ビットコインの採掘(マイニング)とは?やり方からコストまで世界1わかりやすく解説!

ビットコインでお金を稼ごうとするなら、必ずと言っていいほど理解が必要になるのがこの記事のテーマでもある「採掘(マイニング)」です。仮想通貨を少しかじっている方の多くは、なんとなくは分かっていると思いますが、最近この「採掘(マイニング)」をテーマとしたICOのプレセールが行われるなど、曖昧ではなく正しい知識が必要になってきています。そこで、今回はこの「採掘(マイニング)」について概要・やり方・必要になるマシンやコストまで世界で1番わかりやすく解説します!

ビットコインにおける採掘(マイニング)とは?

では、ビットコインにおける採掘(マイニング)について解説していきましょう!
まず、冒頭から「採掘(マイニング)」としているため、『「採掘」と「マイニング」って何か違いがあるの?』と感じている方もいるかもしれないので説明しますが、日本語か英語科の違いで意味は同じです!野球で「ホームラン」とするか「本塁打」とするかと一緒です。

では、具体的にビットコインの採掘(マイニング)について解説していきましょう。そもそも、ビットコインは取引の履歴がインターネット上の取引台帳に記録されていくことで、誰がどのくらいの量を持っていて誰に送ったかなどがわかるようになっています。そのため、ビットコインの取引が行われると随時、この取引台帳にその取引について記帳する必要があるのです。しかし、この記帳作業には強大なPCの処理能力が必要になってしまうので、世界中のコンピュータに手伝ってもらいます。そして、この記帳作業を手伝ってくれたコンピュータ(=そのコンピュータの所有者・権利者)に報酬が支払われます。これが採掘(マイニング)です。
身近な話で説明すると、幼い時は使途不明のお金が生まれないように母親にお小遣い帳をつけさせられていた方もいると思いますが、これをビットコインが取引台帳に通貨全体で行なっているというイメージで良いでしょう。数千円レベルのお小遣いの範囲なら電卓1つあれば計算できますが、それが数兆円レベルになると電卓では無理ですよね(汗)そのため、報酬を渡す代わりに計算を手伝ってもらうんです。
超簡単に言ってしまえば採掘(マイニング)とは取引で必要になる膨大な計算をする脳みそ(PCなど)を貸してくれたら、報酬支払うね!」ということです。

採掘(マイニング)のやり方

採掘(マイニング)の仕組みや概念を理解してもらったところで、具体的にどのような方法で採掘(マイニング)を行なっていくのか解説して行きます。採掘(マイニング)の方法はソロマイニングプールマイニングクラウドマイニングの3つがあります。

この3つをわかりやすく説明すると…

ダイヤモンドの鉱山で掘ったダイヤモンドの量に応じて報酬が貰える仕事があったとします。これに例えるとすると…
個人事業主のような形で掘ったダイヤモンドに対して報酬をもらうのが「ソロマイニング」です。そのため、報酬も間に何かを挟むことなく、直接的にGETできることになります。

会社のような形で多数の人でダイヤモンドを掘り、みんなで掘った量に対して、各々が使っている採掘機器(ある人はツルハシ、ある人は電動ドリルなど)の性能や実際にどれくらい掘れたかの貢献度で報酬を貰うのが「プールマイニング」です。会社全ての人で掘ったダイヤモンドに対する報酬が会社に支払われてそこから貢献度で給料が払われるので、間接的に報酬を受け取ることになります。

投資家のような形で、自分は実際にダイヤモンドを掘らず、大規模な高性能採掘機器を使って一気に採掘をしようとしている会社に設備投資用の資金を投資して、そこで掘れたダイヤモンドで得た報酬を出資した資金に対して配当報酬を貰うのが「クラウドマイニング」です。こちらも報酬自体は間接的なものとなります。
以下では、具体的にそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

ソロマイニング

ソロマイニングとは、「設備投資して自分ひとりでやる!」という感じです。マイニングマシンを買うなどの設備投資をし、自分の設備の能力だけで採掘(マイニング)を行う方法です。

良いところ
・運が良ければ一気に大きな報酬をGETできるかも。
→採掘(マイニング)が連続して成功すれば、1日で大きく稼げる可能性。
・必要な経費以外かからない。
→ひとりでやるということは設備費用も電気代も必須コストになりますが、間に挟む企業がないので、マージンを抜かれない。=余分な手数料がかからない。
悪いところ
・運ゲー要素がある。
→1日で大きく稼げる可能性があるものの、ほぼ稼げない日もある可能性も…かなり波があるようです。
・初期投資もランニングコストもかかる。
→マイニングマシンを購入する必要もありますし、電気代等のランニングコストも必要になります。

