Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

ICO情報盛りだくさん!JAPAN BLOCKCHAIN COFERENCE!!

目次で概要を確認

アジア最大級!?ICO情報も!!

昨日(6月26日)から本日(6月27日)にかけまして、有楽町にある、東京国際フォラームにてアジア最大級のジャパンブロックチェーンカンファレンスというものがございました!

今回はこちらの仮想通貨情報(ICO)を配信していきます!!

詳細や概要、当日のタイムスケジュールはこちらになります!

どんな企業が参入しているのかも合わせてご覧ください!

ジャパンブロックチェーンカンファレンス公式サイト

これから来るであろう仮想通貨ICO情報!!

目新しい仮想通貨ICO情報をどんどん配信していきます!

それではまず紹介するICOは!!

Orbsオーブス)コイン!!(ICO)


オーブスは、「2020年までに既存の民生用アプリケーションはブロックチェーンに移行し、非中央集権による分散サービスとして世界中のユーザーに提供する。」と言っております!

既存のアプリケーションをブロックチェーンに移行するには、それに対応するためのインフラストラクチャ(基盤)が必要になるので、オーブスのプラットフォームがそのインフラストラクチャになる!

目指すは非中央集権型のAWS

AMAZONが提供しているAWSというクラウドサービスがあります。

普段企業のサーバー管理などをしているエンジニアなどで、ご存知の方は多いと思いますが、AWSは現在世界190ヵ国に及ぶ企業に利用されており、

・コンピューティング
・ストレージ
・データベース
・分析ツール
・アプリケーション
デプロイサービス
・AI サービス

を提供しています。

簡単に言えば、WEBサービスをやっていくにあたって、AWSと契約していれば、色々なことが低コストで一括りにできるようになるイメージです。

オーブスは、ブロックチェーン技術のアプリケーション開発において、このAWSのようなポジションを狙っていくのだと思われます。

AWSはAMAZAONの中央集権なので、AMAZONのサーバーがダウンしてしまったら、復旧するまで待たないといけなくなりますが、オーブスは、非中央集権の分散型アプリケーションのインフラストラクチャで提供していくので、そのような心配がなくなります!!

ICO購入方法!

色々と謎に包まれているオーブスですが、確実に購入するためには、ICOが上場まで待つしかない!と思います。

もしくは一般ICOが開始されれば、その時に購入のチャンスはあるかもしれませんが、現時点でその可能性は低いのではないでしょうか。よくネット界隈で『購入枠あるのでご連絡ください。』という怪しい書き込みをしている人を見かけますが、個人的にはあまりそういうところからの購入はおすすめしません。

購入できた方もいるかもしれませんが、殆どいい評判は聞きませんしね。どうしてもチャレンジしたいのであれば、
最悪なくなってもいい資金の範囲に留めておいたがいいと思います。

致し方ない部分ではありますが、こういうICO案件はまだ法整備なども十分に進んでいない状態なので、そういう情報を得られていない一般人では、購入すら出来ないのが現実です。

どうしてもそういう情報を得たいというのであれば、自分で行動を起こし、そういう人脈を築いていくしかないでしょう。

Orbsコインまとめ(ICO)

Orbs(オーブス)とは、世界で使用されている分散型アプリケーション向けのインフラストラクチャの構築を目指しており、プロジェクトは2020年までに、「全ての支払い、SNS、広告配信、ゲーム」といった分野のサービス利用者に向けて、最先端のアプリケーションを作り、サービスを提供することを目標にしております!

また、Orbsは仮想通貨KinやBancor(バンコール)とも協力関係にあり、プロジェクトの成功を目指しており、これからに期待ができる通貨と言えるでしょう!

お次にオーブスをプラットフォームとしており、これから来るであろうオススメの通貨を紹介します!

オーブスのプラットフォームであるCoti(コーティ)コイン!(ICO)

COTI(コーティ)ーTrustchain(トラストチェーン)プロトコル

COTIのビジョンは、インターネット上での情報の交換のように、簡単にユーザーが自由に価値を交換できるよう促進することです。これを達成するため、高いスループットと信頼性を必要とする業界で利用可能な、有向非巡回グラフ(DAG)分散型元帳に基づいて拡張性のあるブロックレスなプロトコルを作成する、トラストチェーンプロトコルを開発しているそうです!

