リップル・ビットコインキャッシュ決済アプリRevolutに追加!

イギリスを拠点とするフィンテックのスタートアップ企業のRevolut(レボリュート)社はこれまで、アプリを通してユーザーが仮想通貨を購入できるサービスを展開していた。フィンテックは投資用語として金融サービスという意味です。今回、取り扱い仮想通貨の数を増やすため、リップル(XRP)とビットコインキャッシュ(BCH)の追加を発表しました。

Revolut(レボリュート)

Revolut(レボリュート)は170億ドル(約1.7兆円)の時価評価額で、シリーズCで2億500万(約250億円)ドルの資金調達を行ったことを先日発表しております。創立からたった3年でのユニコーンの仲間入り。

すでに2018年2月には損益分岐点を越えたことを発表しています。Revolutのサービスは仮想通貨の売買および保有が可能です。これまで利用できる通貨ペアはビットコイン、ライトコイン、イーサリアムの3種でした。その3種類に新たにリップルとビットコインキャッシュが追加され、合計5種の取り扱いとなりました。リップルとビットコインキャッシュは、現在の時価総額で3、4番目に位置する仮想通貨です。

今回のRevolutの取引手数料は1トランザクションごとに、1.5%で取引が可能となっております。また、Revolutはそのアカウントから通貨を取引所などへの送金受取はできないようになっております。このアプリで利用できることは、仮想通貨の売買とRevolutを使用しているユーザー同士の仮想通貨交換のみです。またRevolutは、「Vaults」という新たなサービスをスタートしており、使用しているユーザーは取引を行うたびに、購入額の内いくらかを指定して仮想通貨貯金をすることができるようになっておます。また事前に設定をすることで、定期的な仮想通貨預金することも可能です。どの仮想通貨を預金するか、なども自由に選ぶことができるようになっております。

Vaults

現在既に5万人をこえる、Revolutユーザーはこの新しいサービスを利用し始めています。
Revolut社は、アメリカ、カナダ、シンガポール、香港などに事業を展開させようとしており、このアプリが仮想通貨ユーザーのスマホに入るのも時間の問題ですね。

リップル(XRP)起用

今回導入されるリップルに関しては言えば、先日Uphold(アップホールド)社が提供している、モバイル決済サービスがリップルチェーンとの統合により直接リップルを購入できるようになりましたよね!ビットコインキャッシュもハードフォークやアップデートを繰り返して安定するサービスを展開させようとしております。現代はどんな事でもアプリで管理する時代になっており、こういったモバイルアプリなどへのリップルの適用がニーズによるものならば、仮想通貨ユーザーのリップルへの期待はかなり大きいものだといえますよね!

日本にて事前登録開始

日本でもこのアプリケーションの事前登録が始まっており、まだ使用はできませんので
公式ホームページにアクセスして登録しておきましょう!Revolutはアプリをダウンロードして、簡単なアカウント登録をするだけでプリペイドクレジットカードを発行して使えます。このカードはデビットカードのような形になっております。今回このようなアプリを作った背景としては「不透明な為替レートの差異や銀行から徴収される手数料に疑問を感じており、もっと公平に為替取引ができる世界を作りたい」という思いから今回のサービスの提供に至ったようです。しかも今回のアプリは良いレートでしかも手数料無料で為替両替ができちゃいます。為替も円からドル、ユーロなどメジャー所だけではなく、マイナーな南アフリカランドなど90種類以上の通貨ペアの両替が可能となっております。また海外手数料も無料でできてしまいます。発行できるカードも必要な分だけアプリで現地通貨に変換しておいて、カードを利用すれば、いつかのよくわからないレートで決済されることもなく安心して利用することができます。海外旅行や海外出張が多い方にはかなり良いサービスと言えるのではないでしょうか?
URL貼っておきますのでよかったら、登録してみてください。
https://www.revolut.com/jp/?lang=en

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る