「チェーンリンク」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

チェーンリンクは現在2018年6月2日の時点で価格が39.21円となっており、時価総額はおよそ137億円です。仮想通貨全体の時価総額ランキングでは113位にランクインしています。2017年11月までは30円前後を推移していましたが、2017年の年末に他のアルトコインの急登に乗っかって、135円から140円ほどにまで高騰しました。しかし、その後仮想通貨価格は下落してしまい現在は35円前後で価格が安定しています。

管理主体や発行枚数について

チェーンリンクの最大発行枚数は10億 LINKで、現在3億5千万LINKが流通しているという状況です。

こんな技術が使われている!

チェーンリンクにはクロスチェーンと呼ばれる大変有効な機能があります。クロスチェーンとは、簡単にいうと、異なるブロックチェーン同士をまたいで処理ができる昨日のことです。クロスチェーン取引が実現することで、取引所などの第三者を経由することなく異なる仮想通貨を直接交換ですることが可能になり、取引所が抱えるセキュリティ上のリスクや無駄にかかってしまう手数料などを回避できます。クロスチェーン取引を実現する技術はアトミックスワップと呼ばれており、異なるブロックチェーン上にある暗号通貨同士を、取引所などの第三者を経由せずに直接交換する技術のことで、この技術があることで、それぞれのブロックチェーンの拡張性や接続性が問題となっている中、本当の意味での中央集権ではなく、分散型のシステムを実現す流のではないかと注目されています。わかりやすいように具体例を出して説明します。もしあなたがビットコインを持っていて、そのビットコインをイーサリアムに交換したいと思っていると仮定します。ビットコイン、イーサリアムは現在仮想通貨を代表するメジャーな仮想通貨ですが、実はこれらはそれぞれ違うブロックチェーンを用いているので、繋がっていません。繋がっていないとどういうことが起こるかというと、あなたが交換したくても取引所でわざわざ手数料を払って、交換しなければならないということです。しかし、チェーンリンクはわざわざ取引所で手数料を払って交換するという操作をしなくても簡単に交換できるように橋渡しの役割をになってくれます。

こんなところが優れている!

チェーンリンクの一番のメリットは先ほども説明したチェーンリンクの技術です!これがあれば、スマートコントラクトと、異なるブロックチェーン上の資産を結びつけ、仮想通貨の橋渡しの役割を果たすと言いましたが、仮想通貨が世界中で普及している現在ではこの技術は本当に魅力的です!この機能がこの先普及し、仮想通貨の交換をこのチェーンリンクで行われるようになれば、スマートコントラクトの開発が活発になればなるほどより重宝されていくことは必須です!またさらに、チェーンリンクはブロックチェーン同士を結びつけるだけでなく、オフチェーンのAPIや、銀行などの金融機関とブロックチェーンを結びつけることも可能にします。つまり、現実の資産をブロックチェーン上で管理することが可能になるわけです。

こんなところが残念!

目立ったデメリットはあまりありませんが、強いていうなら、その利便性や将来性から、投資家からの評価が非常に高いわりに、価格が下落してから、なかなか上がらず、停滞しているということです。また、クロスチェーンの技術を応用した、さらに仮想通貨を交換するのに適した通貨が今後作られる可能性が考えられます。仮想通貨の橋渡しという所に目をつけてプロジェクトを進めているチェーンリンクは確かに戦略的で、将来性があると言えますが、今後競合するようなことがあるとその将来性に少し不安が残ります。

将来性

チェーンリンクは2016年Sibos(世界各国の金融機関関係者が出席する会議)をきっかけにSmartContract社と契約を結び、SmartContract社とSWIFTがChainlinkを使ってブロックチェーンの実証実験を行い、その後成功しました。SWIFTは、国際銀行間金融通信協会のことで、世界規模で、資金付替や、外国為替、証券取引、などの安全性の高いグローバルな金融メッセージ・サービスを提供しています。世界で大きな影響力のあるSWIFTとの提携は、チェーンリンクにとって大きな強みですし、将来性を考える上でとても重要な要素です。さらに、Swiftといえば、リップルからその地位を脅かされているジィ歌いになっています。だから、現在さまざまなブロックチェーン開発企業との連携が促され、その中でチェーンリンクとの連携という結果に繋がったんですね!一方チェーンリンクに対して、こんな不安を抱いている人がいます。それはリップルもブロックチェーン技術を利用した送金システムであり、チェーンリンクよりも地名度があるので、チェーンリンクがRippleと競合したら歯が立たないのではないかということです。しかし、リップルは主に銀行間の送金を大幅に簡略化するためのネットワークであり、カバーする範囲が異なるため競合はないと考えるのが妥当です。スマートコントラクトの導入が企業に広く浸透すればするほど、チェーンリンクの将来性も高くなる可能性があるのです。しかし現状でそのようなことは考えられにくいです。これを理解するには、リップルと、チェーンリンクそれぞれの役割について理解しておく必要があります。まず、リップルは、銀行間通貨の「送金(交換)」に使用される通貨です。例えば日本の銀行が海外の銀行に円を送金するとき、リップルを使うことで、送金時間を現金での送金よりもはるかに短縮することができます。それだけではなく、手数料も削減することができます。これがリップルの簡単な役割とメリットです。それに対して、チェーンリンクは、銀行間の取引方式を変えたい際に使用されます。チェーンリンクは先ほども説明した通り、銀行などの金融機関とブロックチェーンを結びつけることも可能します。また例を出すと、日本にある銀行がスマートコントラクトを介して海外の銀行と取引するとき、海外のインフラ整備ができていなかったとしましょう。普通ならば、ここで取引ができないため終了となってしまいますが、チェーンリンクを使えば、橋渡しの役割をしてくれるので、海外の銀行が普段使用している取引方式のまま取引することが可能になります。なので、チェーンリンクはリップルと違って、通貨送金の際に使用することはできません。このことから、それぞれ活躍する範囲が異なるため競合はないと考えられます。さらに、チェーンリンクに関しては、この先スマートコントラクトの導入が企業に広く浸透すればするほど、注目されるのは確実です。将来性が楽しみな通貨ですね!

オススメの取引所

チェーンリンクを扱っている日本の取引所は現在ありません。そのため、海外取引所で、チェーンリンクを購入することができる取引所をいくつか紹介します。まずはバイナンス(Binance)です。バイナンスは知名度もありますし、取り扱っている仮想通貨も多いので比較的利用しやすいと思います。また、バイナンスは日本語に対応しているだけでなく、日本の取引所の口座からの送金も簡単にできます。他も、チェーンリンクを扱っている取引所にはフオビ(Huobi)やEtherDeltaなどがあります。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る