Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ステラ」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ステラは、2017年に入るまで1XLM = 0.2円から0.3円と低い価格で安定していましたが、その後価格は上昇し、2018年1月には1XLM = 94.0円となり約360倍となり一時時価総額ランキングで7位にランクインしたこともあります。 現在は価格調整をしたため、時価総額ランキング9位(2018年 5月3日)と下がり気味ですが、まだまだ将来性がはかり知れません!

管理主体や発行枚数について

リップル(XRP) = 発行上限が1,000億枚で最初から存在する仕組み ステラ(XLM) = 初めに1,000億枚発行。その、後1年ごとに1%ずつ総量が増えていく仕組み このような発行枚数に設定することで、ステラはリップルに比べ、価格変動がなるべく起きないような仕組みになっています。 また、前にも述べたようにステラは多くの仮想通貨と違って、明確な運営者が存在します。 そのステラを運営しているのはステラ開発団体といわれる非営利団体です。 保有数でもステラとリップルでは大きく違います。 リップルは開発元であるリップル社がリップル(XRP)を全体の約25%保有しているのに対し、ステラはステラ開発団体が全体の約5%しか保有していません。 こうすることで、多くの通貨を市場に流通させることができ、通貨価格を安定させ、価格変動のリスクを少なくしています。

こんな技術が使われている!

ステラは、リップルとは違う独自のコンセンサスプロトコルを実装しています。 またステラに使われているコンセンサスプロトコルはステラコンセンサスプロトコルとも呼ばれSCPと言われています。SCPは分散型のブロックチェーンで、リップルでは、承認者の80%以上が合意しないとブロックチェーンの分岐が発生してしまうという致命的な弱点がありましたが、このリップルのアルゴリズムに改良を加え、ブロックチェーンが分岐するリスクを排除し、安全性を高めるためのプロトコルがステラのSCPです。

こんなところが優れている!

・とにかく送信スピードが速くて、手数料が安い! 送金速度は約2~5秒ともいわれており、手数料も約0.0004円ともいわれており、ほとんど無料といってもいいくらいです。 具体的に他と比較すると、 ビットコインは送金速度10分から1時間、リップルは送金時間4秒であるため、ステラの送金スピードが他と比べ早いのがよくわかります。 また、手数料の面においても、ビットコインは、およそ数百円、リップルはおよそ0.4円と手数料においても断然安いといえます。 ・中央集権による価格操作の緩和 リップルは開発元のリップル社が大半のリップル保有しており、彼らの動向次第で激しい価格の変動が危険視されていましたが、ステラはステラ開発団体が全体の5%しか保有していないため、中央集権による価格操作が緩和され、市場にステラが流通しやすくなっています。

こんなところが残念!

ステラは毎年発行量が1%ずつ増加していく仕組みなので、大きな価格変動が抑えられる仕組になっています。そのため、ステラは安定した投資に適しています。ビットコインなどと比較すれば、かなり静かな値動きになると思います。 安定はしていますが、大きな価格変動がないので、一気に儲けたい方には向いていないかもしれません。裏を返せば、仮想通貨は価格変動が激しく、危険だといわれますがステラはその例外といえるかもしれません。そのため、手堅い投資をしたい人にはおすすめです。

将来性

ステラは将来有望なリップルと基本的な仕組みが同じである上に、独自の技術SCPによるセキュリティーが高く評価されていて、その将来性が高く評価されています。ほかにも将来性が高く評価されている要因に以下のものがあります。 ・IBMとの提携 IBMとは? IBMは米国にある世界でも最大級のシステムインテグレーター企業で、最近ブロックチェーン技術を活用した世界一小さいコンピュータが近い将来、日常で使うデバイスに取り付けられるようになることを発表したことでも有名な企業です。 そんな世界的多国籍企業IBMは金融機関が決済時間を短縮し、グローバルな支払いをするためのコストを削減するために設計された、世界中での支払いのプロセスに取り込むブロックチェーン・バンキング・ソリューションを発表しました。それを用いて銀行が単一のネットワークで決済取引をほぼリアルタイムでクリアし、決済するスピードの向上を目的としていて、そんなIBMとステラの提携のニュースは、実用化はまだまだかもしれませんが、ステラの価値を押し上げるといってもいいでしょう。 ・TENPOの連携 TEMPOは、フランスのパリに本社を置くハイテク・ヨーロッパの免許送金業者で、ステラ(XML)を採用することを発表しました。ステラ(XML)の採用により、ヨーロッパからも世界へ今までよりも容易に、低コストでの送金が可能になるとしています。将来的には大規模の送金を見込んでいると発表しています。 ・その他の企業との連携 ステラはIBMやTENPO以外にも、東南アジアの銀行のための主要なモバイル金融サービスプロバイダーであるCoins.phや、最先端のアフリカの金融技術・サービス会社であるFlutterwave、インド最大の民間部門銀行であるICICI銀行など世界各地の企業と提携をしていて、世界各地での送金がより簡単に、早くできるようになるため将来性が期待されています。 ・Facebookアカウントで簡単に講座が開設できる 世界で多くの人が利用している、Facebookがステラと連携し、Facbookアカウントでステラ公式のウォレットを作成できるため、口座開設が簡単になる事で、多くの人がステラを買いやすくなる。 2013年のビットコインの高騰の原因は中国での利用者の急増であったため、ステラでは、「Facebookでの認証が必要」というハードルを設けることで利用急増を抑え、価格を安定させるという狙いがあるようです。 ステラはSCPの技術で高いセキュリティーを実現し、世界中に提携した企業が増えていることで、手軽に利用できるのが魅力です!

オススメの取引所

ステラを購入する際のおすすめの取引所は、、 ・国内取引所   Mr.Exchange(国内では唯一のステラの取引所となっています。) ・海外取引所   Binance、Bittrex、Kraken  etc…

]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る