紛争(例えば二重支払い)やエラーを解決する仲裁メカニズムに加え、膨大なスケーラビリティを必要とする産業に必要なインフラを提供できるCOTIは独自な立場を築いています。

COTIによる変革に最適な産業は以下の通りです。

ー 金融サービス

ー モノのインターネット

ー サプライチェーンとロジスティクス

ー データ転送とストレージ、その他

 

プロトコルの採用とエコシステムの開発を促進するCOTIアプローチ

COTIでは、最初の活用例の所有権に対する包括的なアプローチの採用は、ネットワークの成功を促進すると理解しています。ほとんどのプロトコル企業は、実用的な使用事例や活用例を無視して、ネットワークに必要なインフラストラクチャの開発にのみ投資していますCOTでは、金融サービス業界を当面の主要分野と位置づけ、ネイティブ決済アプリケーションであるCOTIPAYを開発する専門のチームが設立されました。これにより、クレジット、保険業界、および高頻度の取引分野におけるさらなる開発が促進され、サードパーティもエコシステムに加わることでさらなる試みを促します!

有向非巡回グラフ元帳(DAG)

COTIの分散型台帳はDAGデータ構造をもとにしており、単方向経路で伝播するトランザクションで構成されていますDAG構造と検証プロセスの絶対的な性質により、平均20TPSを処理できるブロックチェーンプロトコルと比較して、10,000TPSの速いコンセンサス形成を達成できますブロックチェーンベースのネットワークでは、規模が大きくなるほどネットワークの使用効率に悪影響を及ぼしますが、DAGベースのネットワークではネットワークの使用率が高いほどネットワークのスケーラビリティが向上します。
このように、ネットワークユーザーの数とトランザクションの認証率とは正の相関がありますこれによりCOTIはスケーラビリティ、即時性、低い取引手数料を犠牲にすることなく、完全な分散化を達成することが出来ます。さらに、コストが掛かるPowとマイニングは必須ではありません。トークンはgenesisによって生成されます!

TrustChainコンセンサスプロトコル

COTIの革新的コンセンサスメカニズムは、DAGをランキングアルゴリズムで調整します。トラストランキングにおいて各トランザクションは、DAGクラスターに追加されるためには同様のトラストスコアしきい値を持つ2つの以前のトランザクションを検証する必要があります。後続のトランザクションがDAGに接続されると、これらはトラストチェーンを形成します。トラストチェーンとは同様のトラストスコアしきい値によって特徴付けられるトランザクションセットです。トランザクションの検証プロセスは、トラストチェーンコンセンサスアルゴリズムで達成されます。この革新的なアルゴリズムでは、トラストチェーンが必要な累積トラストスコアのしきい値をより速く達成できるように、信頼できるユーザーは最適化された取引確認というインセンティブを与えられます!

仲裁レイヤー

仲裁システムは、分散型ガバナンス、セキュリティおよび信頼性という3つの主要目的を果たします。仲裁へのCOTIアプローチは、紛争を解決するために独立し分散された仲裁者グループを活用することを含みます。仲介者は、取引に関する紛争に関連した現実世界の愶報を検証し、仲介結果について投票を行うために独立して働きます。彼らはお互いにコミュニケーションを取ることはできず紛争の解決に関わっている他の仲裁者の数も知らされていません。

COTI PAY、初のトラストチェーンプロトコルアプリケーション!

