアマゾンなどはありませんが、これらのすべてのクレジットを獲得しており、したがって彼らはBTCのクレジットを売却し、BTCを彼らが望むどんな通貨にもできる。これは、P2Pファイナンスとビットコインがボイドを埋める方法です。P2Pファイナンスにこの言葉を広めたい」とおっしゃっています。

Paxfulの内部データによると、Paxfulが2015年にピアツーピア市場を最初に開始して以来、ギフトカードは8億8,000万ドル以上のビットコインを購入するために使用されています。これはプラットフォームの取引のわずか64%を占めています。クレジットカード、デビットカード、アップルペイ、スクエアキャッシュなどの他のすべての方法は、ビットコイン購入の約36%(およそ499百万ドル)を占めています。合計で、約13.8億ドル相当のBTCがPaxfulを通じて取得されています。

まとめ

徐々に仮想通貨が、色々なものと交換されており、価値がどんどん高まっており、色々な人に認知されていっております。

これからの仮想通貨の進展が楽しみですね。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る