Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「クアンタム」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

クアンタムの通貨単位はQTUMで時価総額は約15億でランキングは19位と結構メジャーな仮想通貨です。 2017年は時価総額ランキング60位とあまり高くはなかったんですが、2017年末から2018年始まりにかけて1か月で10倍以上の価格になって60位→17位(当時)まで一気に上がって注目を集めていて勢いのある仮想通貨です。

管理主体や発行枚数について

発行上限は約1億枚で、すでに7割ほどが市場に出回っているので、市場規模が大きな仮想通貨ですね。 ブロック生成スピードも2分とビットコインの10分と比べてみると1/5とスピーディーで、取引スピードが速いことも特徴の一つです。

こんな技術が使われている!

クアンタムは、ビットコインが仮想通貨代表である長所の「安全性」とイーサリアムの「スマートコントラクト機能」を掛け合わせた技術が使われています。 このような技術をUTOXといい、かなり複雑な仕組みの上で成り立ちクアンタムのウォレットが軽くなることも実現させています。

こんなところが優れている!

コンセンサスアルゴリズムがProof of Stakeなので、1人独占状態になりづらいです。 どういうことかというと、取引情報をブロックチェーン上のブロックに本当に正しいかを計算することをマイニングと呼びその報酬として仮想通貨をもらえます。 このマイニングよって安全性を保って仮想通貨を発行して広まっていくのですが、ビットコインのような「Proof of Work」という方法だと、1番計算が早かった人がマイニング報酬の仮想通貨をもらえるという仕組みだとで、1人が独占してしまうというデメリットがあります。 実際、ビットコインの9割は中国の1つのマイニングの会社が占めているということもあり、1つの主権がそこまで大きな数を持っていると市場を左右されかねません。1つの主体に市場を左右されるというのは、急にたくさん売りに出されたら、価格が暴落する可能性もあり、ビットコインの将来性の問題にかかわってきますよね。 しかし、クアンタムが採用しているProof of Stakeは通貨の保有量によって、抽選で当たる確率が高くなるという仕組みを使っているから、あくまでランダムに決まるので1人の人がマイニングし続けることはあまりできないようになっているビットコインのProof of Workの改善版として生み出されたものです。 1度マイニングした人と同じ人が、ずっとマイニングし続けることがあまりできないようになっている仕組みなので、一党独裁感があまりない、より平和的なやり方ですね。

こんなところが残念!

クアンタムはビットコインやイーサリアムの機能を持ち、良いところどりで期待感もあり、伸びしろこそはかなりありますが、ビットコインとイーサリアムに強くつながりすぎていることから、この大手2代仮想通貨に流れを持っていかれる可能性もあります。 ビットコインとイーサリアムももちろんこれからも成長していきどんどん新しく技術が更新されていく仮想通貨市場なので、独自の切り口である強みがないと、ビットコインとイーサリアムにながされて、ずっとこのまま2つの複製だというようになってしまう可能性もがあります。 また、中国政権からの影響を受けやすいという面もあります。 元々クアンタムは中国版イーサリアムとも呼ばれるNEOと同様、中国版仮想通貨として知られています。なので、もし中国が仮想通貨に対して何か否定的な動きをした場合(仮想通貨取引所の閉鎖など)影響を受けやすいということです。 以前中国が、中国国内でのICOを全面的に禁止した際、クアンタムは大きな影響を受けたと言われています。

将来性

クアンタムの技術はすでに20以上の企業から利用されていて、汎用性を見せています。 もともとビットコインの安全性とイーサリアムのスマートコントラクト機能を融合させるという、時価総額1位と2位のコラボなのでポテンシャルの高さはピカイチなので、着実にユーザーの数は増えていると言われています。 しかし、まだまだネームバリューはビットコインやイーサリアムなどには負けており、仮想通貨を代表するものには程遠いと思われますので、日本などあまり知られていないところではややマイナーな感じで見られがちです。 クアンタムの機能は間違いなく素晴らしいものなので、今後あまり長い時間がかからずに広まっていき、ビットコインなどと並ぶようなポテンシャルを持つものだと思いますので、クアンタムの将来性は抜群に高いのではないでしょうか。

オススメの取引所

クアンタムは時価総額も17位と高く、有名なのですが日本国内ではまだまだ認知度が高くないので、国内の仮想通貨取引所では取り扱うところはありません。 海外の取引所ではLbank,OKEx,CoinEgg,Binanceが取り扱っています。 クアンタムに関しては、Lbankがクアンタム全体の取引量の約70%を取り扱っている圧倒的な量を見せています。 海外の取引所では日本円からの購入は対応していないので、ビットコインを買い、国内取引所から海外取引所のアドレスに送り、そのビットコインで他の仮想通貨を買うという形になっています。クアンタムは取り扱い取引所がまだまだすくないのですが、取り扱い取引所が少ないということは、もし上場したら一気に値段が跳ね上がるという可能性があるということです。 仮想通貨など投資に関して絶対ということは言えないのですが、今後多くの取引所に上場する前に手に入れておけば、一気に資産が増えるかもしれませんね。 クアンタムはそのようなポテンシャルを持った優秀なコインなので、大きく広がりすぎるまえに買っておくのも面白いかもしれませんね。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る