2兆ドル規模の消費者-店舗間オンライン決済業界は、COTIにより開発されたトラストチェーンの最初の利用事例です。従来型の決済システムは複雑で分かりにくく、店舗が支払う高い手数料は消費者物価を押し上げ、消費者は毎年数十億ドルを失っています。暗号通貨は初めての業界を揺るがす革命的な技術でしたが、スケーラビリティの問題、価格のボラティリティ、買い手と売り手の保護措置の欠如、複雑なユーザーエクスペリエンス規制の欠如などの問題で大きくつまずきました。
トラストチェーンのコンセンサスプロトコルを活用し、COTI PAYは最先端のデジタル通貨の進歩により、従来型の決済手段の最も良い点を調和させることができますDAGのブロックレス元帳は、10,000 TPSを超える膨大なスケーラビリティを保証します。一方、仲裁システムは、高度な買い手売り手保護と紛争解決メカニズムを提供し、トラストスコアを利用してユーザーの行動を分析するCOTIのランキングメカニズムにより、ネットワークの正常な動作、ゼロまたは低い手数料、高速な認証が促されます!

COTIコインまとめ!(ICO)

こちらのコインは決済型の仮想通貨となっており、独自性を持っている通貨です。日本の取引所ではありませんが、海外の取引所で上場の可能性もございます。リップルもそうですが、決済型の仮想通貨は増えて来ており、年を重ねるごとに需要が増えて来るものだと考えておりオススメができます!!

次にCOTIコインと同じくプラットフォームがオーブスのICOコインを紹介いたします!

ZINCコイン!(ICO)

プラットフォームはオーブスコインでこちらは、ブロックチェーン上のユーザーセントリック広告プロトコルを謳っております!!

簡単に申しますと、お気に入りのアプリ上で広告を見てデータを共有するユーザーに報酬を付与する、ということです!

今後の課題

今日の広告エコシステムは、極端にいえば、ユーザーが広告主、アプリ開発者、そして広告ネットワークの間で商品として取引れるゲームの場となっており、その結果・・・

・匿名ユーザー、一人あたりの価値が低いため、ユーザーは過剰な広告に悩まされれている。
・広告主は、信頼性の高いユーザーデータ、および透明性の欠如が原因でターゲットが絞りきれず広告費を無駄にしています。
・アプリ開発者は収益化に苦しみ、個人の開発者では巨大企業の独占状態には太刀打ちできません。
・詐欺が横行し、ボット、クリックファーム、広告スタッキングなどが莫大な損失をもたらしています。

2020年のデジタル広告費は3,350億ドルに達すると予測されており非効率性と詐欺が原因で、同費用の30%が無駄になると推定されています。

ソリューション

Zincは、ブロックチェーン技術のパワーを使い、ユーザーに届く広告の効率性を向上し、効果的でない広告費を削減して、開発者のアプリの収益化を促進し、詐欺行為を抑制する、新しいデジタル広告プロトコルを開発します。

・広告主は、Zincユーザーが共有する実際の人間のデータを活用することで、詐欺を回避し、正確なアトリビューションと明確な測定を可能にし、適切なオーディエンスに効果的にアプローチします。

・ユーザーは、プレミアムコンテンツ、アプリ内アイテム、特別機能などの広告を閲覧して報酬を得たり、Zincがサポートするアプリ内での広告プロックを行うことができます。

・アプリ開発者とゲームスタジオは、効果的な広告を配信することで収益性を改善し、ユーザーの報酬を増やすことができます。結果としてユーザーエクスペリエンスを向上させることができ、高いリテンションへと繋がります。

・広告ネットワークは、検証可能なデータを活用することで非効率性を軽減し、詐欺を抑制して全体的な収益を増加させ、広告の質を向上させます。

Zincアプリ(ICO)

ユーザーは、どのデータを広告主と共有するかを選択でき、その報酬としてZincトークンを取得します。これらのトークンは、プレミアムコンテンツや多様なアプリ内機能にアクセスするために使用できます。

Zincプロトコル(ICO)

広告主、広告ネットワーク、または開発者が、豊富なデータを持ち、検証済みかつ実在する数十億人のユーザーと繋がり、製品を提供するために必要な基盤を、Zinc広告エコシステム内に構築します。

Zincコインまとめ(ICO)

こちらも未来の投資としては十分価値があるものではないかと思います。Zincコイン自体に価値が出て来るのはまずオーブスとう基盤がしっかりしていなくてはなりませんが、これも時間の問題だと思っております。

詐欺行為の、広告費の無駄使いを見直すなど、パッとしないかもしれませんが世の中は楽な方へ、良い方へ、と進んでおります。仮想通貨自体もそうですが、オーブスのやろうとしていることはどうしても年月がかかってしまいます。

未来投資としてお考えください!

