Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ループリング」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

2017年8月に公開された仮想通貨で時価総額は約14億円で時価総額ランキングが58位とどっちかというとマイナーな仮想通貨です。1LRC = 約10円とかなり低い安価で取引されています。 この一見見どころがなさそうなマイナー仮想通貨なのですが自動取引機能などがついており、世界最大の仮想通貨取引所Binanceにも上場している将来有望な仮想通貨なのです。

管理主体や発行枚数について

発行上限枚数は14億枚で、価格が大きく揺れることなく安定的な成長を遂げてきています。

こんな技術が使われている!

ループリングではOrder Ring(オーダーリング)という整合性を一致させる計算が終了した後に支払いができるという技術を使っています。 このOrder Ring(オーダーリングシステム)は簡単に言うと自動取引ができるようにな技術です。自分でオーダー(決まり)を設定して、条件が整ったらそれが実行されるように仕組みになっています。 この条件が整ったら実行されるようになっている仕組みをリングマッチといいます。 「条件を設定する→リングマッチする→繰り返す」これは円をループするようなイメージが出来ることからオーダーリングと呼ばれるようになりました。 この技術のおかげで支払いをする直前まで、自分の管理下で管理することができるようになるので、「とりっぱぐれ」という名のカウンターパーティーリスクを回避することができるようになりました。

こんなところが優れている!

ループリングのいいところについてはとりあえず何度もあげているのですが「カウンターパーティーリスク」の軽減ですね。 分かりやすい例でいうと、2014年にマウントゴックス社のビットコインが盗まれて倒産したことでユーザーの損失をだれも請け負うことができなくなり、結局ユーザーが損をするという事件がありましたよね。そのような自分以外の管理主体が崩れることで自分も損害を被るということが仮想通貨でのカウンターパーティリスクです。 これに対応するようにして作られたのがループリングです。 ループリングは分散型取引所で運営していて、ビットフライヤーやバイナンスのような1つの特定の取引所で運営会社があるというのではなく、特定の管理者存在しないブロックチェーン上で自律的に運営されている取引所なので、ブロックチェーン上で全ての仮想通貨の売買の取引情報を記録しているのでハッキングされるリスクが低いと言われています。 つまり、管理主体がない分ハッキングがされにくいです。でも、管理も自分自身で行ってくださいってことですね。(秘密鍵の管理など) また、分散型取引所での取引を可能にしたループリングは取引コストがとても低いです。 通常ビットコインなどでは取引情報をブロックチェーンに記入して、取引情報を正確な万尾にする計算をするマイニングという行為をして取引が完了されるのですが、それには膨大な電力やコンピューターのパワーを使うとのことでコストが大きくかかるとの問題がありました。 これは完全にブロックチェーンに執着していることから起こる問題であるので、ループリングではブロックチェーンに依存するシステムを使わないループリングの独自のメカニズムを使うことによって取引にかかるコストを大幅にカットすることを実現しました。

こんなところが残念!

ループリングは取引が始まったすぐにその良さが発揮されるようなものではないので、ループリングの人気が出てくるには少し時間がかかる言われています。 というのも、ループリングやループリングのシステムを使っている通貨の流通量が大きくなってきて、その際に安全に取引を行いたいという懸念が出てきたところで初めてループリングの良さを発揮することができるものなので、ループリングが普及すれば普及するほど人気がそれに上乗せしてやってくるっていう感じですね。 また、ループリングを扱いうえでの問題は、知名度が低いから取り扱いできる取引所が日本ではないということですね。 既存の国内取引所だけではできないので、海外の取引所にアカウントを作ってそこからアドレスに通貨を送信して取引をするという形になってしまいます。

将来性

ループリングは企業同士での取引で懸念されているカウンターパーティーリスクを軽減させることができます。つまり、取引の安全性を高めることができる仮想通貨です。 取引の自動化というと、近未来では欠かせない要素なので自ずと期待が高まってきますよね。 また、ループリングはカオス通貨QTUMと提携を開始したことから今後開発力が一層高まっていくと言われています。 さらに、ループリングは中国のイーサイアムと言われて時価総額ランキングも一けたにランクインしているNEOの開発にも参加していることから仮想通貨で最先端を走る中国とのコネクションがあるようです。

オススメの取引所

ループリングを取り扱う取引所は国内ではありません。 まだマイナーと呼ばれ、国内では浸透していないので当然ですね。 しかし、海外の大手仮想通貨取引所には上場しているのでBinanceなんかいいかもしれませんね。Binanceは世界トップの取引量を誇っている日本語にも対応しているグローバルな取引所です。 また、海外取引所は日本円からの入金に対応していないので、ビットコインなどの主要通貨を購入してから、海外のアカウントに送り、そのビットコインで他の仮想通貨と取引を開始するという形になります。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る