Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ザイフトークン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

発行主体はZaif仮想通貨取引所なので、取引できる場所もZaif仮想通貨取引所だけです。 現在価格は約2円で時価総額は約188億円で時価総額1位のビットコインは約17兆円で、時価総額ランキングでも100位以下と規模はまだかなり小さい方です。

管理主体や発行枚数について

現在、ザイフトークンはロックアップ中ザイフトークンが取引できない状態になっています。ロックアップは2018年の12月まで続くとされています。ロックアップすることで通貨の絶対量が減るので、通貨の実質価値が上がることにあります。 また、現在の発行枚数は約90億枚で最大発行枚数などについては公式に発表されていません。

こんな技術が使われている!

今のところこれといったスマートな技術があるわけではないです。 技術というより機能なのですが、ザイフトークンでCOMSAトークンを買うことができます。 COMSAトークンはビットコイン・イーサリアム・ネム、そしてザイフトークンで買うことができます。 COMSAはテックビューロというZaifを運営している会社が企てているプロジェクトで画期的な仕組みを持つことから注目を集めています。そのトークンをザイフトークンで買うことができるということです。 これからCOMSAトークンが人気を増していって、何の仮想通貨でCOMSAを買おうかと悩んだときに他の仮想通貨が安定していないようならザイフトークンで買う可能性があり、そうなればザイフトークンの需要は上がり、価格も上がってくる可能性があります。

こんなところが優れている!

ザイフトークンは今のところ使用用途はあまりないものの、COMSAのトークンセールでは活躍するようです。 トークンセールで活躍の意味は、ザイフトークンでCOMSAを3000CMS以上買うと2%のボーナスがつくのでお得に買うことができるという意味ですね。 COMSAのトークンセールは現在終了していますが、今後に第2弾COMSAトークンセールなどが始まればCOMSAトークンをお得に買うことができるかもしれません。 もう一つは、やっぱり信頼できるということですね。ザイフトークンを発行しているのはご存知の通りZaif(テックビューロ社)です。仮想通貨界でも注目のテックビューロ社が率いているZaifで作られたトークンなのでおのずと信頼はありますよね。特に国内では信頼が強いと思います。

こんなところが残念!

現時点でのザイフトークンのデメリットはやはり「使用用途」です。つまり、ザイフトークンは単純に使い道があまりないということです。 ザイフトークンは信頼こそあるものの何に使うかがはっきりしていないので今後が不透明というデメリットがあります。それでもザイフトークンを買っている人は今後何かでザイフトークンが使われて輝く日が来るかもしれないという期待を込めて買っているというわけですね。それ以外でしたら、メリットでもあるようにCOMSAトークンをお得に買うことができるくらいが使用用途です。 また、企業が発行しているトークンには全般的に言えることなのですがビットコインなどの非中央集権型なものに比べると、企業が何かの用途のために発行するものであるため、発行枚数やトークンの流通量を制限することができるので中央集権的ともいえます。これの何がデメリットかというと、中央集権(テックビューロ社)にすべて左右されてしまうということです。国では周りの意見を交えながらも中央集権(政府)が全てをコントロールするように、中央集権があるとその下にいる人たちは良くも悪くも中央集権からの大きな影響を受けることとなります。

将来性

メリットデメリットでも上げた通り、ザイフトークンは何に使うかという明確な目的がないトークンになっているので、投機目的でザイフトークンを買うのならあまり向かないかもしれません。 しかし、仮想通貨取引所大手のZaifが発行しているトークンなわけですから、将来性については期待できるものだと思います。Zaifを運営しているテックビューロはCOMSAを始めとして勢いに乗っているので、テックビューロの成長がそのままザイフトークンの成長につながりそうですね。

オススメの取引所

ザイフトークンを取引できるのはZaif取引所だけです。Zaifがだしたトークンなのでまあそうですよね。 今現在のところザイフトークンには何を目的として使うなどがないです。しかし、COMSAが盛り上がってくれば、ザイフトークンもその人気に伴い何か新しい使い方が出てくる可能性もあるので、現状では今後に期待って感じのトークンです。 そのため、現在ザイフトークンはかなり安い価格で売買されています。 トークンとは? 企業が発行する株式の仮想通貨版みたいな感じです。 トークンと仮想通貨はブロックチェーンを既存のものを使うか新しいブロックチェーンを使っているかの違いはありますが、ややこしくなるので、そこまで大きな違いはないと思っておいで大丈夫です。 ただ別のものだと理解しておいてください。

]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る