Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

ビットコインウォレット、どれがいい?オススメウォレット選び!

「ビットコインウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない!!」

コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。

そんなあなたに、ビットコインウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを私なりに分析したものを配信していきます!

ビットコインウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります!

また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管するコツも紹介していきます!

ビットコインウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管していきましょう!

仮想通貨、ビットコインウォレットとは?

ビットコインに限らず仮想通貨は、ブロックチェーンを用いた取引によって送信先のアドレスにプールされていきます。

このアドレスにアクセスし、いくら貯蓄されているかを確認したり、他の人に送金したりする際の手間を仲介してくれるのがこのビットコインウォレットです!

秘密鍵と公開鍵

ビットコインウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです!

秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。

桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイントです!!

その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、

秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません!!

そのためビットコインウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。

コールドウォレットとホットウォレット

ビットコインウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。

ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。

一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう!

ビットコインウォレット比較時の重要な視点!

  • 秘密鍵を誰が持っているのか
  • ウォレットがネットに繋がっているのかどうか

 

ビットコインウォレットってどんなのがあるの?

フルインストール版と簡易版

ビットコインウォレットには、フルインストール版と簡易版の二種類があります。

フルインストール版では、ビットコインが発行され始めてから今に至るまでの全てのブロックチェーン上の取引記録をダウンロードします。

なので、めっちゃくちゃPCに空き容量が必要です。

一方、簡易版は、必要な一部の情報だけをダウンロードして使用します。なので、PCにそれほど負担を強いることは無いでしょう。

一般のユーザーならば後者の簡易版で十分です。ですが、あなたがビットコインのマイニングをするつもりなら、フルインストール版が必要です。

PCで安全に管理「デスクトップウォレット」

PC用のソフトウェアをインストールして使う方式です。高性能かつ使いやすいものが多いので、始めるならこのタイプがオススメです。

ただし、PC用なので、持ち運びが少し不便です。「スマホとかタブレットで管理したい!」という人は、次にご紹介するモバイルウォレットのほうが向いているかもしれません。

デスクトップウォレットのメリット

スマートフォン用のビットコインウォレットやハードウェアウォレットなどは、アプリの容量削減のためその仮想通貨のブロックチェーンの中の一部の領域のみを参照している場合がほとんどです。もちろん、デスクトップウォレットもほとんどがそのように一部領域のみを参照していますが、中にはジェネシスブロックから最新ブロックまでの全てのブロックチェーンを参照するものも存在します。それによって、全ての取引記録が確認できるんですね。このようなタイプのビットコインウォレットを「フルノード」と言います。フルノードは全てのブロックチェーン情報をダウンロードしなくてはならないため、非常に重いです。

しかし、フルノード版にしかない利点として、フルノード版ではマイニングを行うことができことが挙げられます。なので、マイニングをしたいならばフルノードを利用しましょう!

またデスクトップウォレットは、他の種類のビットコインウォレットに比べて活発に開発がなされてます!メジャーな通貨では特にその傾向が強く、自分にあったビットコインウォレットを探すことができます!

デスクトップウォレットのデメリット

スマホウォレットやオンラインウォレットと違い、デスクトップウォレットは基本的に1つのデスクトップウォレットに一つの通貨しか対応していません

なので、複数種類を運用する際には、PCに複数のウォレットをインストールせねばならず、面倒かつPCの挙動が重くなって不便です。

デスクトップウォレットはつまるところPCの中にあるビットコインウォレットです。なので、アクセスするためにはPCを開く必要があり、スマートフォンからいつでもどこでもアクセスできるタイプのビットコインウォレットに比べて、どうしても持ち運びが不便になってしまいます。

