Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「モナコイン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

時価総額は2017年12月上旬に日本円で2500円代でしたが、2018年上旬には1000円前後をうろうろしています。ランキングは現在71位です。 モナコインはホリエモンこと堀江貴文氏も注目しているコインのようです。ホリエモンは仮想通貨に対して非常に精通していることから、ホリエモンがツイッターでつぶやくとものすごく影響力があります。 コミュニティの掲示板やツイッターや掲示板を見ても、モナコインの人気ぶりがわかります。認知度と人気度によって今後も取扱所が増えてくると思うという声も上がっているほどです。 また、segwitが導入されていることや、ライトコインとほとんど同じ機能性なのにもかかわらずネタのためのコインとして認識していた人もいましたが、ビットコインモールや一部の家電製品を購入できたりと、サービス面も向上しています。価値が上がる前までは、ネタコイン、草コイン(使えないコイン)として一部では扱われていましたが、高騰が続いている現在では注目している人がさらに増えました。10月に秋葉原で行われたモナコインファンによるキャンペーンなども評判を呼んでいます。 このような活動や、価格が高騰したことによって新たに購入したり、買い増ししたりする人が増えているようです。口コミなどは見極める判断材料になりますのでチェックしておきましょう。

管理主体や発行枚数について

モナコインはビットコインなどと同様、最大発行枚数があり、約1億枚と決めることによって通貨に希少性を保っています。単純に数に限りがあると価値が上がりますよね。 また、管理主体としてモナコインは誰かが管理・運営する中央集権型ではなく、各ユーザーのPCで実行されるクライアントプログラムによって維持される完全分散型の決済システムです。

こんな技術が使われている!

モナコインは世界初のSegWitという技術(システム)を使っていて、ざっくり説明すると“送金が速くなる”という技術です。モナコインはこのSegWitという送金高速化システムを仮想通貨として世界で初めて実装したコインです。 このSegWitはモナコイン以外でも使われている例があり、あのビットコインでも取引量が増えて送金が詰まってしまい遅延が起こっていたためSegWitを実装しました。 また、モナコインはtipmonaサービスというサービスを作っており、ツイッター上でタイムライン上に「@ tipmona tip @ ユーザー名 コインの枚数」とツイートして、気軽にユーザー間でモナコインを送ったり受け取ったりすることができるサービスがあります。

こんなところが優れている!

モナコインの良い面はたくさんありますが、まずは「送金スピードが速い!」という面ですね。  モナコインはライトコインをベースに作られており、送金時間が早いことが大きな特徴です。取引が完了するには、マイニングという計算作業により、取引データがブロックに格納される必要があります。また、1つのブロックを生成するのにかかる時間は、各通貨により異なる場合があります。 例としてビットコインの場合は決済にかかる時間(取引データをブロックに格納する時間)は10分です。それに比べてモナコインのブロック生成時間は約90秒と、ライトコインとくらべても断トツに速く、より決済向きの通貨といえるでしょう。 スピードの早さは、仮想通貨の発行枚数にも関係しており、早ければ早いだけ枚数も多く生成されます。 ビットコインの上限は2100万枚、モナコインは1億512万枚です。もっとも、ブロック生成時間の短さは、ブロックチェーンに記録された取引履歴の正当性のチェックがおろそかになるリスクと背中合わせである点に注意が必要です。 また、国産仮想通貨としてファンから愛されています。 モナコインの愛好者は、2ちゃんねるをベースとして繋がっており、コミケや秋葉原といったリアルの場でも密接に結びついていて、モナコインコミュニティとしての経済圏を形成しているのです。 つまり、モナコインには「コミュニティ」という形で大きなコネクションがあるということですね。 さらに、モナコインには「モナジャパン」というファンのためのポータルサイトがあります。 モナジャパンではモナコインについての最新の情報などがファンのためにたくさん載っているので堅苦しい仮想通貨ってイメージが一転して楽しい仮想通貨っていうイメージを持ちました。こういう雰囲気があるっていうのも1つのメリットですよね。 こういうコミュニティから愛されるという風潮があることから、モナコインを盛り上げてもっと成長させようという結束の強さがあり、最近では実際にモナコインを愛する投資家が自ら、秋葉原に広告のプロモーションを流すなんてこともありました。 モナコインは他の仮想通貨と比べても一味違う特徴を持っていて、魅力的ですよね。

こんなところが残念!

