Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

ビットコイン取引所 海外取引所 Bainance徹底調査!

Binanceのメリット 評価ポイントはズバリここ!

目次で概要を確認

取り扱い銘柄の数が非常に多い!

Binanceでは100種類以上ものアルトコインを取り扱っています。国内のビットコイン取引所に上場している通貨はほとんどがメジャーなものでこれから時価総額が何十倍にも膨れ上がるという可能性は低いでしょう。それに対してBinanceてはマイナーなアルトコインを多数取り扱っており、時価総額が何十倍にも膨れ上がる草コインを発掘して大儲けをしたいというユーザーにおすすめです。

手数料が破格の安さ!

世界中のビットコイン取引所の中でも手数料が圧倒的に安いのがバイナンス(Binance)人気のポイントです。海外の主要ビットコイン取引所であるPoloniexは0.15~0.25%、Bittrexは0.25%の手数料がかかるのに対して、Binanceでの取引手数料は0.1%とはるかに安くなっています。

ビットコイン分裂時に利益が生まれるかも!

binanceは公式で全てのハードフォークに対応することを公表しており、BTCを持っているだけでハードフォークコインが付与されます。

2017年11月にはビットコインダイヤモンド、12月にはスーパービットコインが無料で配布されており、1BTCあたり約7万円相当のコインを無料でもらった海外の仮想通貨ビットコイン取引所であるバイナンス(Binance)をご存知ですか? バイナンスは手数料の低さなどから世界でもトップレベルの人気を誇っています。 海外のビットコイン取引所はとっつきにくく感じられるかもしれませんが、バイナンスは現在国内でも人気が急上昇中です。 バイナンスの特徴として、ユーザーによる人気投票が行われるという点が挙げられます。 「バイナンスの投票」について聞いたことのない方には人気投票の概要から参加方法を、「少し聞いたことがある!」という方にも投票によるメリットや過去の結果分析まで徹底解説します。

バイナンス(Binance)とは?

海外ビットコイン取引所の中で取引高・登録者数 世界第一位!

バイナンス(Binance)は世界最大の取引高・登録者数を誇る仮想通貨、ビットコイン取引所です。

いま最も話題のビットコイン取引所のひとつで、安い手数料や通貨の豊富さで人気を拡大しています。

独自通貨のBNB(バイナンスコイン)を扱っており、手数料をBNB払いに設定すれば通常の半分(0.05%)の手数料で取引ができます。

バイナンスの人気投票とは?

上場する通貨を決めるための人気投票

バイナンスでは昨年9月から、新規上場コインを決定するために「Comunity coin of the month」という人気投票を開催しています。

これまでに6回開催されており、ノミネートされた10数種類の通貨の中から上位のいくつかが上場されています。

バイナンスに口座を持っていれば誰でも参加できる

バイナンスに登録し、口座を持っているユーザーは誰でも投票することができます。

複数の候補に投票可能で、1票につき0.1BNB(約120円、2018年4月現在)が必要です。

ただしひとつの候補につき1人1票しか投票できないため、通貨の人気がそのまま反映されるようになっています。

バイナンスの投票のメリット

応援している通貨に投票できる!

世界最大のビットコイン取引所であるバイナンスへ上場することで、通貨の価値が大きく上がることが期待できます。

人気投票で上位となって上場された通貨の中には上場前と比べ価格が大幅に上がったものもあり、自分の持っている通貨が上場されれば資産が増えるかもしれません。

実際に第2回のSubstratum(SUB)が投票開始前から最大で15.7倍、第4回のEthLend(LEND)が15.8倍を記録しています。

そのため投票期間中には、多くの人が自分の応援する通貨が上場することを目指して投票を呼びかけたりしています。

通貨のトレンドが分かる!