通学・通勤電車の中などで利用するのにも向きませんし、屋外にいることが多い方にもあまり向いていません。

またセキュリティ管理のほとんどをサイト運営者に丸投げするビットコイン取引所のビットコインウォレットと違い、デスクトップウォレットは完全にその管理が自己責任です。

PCが壊れてウォレットにアクセスできなくなったり、PCがウィルスなどに感染して自分の秘密鍵が流出するといった事態に備えてのリスク管理を自分でしなくてはならないため、そのあたりに自信がない方は少し大変かもしれません。

iPhoneなどのモバイル端末用「モバイルウォレット」

モバイルウォレットはその名の通り、スマホやタブレットで管理できる、アプリタイプのビットコインウォレットです。

ビットコイン決済などがあるお店で支払いをする際などはPCよりこちらのほうが便利でしょう。

持ち運びに便利なのが大きな利点ですが、万が一スマホのデータが飛んだりとか、スマホをなくしてしまったりしたときに永遠にビットコインウォレット内のビットコインは引き出せなくなってしまうというリスクが存在しています。

モバイルウォレットのメリット

デスクトップウォレットは、インストールされたPCがないとビットコインウォレットにアクセスできず、PCを持ち運ぶのも幅を取るという欠点がありました。

しかしながら、モバイルウォレットならスマホさえあればいつでもどこでも操作することができます。この持ち運びのしやすさはモバイルウォレットの大きな利点です。

モバイルウォレットはスマホアプリなので、入手の際にapp storeやGoogle Playを通すことになります。このとき、そのモバイルウォレットアプリの評判や、実際にどれだけの人が使っているのかが一目でわかるため、適切なビットコインウォレットを選ぶのがだいぶ簡単になります。

また、そもそも怪しそうなアプリなどは、監査の段階ではじかれるため、ある程度信用できるアプリだけがストアに登録され、スキャムに引っかかりにくくなっています。

モバイルウォレットのデメリット

モバイルウォレットは、公開前にそのアプリ自体がGoogleないしAppleに監査され、そこで許可が下りた場合のみ利用可能になります。

しかしながら、特にAppleはそうなのですが、この監査がものすごく厳しく、まだ市民権を得ていないアルトコイン向けのウォレットは認可されないことが多いです。そのため、アルトコインに対応したウォレットは数が少ないのです。

また、スマートフォン向けのビットコインウォレットは、スマートフォンが壊れて電源が入らなくなったり、スマートフォンを初期化した場合、ビットコインウォレットにアクセスできず資産を全て失ってしまうことがあります。

こういった事態はバックアップを取っておくことで多くの場合回避できるので、忘れずバックアップを取るようにしましょう!!

安全で持ち運びも簡単「ハードウェアウォレット」

持ち運びが簡単で、なおかつ安全性の高いビットコインウォレット、それがハードウェアウォレットです。

ビットコインのアドレスを管理するには、「秘密鍵」という文字列が必要なのですが、このハードウェアウォレットは、その秘密鍵を保存しておくための機器で、これを接続するだけでどんな端末からも自分の資産を参照し、取引をすることができます。

もし紛失したり故障した場合にも、初期設定時に表示される秘密鍵と一対一対応した、24の英単語を組み合わせたパスワードがあるので、新しく同じ製品を購入し、そのパスワードを入力すれば同じ秘密鍵が復元されます。

なので、その24個の英単語をなくさないよう記録しておけば、紛失した場合も安心です。

ただし、どのハードウェアウォレットも結構値段が高い(1万~2万円)のと、結構人気があるせいで品薄なのがハードルになります。

ハードウェアウォレットのメリット

PCに繋いでいない間、ウォレットの秘密鍵はネットワークから完全に遮断されています。こういった状態のウォレットをコールドウォレットと呼ぶのですが、この状態ではハッキングの危険にさらされることがなく、非常に安全です!!