モナコインのデメリットをあげるとすれば世界全体で見て「知名度が低い」という点ですかね。 モナコインはまだまだマイナーの枠にあるので、知っている人が少なく、ましてや世界で見たら持っている人はさらに少ないです。 まだまだ一部のコミュニティでしか盛りあがっていない印象もあります。持っている人が少ないと言うことは、取引量も少ないということです。売値と買値の差が大きくなりやすい問題もあります。 モナコインは日本でこそ、熱烈なコミュニティもあり、システム的にも良いと称賛され人気のある仮想通貨となっていますが、モナコインの取引のうち約3/4が日本で行われています。ここまで日本だけにコミットしたものであると、仮に爆発的な人気が出たとしても、その人気は日本国内だけになってしまう可能性もあります。 なので、課題としては今後いかにして海外へモナコインを進出させていくかが課題だと思われます。

将来性

モナコインは、急成長を遂げている仮想通貨です。仮想通貨唯一の国産というだけあって好きな方も多いでしょう。 ビットフライヤーがアメリカに進出したことによって認知度が広がり約100倍以上の値上がりをしたことが1番の大きな理由だと思います。アメリカに上場して、すでにこれだけ高騰しているのですからアメリカだけではなくて世界各国の仮想通貨取引所がモナコインを取り扱えば高騰するのは目に見えてわかります。 また、モナコイン特有のコミュニティの強さも今後の上昇への動きにつながる可能性があります。上記でも述べましたが、ツイッターからモナコインを送金できるサービスや、のMonappyのユーザー同士の送金が最速に行えるウォレットがあるのも、モナコインコミュニティを盛り上げる要因のひとつです。もっと大きなコミュニティを作っていくことで何百倍にも動くコインだと思います。 こういった流れから、価格が上がるのも当然のコイン2500円までだと言われていて、2018年は3000円~5000円まで上がることも十分に考えられる期待できる仮想通貨だと言えます。 モナコイン(monacoin)は、第一印象のおふざけ感に反して、segwitの初めての導入など、技術的に優れた部分があることをご紹介しました。 その一方で、人々から愛され、あの手この手で活用していこう、そして世間に広めていこうと、愛好家たちが楽しみながら情熱を注いでいます。そんな温かい魅力も兼ね備えた仮想通貨です。 その世界観は、他のアルトコインのコピーではない、独自路線を歩むモナコインのオリジナルの価値があるとして注目されています。 続けて注目すべき点として、モナコインは仮想通貨の本来の価値である「どこでも使うことができる」というのに関して1歩進んでいる貸す通貨です。 つまり、ビットコインのように実店舗でモナコインでの支払いができるということです。 今はまだ爆発的に普及しているわけではないので、一部での利用に限られていますが、秋葉原の電気屋、メイドカフェ、コミケなどで実際にモナコイン支払いができます。今後大きく成長することでモナコイン支払いできる店が増えるかもしれないですね。

オススメの取引所

国内ではメジャーな仮想通貨なので国内の取引所では大体取引できます。 ビットフライヤー、Zaif、コインチェックなどがありますが、セキュリティをとにかくしっかりしたいという人にはビットフライヤーがおすすめです。ビットフライヤーには保証サービスもあり、世界で一番セキュリティに力を入れてるとも言われています。 使い方も、かなり使いやすいものになっているので王道でも個人的にもお勧めできる取引所です。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る