セントラリティ(CENNZ)取引所上場!ICO価格から、100倍も狙える!?

2018年1番注目の集まったICOと言えるでしょう!笑

セントラリティはなんと1月15日に行われたICOで僅か6分で約100億円相当のトークンが完売するという記録を打ち立てたICOです。

セントラリティの上場時のICO価格

その時の気になる価格は、ICO時『1CENNZ=約15円』だったのが、上場後『1CENNZ=約70円』くらいを推移。

※2月28日時点の価格

2月28日のETHが1ETH=約9万円の価格だったので、

この時の1CENNZは、0.00079~0.00080ETH×9万円=71~72になります!

セントラリティが100倍になると思ってる2つの根拠!

セントラリティ(CENNZ)がなぜここから100倍になるくらい期待してるかというと、それには2つの根拠があります!

現時点で全く目立っていない!

仮想通貨をやっていない方でも、昨今の仮想通貨ブームで、ビットコインやイーサリアムを知ってる方は結構おられると思います。仮想通貨をちょっとやってる方なら、リップルとかネムとかリスクとか、ここらへん知ってたりする方多いですよね。で、セントラリティ………

周りで知ってる方いらっしゃいますか?

まー私は仮想通貨のコミュニティとか色々入ってるので、そこの界隈ではよく聞きます。

ですが、国内取引所でしか仮想通貨をやっていない方とかなら、まず知らないと思います。

ちなみに今のところ海外でもあまり知名度はありません。

開発チームがいるニュージーランドと日本のコアファンの間ではわりかし賑わっていますが、仮想通貨の取引量が多いアメリカとかでは全然です。

ただ、現時点で知名度がないってことは、ここからの伸び代が十分にあるってことを示します!

プロジェクトが色々な企業と提携したり、BINANCEやBittrexなどメジャーな取引所に上場すれば、さらに価格が上がることが期待できます。

 

プロジェクトが既に実用段階にある

既に開発拠点であるニュージランドでは複数の企業がこのセントラリティのプラットフォームを利用しています。仮想通貨では殆どのプロジェクトが開発途中のものが多い中、これは非常に珍しいケースです。

よくICO詐欺などで見られるケースとして、開発段階のものやまだ開発に至っていない構想段階のプロジェクトが多く、途中で頓挫してそのまま霧散するというものがあります。

セントラリティは既に実用段階で使われているので、少なくとも「結局やってみたけど出来ませんでした!」的な展開はないですよね。ここからプロジェクトが普及していくかどうかは注視しないといけませんが、複数の企業で既に使われているのはそういう意味でも安心感があります。

ちなみに2018年1月のICOの段階でプロジェクトが稼働して2年くらいは経過していたとか。実績年数もそれなりにあると見てます!

セントラリティとはどういうプロジェクトか?

ホワイトペーパーなどを読んでみて分かったのは、DAppsプラットフォームだということ!

DAppsプラットフォームとは、分散型アプリケーションが製作できるイーサリアムと同じタイプですね。

ちなみに、その代表格であるイーサリアムとは以下のような違う点があります。

  • プラットフォーム上で使えるモジュールという部品がある
  • モジュールを使えば簡単にDAppsを構築できる
  • モジュールはCENNZ(セントラリティのトークン)で買う
  • モジュールを各DAppsが使うことによりユーザーやデータの共有が可能

イーサリアムよりも簡単に作成できてかつ、そのプラットフォームで作成されたアプリで、データの共有が可能みたいですね。例えば、スマートフォンのアプリを例に出して言うと、アプリを跨いだデータの共有って出来ませんよね?

アプリAで登録した自分の情報を、そのままアプリBで利用なんてできないので、新たにアカウント登録をしないといけません。セントラリティのプラットフォームで作成したアプリでは、このデータの共有が出来ちゃうんですね!

