【仮想通貨ニュース速報】アプリ会社「gumi」がブロックチェーン事業に参入!

スマートフォン向けのゲームアプリを提供するgumiは本日(5月30日)、取締役会において仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入することを決議し、仮想通貨とブロックチェーンに関連する企業への投資に特化したファンドを立ち上げました。ファンドの規模は約32億円で、すでに仮想通貨で資金調達するICO(Initial Coin Offering)プロジェクトに投資をはじめています。gumiはICO市場の急速な拡大と、仮想通貨・ブロックチェーンに関するコンテンツの自社開発など、収益機会の確保と中長期的な成長のために、仮想通貨・ブロックチェーン事業への参入を決定したという。

事業会社への投資を目的としたファンド「gumi Cryptos」

まだ未定としているものの、新たなテクノロジを活用する企業との連携を図ることで、新規事業展開を加速するとしている。ICOに関しては、既にご存知だと思いますが、スタートアップ企業が、世界中の人たちから資金調達ができる仕組みとして注目を集めています。現状はIPO(株式)による、企業のスタートアップが一般的だった、従来のIPOによる資金調達だと調達できて1億から数10億程度だったが、ICOはアメリカやシンガポールを中心に100億円を上回る資金調達に成功するICOプロジェクトが続出してます。その一方で、多額の資金を集めたまま、実施者の行方がわからなくなった事例や、具体的な製品やサービスの開発がまったく進まない、いわゆる作業案件と呼ばれるプロジェクトなども報告されている。

すでにICO案件への投資がはじまっている

gumi代表取締役は企業の長期的な成長のためには、仮想通貨およびブロックチェーン事業を手がける企業への投資が必要不可欠だとしており、事業参入に先駆けて、前回の取締役会にて連結子会社を通じ、仮想通貨・ブロックチェーン技術を用いた事業会社への投資を目的としたファンド「gumi Cryptos」の組成を2月1日に設立した。ファンドは、既に実績を持っている米仮想通貨取引所 「Evercoin」の創業者で、BitBull CapitalやCrypto Currency Fund など複数のファンド、VCのパートナーを務めるMiko Matsumura氏が共同事業者として運営しており、国内大手金融機関、韓国の大手ゲーム開発・運営企業に加え、国内外の複数の企業・個人が出資する。また、仮想通貨評価メディア「Bit investors」を運営するユニコンが仮想通貨の入出金、売却などをサポートするという。既にファンドはいくつかのICO案件への投資がはじまっているようです。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る