Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

ビットコイン(仮想通貨)の税金が発生するタイミングとは?タイミングごとに徹底解説!

ビットコイン(仮想通貨)は利益が出た時に税金が発生し、確定申告の必要があります。しかしビットコイン(仮想通貨)の税金が発生するタイミングがいくつかあることをご存知ですか?それぞれの税金発生のタイミングごとに例を交えて説明していきたいと思います!

確定申告について簡単に確認!


確定申告とは所得にかかる税金を計算し、税金を納付する手続きのことです。毎年1月1日から12月31日までの1年間の個人所得が対象となります。確定申告に必要なものを揃えて翌年の2月16日から3月15日までに申告し、税金を納付しなければいけません。申告ミスや期限を守らない、そもそも税金を納付しないとなると追加課税されてしまうので注意が必要です。

ビットコイン(仮想通貨)の利益はどの所得に分類されるの?


ビットコイン(仮想通貨)は雑所得に分類されます。FXも同じ雑所得として分類されますが、ビットコイン(仮想通貨)とは課税制度が違います。ビットコイン(仮想通貨)は累進課税制度の総合課税となっていて、簡単に説明すると多ければ多いほど課税金額が多くなる制度です。この分類は国税庁が公式で発表したものです。ビットコイン(仮想通貨)の詳しい確定申告の方法や所得区分、税率についてはこちらに詳しく書いてあるので気になった方はぜひご参照ください。

ビットコイン(仮想通貨)の税金発生のタイミングはいつ?


上記でも書いた通りビットコイン(仮想通貨)の税金発生のタイミングにはいくつか種類があると言いました。厳密に言うのなら、ビットコイン(仮想通貨)はどのタイミングで利益が発生し、その額に応じて税金が発生し納付するということです。ビットコイン(仮想通貨)の利益が20万円を超えた場合は税金を納付しなければいけません。今回はビットコインを例にあげて説明していきたいと思います!税金が発生するタイミングは主に5つあります。

ビットコイン(仮想通貨)を売却した時

ビットコイン(仮想通貨)を購入したときの価格より価値が上がった場合、そのタイミングで売却すると利益が発生します。実際の例をあげて説明していきたいと思います。

1BTC = 10万円の価値がある時に5BTC購入し、後に1BTC = 15万円に価値が上がった場合に全て売却した場合、

75万円(15万円×5BTC) −10万円×5BTC = 25万円

となり、ビットコインで25万円の利益があがったことになります。この場合では20万円以上の利益をあげているので、確定申告が必要となります。この例では全てのビットコインを売却した場合でしたが、一部を売却しても同じ計算式で求められますし、利益が20万円以上になった場合は確定申告が必要なので周囲が必要です。

ビットコイン(仮想通貨)で商品を購入した時

ビットコイン(仮想通貨)で商品を購入した時に利益があがるというのは少しピンと来ない方もいるかもしれませんが、税金を納付するタイミングとなりうる条件の1つです。これも例を出して説明していきたいと思います。

1BTC = 10万円の価値がある時に6BTC購入し、後に1BTC = 20万円に価値が上がった時に60万円の商品を購入した場合は、

60万円−10万円×3BTC = 30万円

となり、ビットコインで30万円の利益があがったことになります。この場合は手元に利益が残る場合ではないのでどういうことかというと、本来価値が10万円の時では6BTC全て出さなければ購入できなかった商品が20万円に価値が上がったことで3BTCで購入可能となり、価値が上がる前と比べて3BTC分得をしているということで利益と見なされるためです。この場合はビットコインの利益が20万円を超えているので確定申告が必要です。

ビットコイン(仮想通貨)同士で交換したとき

仮想通貨は約2000種類近くあると言われているくらいたくさんの通貨が存在します。仮想通貨同士で交換したタイミングでも利益や損失は発生します。この実際の例を挙げていきたいと思います。