プールマイニング

プールマイニングとは、「みんなで協力してマイニングしよう」という感じです。1つのPCだけでは足りない演算能力を、複数人のPCの演算能力を足し合わせたチームで採掘(マイニング)を行うという方法です。そして、そこで採掘(マイニング)された仮想通貨が貢献度に応じて分配されると言う形です。

良いところ
・ある程度見込み通りの採掘(マイニング)ができる。
→大きな演算能力で採掘(マイニング)を行うので、採掘する量が日によってそれほど変わりません。そのため、収入の面でもある程度安定して得ることができるでしょう。

 

悪いところ
・少数のマイニングプール(チーム)に演算能力が集中してしまっている。
→現在のビットコインのマインングプール関して演算能力のシェアを見ると、AntPool、BTC.TOP、BTC.comという3つのプールで過半数以上になってしまっています。そのため、この3つが手を組むと「51%攻撃」が実現できてしまうので、あまり良い状態とは言えません。
・収入が安定する代わりに収入が大きく跳ねることは考えづらい。
→利益は分配されますし、手数料も取られるので、一発当てるような感覚のマイニングはできません。
・初期投資もランニングコストもかかる。
→演算能力を足し合わせるだけなので、マイニング機器を購入する必要もありますし、電気代等のランニングコストも必要になります。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、「株主への配当のマイニング版」という感じです。企業レベルで採掘(マイニング)を行なっている企業に投資をし、投資金額に応じてマイニング報酬を受け取るという方法です。他の2つと比べても圧倒的にお手軽に始められる採掘(マイニング)ではないでしょうか。

良いところ
・お金を投資するだけでマイニング報酬がもらえる。
→マイニングという分類ですが、配当というイメージのが良いでしょう。
・電気代などのランニングコストが必要ない。
→通常の採掘(マイニング)には莫大な電力を必要とするので、電気代が比較的高い日本国内で行うと利益が出にくいが電気代の安い国で行なっているので、利益も出やすい。
・PCの演算能力が関係ない。
→あなた自身のPCが採掘(マイニング)の計算に使われるわけではないので、設備投資で新しく専用PCを買う必要はなく、スマホや低スペックPCでもマイニングが可能!

 

悪いところ
・初期費用がマイニング機器を購入するより高いことも…
→クラウドマイニングは最初に1年間のマイニング権利を十数万円で買うようなイメージなので、場合によってはマイニング用のPCを買うより高くつく場合もあります。
・投資金だけを集めて逃げる詐欺の可能性も…
→普通に詐欺られる可能性も排除できません。クラウドマイニングを考えている方は投資する先を多角的に検討する必要があります。
・投資した企業が倒産するかも…
→株を買うのと同じですが、クラウドマイニングで投資した先が潰れてしまう可能性もあります。その場合、投資金額はおそらく回収できないでしょう。

ビットコイン採掘(マイニング)の不安ポイント

3つの採掘(マイニング)方法それぞれについて、良いところ・悪いところを解説しましたが、採掘(マイニング)全体における不安ポイントがいくつかあるので解説していきます。

マイニング報酬の半減期

ビットコインは一定期間ごとに採掘(マイニング)で貰える報酬が半減してしまう「半減期」なるものが存在しています。この半減期は絶対にいつ来るとは言えないのですが、2012年(50BTC→25BTC)と2016年(25BTC→12.5BTC)に半減期があったので、だいたい2020年頃に来ると言われています。ちなみに、この半減期が設けられているのは、デフレ(ビットコイン価格の下落)を防ぎ、価格の上昇を促す意味合いがあるそうです。

どれくらいの金額儲かるの?

では、採掘(マイニング)を行うとどれくらいの金額の利益が生まれるのでしょうか。色々リサーチして見た結果…「日本で採掘(マイニング)をやるのはなかなか難しい」ということが分かってしまいました。利益が出しづらい要因については、直接マイニングタイプ(ソロマイング・プールマイニング)と間接マイニングタイプ(クラウドマイニング)で異なります。まず、前者からですが、利益が出づらい要因はビットコインの価格が下がっているから、もう仮想通貨バブルは終わったからなどが思いつきますが、そうではありません。利益が出ない要因は「日本の電気代が高い」というだけです(笑)少しスペックの高いコンピュータで採掘(マイニング)をやったとしても日本では電気代の方が高くついてしまい、結局のところ赤字になってしまうようです。電気代の安い諸外国でやれば利益は出るようですが…
次に後者ですが、クラウドマイニングの説明のところにも記述しましたが、詐欺の可能性が排除できません。逆に信頼できるクラウドマイニング企業が見つかれば、日本国内での採掘(マイニング)でも利益の出る可能性が高いと言えるでしょう。

採掘(マイニング)まとめ+α

・採掘(マイニング)とは、仮想通貨取引で必要な計算を手伝って報酬を貰うこと。
・方法はソロマイニング、プールマイニング、クラウドマイニングの3つ。
・日本で採掘(マイニング)を行うのはなかなか難しい。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る