ウェブウォレットやソフトウェアウォレットだと、サーバーや自分のPCがハッキングされて不正送金が行われてしまう可能性がありますが、ハードウェアウォレットではそういった可能性はほぼゼロです。

なので、安全に仮想通貨を運用したい!という方にはハードウェアウォレットがオススメです。

また、ハードウェアウォレット本体のサイズは、種類にもよりますが、USBサイズから大きくてもせいぜい音楽プレーヤー程度です。

なので、スマホ感覚で持ち運ぶことができ、専用のアプリがインストールしてあれば、どんなPCからでもウォレットの操作が可能です。なので、非常にユーザビリティが高いのも特徴です。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットは、製品によりますが軒並み1万円以上します。ですから、仮想通貨資産がそこまで多くないのであれば、わざわざ買うのをためらわれる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、高額の資産を運用されている方ならそれでも購入されることを強くおすすめします。1万円をケチったばかりに全資産を失ってはシャレになりませんからね。

ウォレットはどれも人気で、品切れが続く場合もあります。仮想通貨運用者が昨今では急激に増加しているので仕方ないのかもしれませんが。

ですが、いくら正規代理店で在庫がないからといって、非正規店舗で購入するのは、せっかくのセキュリティの高さを台無しにすることになるので控えてください。

長期保有向きの安全お手軽管理手段「ペーパーウォレット」

紙に秘密鍵とアドレスを記入しておくだけ、というきわめてシンプルなウォレットです。これもハードウォレットと同じくインターネットに接続していないので、非常に安全です。

この方法は、ビットコインを長期保有したい方におすすめです。しかし、頻繁に引き出したりする方にはおすすめできません。

というのも、このウォレットからビットコインを引き出す、もとい送金するためにはデスクトップウォレットなどに秘密鍵をインポートする必要があり、インポートした時点でペーパーウォレットとしてのメリット(=オフラインのコールドウォレットだという点)が消滅してしまうのです。

また、ウォレットそのものが紙であるために管理が難しく、紛失したり汚れて秘密鍵が読めなくなったりすると、全資産が永久に凍結されることになりますので注意してください。作ったらラミネート加工などをしておくと良いでしょう。

ペーパーウォレットのメリット

これはペーパーウォレットにに限らずハードウェアウォレットなどコールドウォレット一般にいえることですが、オフラインにあるため無事に送金してしまえば燃やされる、盗まれるなどの物理攻撃を受けない限り資産が危険にさられるリスクは最小限におさえられます。

ビットコインに関するニュースとして耳目を集めた「マウントゴックス事件」ではビットコイン取引所にあるビットコインが消失し多くの投資家が資産を失いましたが、このような事態になってもコールドウォレットにいれておけば安心であるということです。オフラインにあることからハッキングのリスクが小さいコールドウォレットですが、もともと仮想通貨はセキュリティーに関して危なげであるという印象を持たれていたところにマウントゴックス事件も相まって投資家たちのウォレット、特に「Trezor」などのハードウォレットの需要は一気に高まり、現在手に入りにくく価格も非常に高いです。

しかし!同じくコールドウォレットであるペーパーウォレットは出金のとき以外のコストがかからずお財布に優しいウォレットといえるでしょう!!

ペーパーウォレットのデメリット

セキュリティー良し、コスパ良しといいところだらけに思えるペーパーウォレットですが欠点もあります。保存している媒体が紙である以上、火事で燃えてしまったり、パスワードを誰かに知られたり、うっかり紛失してしまうと資産は失われます。また紙やインクの経年劣化でパスワードが肉眼で読み取れなくなってしまうことにも注意です。

一回の入金&出金にある程度の時間と手間を取られます。なのでデイトレーダーなど短期保有がメインの投資家には向いていません。

どの端末からも確認可能で便利だけど安全性に難がある「ウェブウォレット」

登録者のアドレスと秘密鍵をサーバに保存しておいて、どんな端末からでも、サイトにアクセスして利用者が自分で設定したパスワードとメールアドレスを入力するだけで資金の操作を可能にするサービスがウェブウォレットです。

多くのビットコイン取引所がこのシステムを採用しており、一般に「取引所ウォレット」と呼ばれるものもその一部です。

しかしながら、ウェブウォレットにはハッキングのリスクがあります。よく「ビットコイン取引所がハッキング被害にあって何億円も盗まれた」というのは、ハッキングによってウェブウォレット機能が奪われ、不正送金などで盗まれたということです。

ビットコイン取引所のウォレットであれば、法令などでセキュリティ強化の義務が生じたので、まだある程度安全性は保障されていますが、ただのウェブウォレットサービスではハッキングの標的になったときのリスクがあまりにも大きすぎます。

また、最近はウェブウォレットサービスを騙って秘密鍵を徴収し、そこにあった資産を他の口座に不正送金するという詐欺も起きており、安全を考えるならばウェブウォレットは本当に止めておいたほうがいいです!

ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットは、サイトに登録しておけば、自分のメールアドレスとパスワードだけで簡単に登録・管理できるという利点があります。

サイバー攻撃などへの対策は全て運営者任せなので、ユーザーがあえて対策をする必要がありません。強いて言うなら、二段階鍵認証くらいです。ですから、他のウォレットに比べてお手軽に利用することができます!

ウェブウォレットは、サイトにアクセスすれば、いつでも好きな端末からウォレット操作ができます。

家ではPC、外出先ではスマホやタブレットなどを使ってウォレット操作、なんて感じで使い分けも可能です。

ソフトウェアウォレットのように、いちいち同じPCを持ち運んだりしなくていいのはかなり便利ですね。

ウェブウォレットのデメリット

ウェブウォレットは、ウォレットの管理をサイトを通して行います。ですから、サイトにアクセス・ログインできなくなったり、サイトが急にサービスを停止してしまうような状況が発生した場合、資産が凍結されてしまう可能性があります。

また、メリットの項でも述べましたが、ウェブウォレットではセキュリティ管理がサイト管理者やビットコイン取引所の運営者に一任されています。ですから、彼らのセキュリティ対策が甘く、サイバー攻撃を受けてしまった場合、資産が盗まれる可能性があります。また、特にビットコイン取引所が運営していないウェブウォレットはその可能性が高いです。なぜなら、このような非ビットコイン取引所系のウェブウォレットは、ユーザーサポートやセキュリティ対策に回せる予算がビットコイン取引所に比べて少ないことが多いからです。実際に、非ビットコイン取引所系ウェブウォレットではクラッキングによる被害が報告されています。

ビットコイン取引所のウォレットでは取り扱い通貨が全て保管できるのに対し、非ビットコイン取引所系のウェブウォレットは対応通貨数が少なく、ビットコインとイーサリアム程度にしか対応していません。

ですから、いろんな種類のアルトコインに手を出そうと考えている人には向かないかもしれません!

おすすめのビットコイン用デスクトップウォレット3選

Electrum

このビットコインウォレットは、古くから存在するビットコイン用のウォレットで、また、簡易版なのであまり容量を必要としません。

長年の開発によってかなり使いやすく、高性能になっており、使用していないときはオフライン化する「コールドストレージモード」によって安全性を確保することもできます。

迷ったらこれを選んでおけば間違いないでしょう!

Copay

 

Copayは「マルチシグネチャシステム」といって、複数の秘密鍵を一つのアドレスに結びつけることで安全性を向上させる仕組みを採用しました。

たとえば、あるアドレスに対応した秘密鍵が5個あるとします。そして、実際にアドレスから資金を移すためには、その5個の中からどれか3つを選んで入力しなければならない、という設定をすることが可能なのです。

これがマルチシグネチャ(複認証)システムです。

もちろん、5個どれでも一つだけでログインするよう設定することも可能で、それによって他人と一つのビットコインウォレットを共有することもできます。

iOS、Androidでもリリースされており、共に日本語対応しています。

Bitcoin core

これは、「フルインストール版」のビットコインウォレットなので、PCに2TBほどの空き容量がないと導入は難しいでしょう。しかし、ここは開発陣がビットコインの開発に直接かかわっており、(ビットコインは分散型サービスなのでそんなものは存在しませんが)半ば「公式」ウォレットのようなものです。実際、ビットコインウォレットの中でも最も有名です。

最後に

どうでしたか?

色々な仮想通貨のウォレットがあると思いますが、自分にあったビットコインウォレットを見つけて安全に仮想通貨を保管してくださいね!

 

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る