アプリ間でデータの共有が出来るので、それぞれのアプリでアカウントを新たに作ったりする必要がないわけです。

しかもセントラリティ独自のモジュール(部品)を使えば、より簡単にアプリが作れちゃって、開発者にとっても非常に助かるプラットフォームになってるとか!

セントラリティ級?ICO他にもある!?

ICOはほとんどがプレセールスやプライベートの段階で取引が行われており、一般の人のためにはわずかなトークンしか残されてないとも言われてます。

そう考えるとセントラリティも今回一般枠というのは、全体の何割だったのかが気になるところです。

セントラリティの特徴として、その購入難易度の高さから、実際に行われた公式の購入口以外にも、怪しげな販売を代理する人がネット界隈ではちらほら見受けられました。

こういう人たちが出てくるICOっていうのは、セントラリティのように俄然注目度の高いICOなのかなーと思います。

最近だと、プーマペイよくそういう販売枠の話をしている書き込みをよく見かけます。

このプロジェクトもセントラリティに匹敵するくらい面白いプロジェクトだと見ています!

プーマペイ(PumaPay)とは?(ICO)


プーマペイのプロジェクトとは『全てのビジネスで暗号通貨決済を可能にする無料のブロックチェーン・プル型決済プロトコル』になります。

クレジットカードなど今ある既存の決済手段と比較して、信頼性が高く、効率的、柔軟で低コストな決済システムを実現。ビットコインなどの決済手段にも用いられる仮想通貨とも異なる仕組みで業者と個人ユーザーを直接つなぐ仕組みを構築します。

このプーマペイを利用すれば業者がどのようなことができるようになるかというと・・・

  • PumaPayで幅広い決済手段が可能なので、クレジットカード会社やその他の決済システムがいらなくなる
  • ビットコインなどの従来の仮想通貨ではできなかった定期支払い、利用毎支払い等が出来るようになる
  • ブロックチェーン技術を用いてるので詐欺や不正注文(チャージバック)のリスクを排除できる
  • クレジットカード会社など仲介業者がいらないので高額な手数料(3%~15%)やコストを排除できる

ということが可能になります。

プーマペイ(PumaPay)の特徴(ICO)

従来の仮想通貨と比べてプーマペイは何が違うのか。

これまでの仮想通貨は、
例えばA側からコインを送るという処理をしないとB側へ送金出来ない仕様になっていました。

「プッシュ」型の処理です。

プーマペイは従来の「プッシュ型」だけではなく、
B側からコインを引き出す処理をA側に行い、
B側の口座へ資金を引き出すことが可能になります。

「プル」型の処理、即ち『口座からの引き落とし』ですね。

この特徴を「PullPayment Protocol」と言います。

プーマペイ(PumaPay)で出来ること

金額固定定期支払

サブスクリプション型の月額定額支払のような定期支払いのコントラクト作成が容易に行える。

Pay-Per-Use (利用毎支払い)

クライアントの利用ごと支払い、例えば毎分課金のオンラインカウンセリングサービス等への課金にも利用可能。

期間固定定期支払い

公共料金支払いのような金額が変動する定期支払いにも利用可能。

一回/一括払い

オンライン、オフライン問わずウォレットアプリからの一回払いを適用することが可能。

割り勘

複数人への分割支払い、例えばアフィリエイトプログラム運用にも利用可能。

制限付き支払い

決済額が一定の値を超過しないような設定やペアレンタルブロックにより子ども利用を制限することが可能。

取引所上場や業務提携のICOの噂

プーマペイは注目度の高いICOなので、色々な噂が飛び交っています。当然嘘などがほとんどですが、カンファレンスで情報を聞いてきました!なんと2、3週間のうちにまた新たに情報を公開するとのこと!その情報は良いか悪いかはまだ言えないらしいです。ですが何かしらの発表はあるとのことです!!

楽しみに待ちましょう!!

最後にまとめ

カンファレンスやICOに関する話題を今回配信させていただきました。

アジア最大級ということでカンファレンスは盛り上がってましたし、イベントの詳細や色々な情報を手に入れることができたので、また随時配信しようと思っております!

Youtubeなどにも配信しておりますのでよかったらそちらでもご覧ください!

 

 

 

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る