バイナンス公式サイトの投票ページでは投票期間中それぞれの候補の票数が反映され、現在の人気が分かるようになっています。

ここにノミネートされる通貨は将来性の期待できるものが多く、これからの仮想通貨トレンドを占う指標となります。

例えば第1回でノミネートされたバージ(XVG)や第3回のネム(XEM)、トリガー(TRIG)、ステラルーメン(XLM)などは現在非常に人気の通貨となっています。

過去6回の投票結果

過去の投票結果

これまでに6回の人気投票が開催され、それぞれの結果は以下のようになっています。
参加資格は、第4回のみ「バイナンス公式Twitterのツイートをリツイートすること」、それ以外の回は「バイナンスの口座を持っていること」でした。

2位以下の通貨も多数上場している

毎回10数種類がノミネートされ、これまでに延べ85の通貨が候補となってきました。

人気投票で1位の通貨は必ず上場しますが、1位ではなかった通貨ものちに上場する場合があり、35もの通貨がこれまでにバイナンスに上場しています。

これまでに1位になった通貨の特徴

コミュニティの強い通貨

「Comunity coin of the month」という名の通り、コミュニティの強い通貨が上位に挙がっています。

主なコミュニティはチャットアプリの「Telegram」「Discord」「Slack」などで運営されており、多いものでは数万人ものメンバーを集めています。

投票期間中にはコミュニティで呼びかけが行われており、より大きなコミュニティを持つ通貨が有利です。

【第5回投票】レイブロックス(XRB)が1位になれた理由

第5回人気投票では、レイブロックス(XRB)とエックスピー(XP)という通貨が接戦を繰り広げました。

XPは日本人に人気の通貨であり、4万人以上のメンバーを誇るDiscordのコミュニティでは盛んに投票の呼びかけが行われました。

一方レイブロックスはDiscordのメンバーが約2万人、Telegramが約1万人と人数ではXPにやや劣ったものの、終盤戦で突き放し見事1位を獲得しました。

このような結果となった一因として、各通貨における国別保有率の違いが考えられます。

XPは日本人の所有率が非常に高く、一方海外ではレイブロックスの人気が高かったようです。

その結果なんと投票前後の1ヶ月で価格が100倍以上に高騰し、現在注目を集めています。

レイブロックスは現在ナノ(NANO)にリブランディング、要するに”イメチェン”が行われ、開発が進められています。

ているユーザーもいます!

 

Binanceのデメリット 利用時にはここに気をつけよう

日本円で入出金ができない

国内のビットコイン取引所を利用するときのように、日本円を入金してコインを購入するといったことはできません。Binanceに入金するには他のビットコイン取引所からBTCやETHなどの仮想通貨を送金する以外の方法がないのが少々面倒なところです。

日本語対応していない

以前は日本語対応をしており、日本市場への進出に積極的だったのですが、2018年3月現在は日本語対応がなくなっています。金融庁からの指示が働いたためではないかと言われています。

中国の取引所規制に悪影響を受ける可能性がある

本土取引所での仮想通貨取引やICOを禁止する中国政府の方針に悪影響を受けているビットコイン取引所は少なからず存在し、Binanceもその一つと言われています。しかし、結論から言うとBinanceは香港に拠点を置くビットコイン取引所なので中国の仮想通貨規制に悪影響を受けることがありません。それにも関わらず「Binanceは中国のビットコイン取引所だから使うのは予想」と誤解をしている人が多いため、利用者や取引量の減少が懸念されます

Binanceのおすすめサービスまとめ

上場通貨を投票で決める「Community Coin of the Month」

Binanceでは毎月一回0.1BNBを一票として新たに上場してほしいアルトコインを投票することができ、投票一位になったコインが実際に上場するようなサービスを展開しています。上場したコインは価格が上昇しやすくなる傾向があり、新たな草コインの発掘の大きな手助けになるシステムです。

エアドロップが頻繁に行われる!

2018年3月9日付けでEnnjin Coinのエアドロップを行いました。BNB保有量上位100000人までのBinanceユーザーに対して一人あたり15ENJが配布されました。

このほかにも2018年2月にはNEO保有者に対して、NEOの燃料として使われる仮想通貨GASが配布されたりとBinanceではエアドロップが盛んに行われています!

 

手数料は破格の安さ!

Binanceでは取引手数料は基本0.1%と破格の安さです!Binanceが発行する独自のコインであるBNB(Binance Coin)支払いにすると手数料は0.05%とさらに安くなります。

また、全て板取引のためスプレッドを考えなくて良いのもユーザーにとって嬉しい点です。

実績と信頼のある運営会社

BinanceはChangpeng Zhao(チャオ・チャンコン)が代表取締役を務めるBINANCE社が運営しています。2017年7月に創設とまだ月日が浅い会社ですが、様々な分野における一流企業と業務提携を行なっており、創設後わずか半年足らずで世界最大規模のビットコイン取引所を作り上げた運営会社の実績は大きいです。

Binanceは日本のフィンテックカンパニーであるQUOINEとも業務提携をしており、日本市場への進出も積極的に画策しています。

取り扱い通貨数は驚異の100種類超え!

