【仮想通貨】6月11日 仮想通貨ニュース!

ポーランドの仮想通貨への認識 欧州ポーランドの金融監督機関である(KNF)によると、ポーランドでは仮想通貨取引の規正法がないが、適切に規制していくことを検討していくそうです。KNFのウェブサイトでは仮想通貨取引が合法であるとしながらも、マネー・ロンダリング(資金洗浄)、脱税、テロ資金供与を防ぐためポーランドは市場を規制することについて真剣に検討中です。現状では法的な規制が及ばず、直ちに禁止されるなどの懸念はないため、仮想通貨業者はパニックに陥ることはないと考えられています。これを解決するために、KNFは仮想通貨に関する新たな規制法を導入する予定で、2018年7月中旬に施行される法律は、仮想通貨取引所に対し、届出を義務付ける機関として定義し、この新しい法律の施行によってマネー・ローンダリングやテロ資金供与を防ぐことができるとしています。また、ポーランドの財務省は、論争の的となっている仮想通貨税法の変更を発表しました。以前までは、仮想通貨取引に対し18%と30%の2つの税制が規定されていました。 しかし、反対意見が多かったということもあり、財務省は仮想通貨取引に対する課税を撤廃しています。最近、ポーランド最大の仮想通貨取引所であるBitBayはポーランドでのすべての活動を終了し、マルタに移るという決定を発表しました。この仮想通貨取引所は、ポーランドの銀行がその事業を支援したくないと非難したため、より友好的な地域への移行を余儀なくされました。また、KNFはICO(イニシャル・コイン・オファリング)の禁止も検討するとしています。ICOは、ほとんど規制されていないため詐欺の温床となる恐れがあり、また、市民に仮想通貨市場のリスクのについて衆知する努力をしています。そのためKNFは先月、仮想通貨投資のリスクに関するソーシャルメディア・キャンペーンの実施計画を発表しました。2月中旬にはポーランドの中央銀行が、2万7000ドル規模の反仮想通貨キャンペーンに密かに出資していたことを認めています。キャンペーンでは、仮想通貨に投資後、全財産を失った男性のユーチューブ映像が使用されています。暗号通貨市場を安定化させて発展させるためには、ICO市場を制度の中に編入することが最も緊急な課題です。 暗号通貨の投機ブームに便乗して、クラウドファンディングのやり方で企業の情報のみを公開して投資金を募集するICO方式は、ICOを装った詐欺や、投資金募集を目的に無分別に市場に参入する企業のリスクにそのままさらされることになります。検証されたアイディアと技術力を兼備した企業を選別して、投資者らが客観的に評価した信頼できる情報をもとにICOに参加できる市場基盤を設けて、企業を最小限に監督しつつも、支援できる制度がともに設けられてはじめて暗号通貨市場が安定して発展することができるとおもいます。国際的に仮想通貨に対して受け入れ体制が見直される時期に差し掛かっており、日本でも例外なく積極的に課税やICOの規制などを見直していかなければ、仮想通貨関連の企業だけでなくユーザーも国外へと離れていき、ブロックチェーン・フィンテック分野においても他国に遅れをとってしまいます。仮想通貨で資産を構築していくためにも確かな情報を吟味して、投資ていくのが大切なことだと思います。 ]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る