1BTC = 10万円の価値があるときに5BTC購入し、後に1BTC = 20万円に上がった時に他の仮想通貨1枚4万円の価値があるものを10枚購入する際に、2BTCを消費して購入した場合は、

40万円−10万円×2BTC = 20万円

となり、20 万円の利益があがったことになります。これはビットコイン(仮想通貨)で商品を購入した時と同じように手元には残る場合ではないのですが、本来4BTCを消費しなければ購入しなければいけなかったのがビットコインの価値があがり、2BTCで購入可能になり2BTC分得したということで20万円の利益があがったことになります。この場合は20万円以上の利益があがっているので確定申告が必要です。

マイニング

マイニングとは、ビットコイン(仮想通貨)は取引履歴がインターネット上の台帳に記録されていきます。その情報は誰が、誰に、どこに送ったなどの情報がわかるようになっています。その情報を台帳に記録するためには強力なPC処理能力が必要となってくるので、かなり大変な作業となってしまいます。この作業を手伝ってくれた方に報酬を渡すということがマイニングとなっています。マニングは報酬をもらった時、すなわち取得時とその取得した通貨を売却した時に利益が発生し、税金発生のタイミングとなっています。なので、取得時と売却時を分けて例を出して説明していきます!

取得時の場合

まず取得時には取得したビットコイン(仮想通貨)−マイニング費用で利益を求めることができます。では実際に例を出して説明していきたいと思います。
1BTC = 100万円の時にマイニングの報酬として0.5BTCを取得した時に、マイニング費用として30万円かかった場合は、

50万円−30万円 = 20万円

となり、20万円の利益があがったことにあります。この場合は20万円以上の利益があがっているので確定申告が必要となります。

  • マイニング費用には以下のようなものがあります。
  • マイニングマシーンの購入代や電気代
  • マイニングのセミナー参加費、コンサル代
  • マイニングのセミナーのための交通費
  • 取引で利益を出すために購入した仮想通貨に関する本の購入代金
  • PCやモニターの購入代金(経費の按分が必要)
  • 通信費(インターネット利用料等)

売却時の場合

売却時は上記のビットコイン(仮想通貨)を売却した時と同様で、ビットコイン(仮想通貨)の価値がマイニング報酬の取得した価値より上がっていた場合に利益があがったことになります。取得時の例を交えながら説明していきます。
1BTC = 100万円の価値がある時にマイニングの報酬として0.5BTC取得した後に、1BTC = 150万円のなった場合、

75万円(150万円×0.5BTC)−100万円×0.5BTC = 25万円

となり、25万円の利益が上がったことになります。

ハードフォーク

ハードフォークとはある仮想通貨が分岐して新しい仮想通貨として誕生することです。ハードフォークをする理由は分岐する前の仮想通貨の問題点を解決するために行われます。新しく誕生した仮想通貨は旧仕様の仮想通貨と互換性がまったくないもので、機能も旧仕様は違うものを持っています。ビットコインから分岐したものとしてビットコインキャッシュやビットコインプライベートなどがありますね。ハードフォークは取得時には価値がないので課税はないので、売却時に利益があがり、税金発生のタイミングとなります。ハードフォークは売却価格全てが課税対象となります。例をあげると、ハードフォークで取得した仮想通貨が50万円となったときに売却した場合、50万円全てが課税対象となります。

まとめ

今回ビットコイン(仮想通貨)の税金が発生するタイミングを状況ごとに説明していきました。いろいろな状況があってわかりにくいと思いますが、ビットコイン(仮想通貨)の投資をしていく中で税金の問題は必ずついていきます。この記事を見て税金発生のタイミングを理解していただきしっかり確定申告を行なっていただけたら幸いです。確定申告は申告漏れや無申告だと追加課税が取られてしまうので注意が必要です。確定申告をしっかりと行わなかった場合にどうなってしまうのかということはこちらの記事で閲覧することができます。気になった場合はご参照よろしくおねがいします!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る