2018年3月現在Binanceでは100種類以上の仮想通貨を取り扱っているのが大きな魅力です。日本のビットコイン取引所の取り扱い通貨数は多くても15種類程度であり、Binanceがいかに多くの仮想通貨を取り扱っているかがわかるでしょう。

何十倍にも膨らむことを狙ってマイナーな草コインの発掘を狙うユーザーにオススメです!

人気過多でサーバーが重くなりつつある?

創設以降、短期間で急激に規模を拡大し続けているBinanceですが、規模の拡大に伴うサーバーの対応が追いついていないのが気になります。

2018年1月には新規登録者の停止を行なったり、2月にはサーバー障害のために半日近く取引ができなくなったりとサーバー強度にはやや不安があります。

ビットコイン取引所の中でも取引高は世界でも最大規模!

2017年12月に取引高世界一位になったことが大きな話題になりました。創設からわずか5ヶ月しか経っていないことを考えるとBinanceの勢いがよくわかります。

2018年3月4日現在も取引高はOKExに次いで世界第二位と抜群の規模を誇っています。

以下に主要コインのBinanceでの取引高をまとめておきます。

Binanceの口座開設

バイナンス公式サイト

 

口座開設の準備

口座開設には、下記のものが必要になります。口座開設を始める前に、準備が整っているかをご確認ください。

メールアドレス

gmailやhotmailも利用できますが、よりセキュリティの高いキャリアメール(auやソフトバンクのメールアドレス)の利用をおすすめします!

銀行や郵便局の普通預金口座をご用意ください。必ず本人名義であることが必要です。

本人確認書類

日本の官公庁発行の本人確認資料の写真をご提出ください。書類の種類によっては複数箇所の写真が必要になります。

本人確認書類の提出方法

口座開設申込の際に本人確認書類の写真の提出が必要となりますが、Binanceでは以下のものが本人確認書類として認められています。

・運転免許証
・パスポート

この二つのうちいずれかを写真で撮って提出すれば本人確認は完了するのですが、実は本人認証をしなくても取引ができるのがBinanceの大きな特徴です。

ではなぜ本人認証をするのかというと、一日あたりの取引可能料が増えるからです。本人認証をしていないと1日あたり2BTCまでしか取引できないのに対し、本人認証をすると1日あたり100BTCまで取引することができるようになります。一日に数百万円レベルでの取引をしようと考えている場合には、本人認証が必要になります。

口座開設の流れ

STEP1. メールアドレスの登録

ホームページの「口座開設」ボタンよりメールアドレスを設定します。入力したメールアドレスにメールが送られてくるので、メールに記載されているリンクをクリックします。リンク先でパスワードを設定し仮口座の登録が完了します。この時点では一切の取引ができません。

STEP2.必要事項記入と本人確認書類提出

マイページにログインをして、基本情報を入力します。その際にさきほど撮った本人確認資料の写真をアップロードします。

STEP3. 本人確認終了

取引所側が本人の照合を完了するとメール通知が来ます。メール確認が終われば全ての機能が使えるようになります。

Binanceの会社情報

Binanceをより詳しく知るための気になるQ&A

Binanceのアフィリエイトはあるの?

Binanceのアフィリエイトは口座開設後によって参加することができます。報酬としては紹介リンクからBinanceに登録した人が取引をした時に、手数料の20%が入ってくるようになっています。

Binanceのフィッシングサイトに飛ばないようにするための対策方法は?

Binanceの公式サイトからログインするのが一番安全かつ簡単な方法です。Googleフォームの広告欄にフィッシングサイトは出現し、ログインすると不正送金される恐れがあるので注意が必要です。

まとめ

海外ビットコイン取引所の中でも取引量が世界一です!手数料が安いことやアフィリエイト機能も充実しており、海外のビットコイン取引所で口座を作るならバイナンスをオススメいたします!

 

また、「こんなことがわからないよ」とか「ここってどうすればいいの?」などがございましたら、私の方でわかる範囲でお教えいたします。

コメントお待ちしております!!

 

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る